日本上陸で話題ブランド「COS(コス)」で叶える秋冬の上質スタイル!

日本上陸で話題ブランド「COS(コス)」で叶える秋冬の上質スタイル!.png

2014年に日本に上陸したファッションブランド「COS(コス)」。
スタイリッシュでモダンなアイテムが揃っています。
そんなCOS(コス)の2016秋冬コレクションがお披露目されました!

COS(コス)とは?

2007年にロンドンでスタートし、今ではヨーロッパ、アジア、中東までストアを拡げているファッションブランド「COS」は、“ Collection of Style”の頭文字からとられており、 “high-quality fashion essentials(=高品質の必須アイテム)” をキーワードに、メンズ、レディース、キッズを展開しています。

手に取りやすいリーズナブルな価格帯や、唯一無二なデザイン性の高さにファンも多い人気ブランドなんです!

・機能性アウターが豊作!

寒い冬に手放せないのが、温かさもおしゃれも両方叶えてくれるアウターです。
COSには、どんなトップスやボトムスにもマッチする究極のシンプル美なのに、温かさもお約束してくれる機能性アウターがぞくぞくと登場!

ライター撮影

MA-1見えするダウンジャケットは、旬のロング丈でしっかりと全身の防寒もばっちり。

ライター撮影

ジャケットのジップを開けると、なんと2枚仕立てになっていて、中にはノースリタイプのダウンが仕込んであるんです。
もちろん、別々に着ることもできるので、秋初めはジャケットだけ、冬本番になってきたら2枚重ねで、といった着こなしも可能です。

ライター撮影

繊細な切り返しがおしゃれなチェスターコートも発見!
絶妙なツートーン配色で、すっきりとしたシルエットも特徴的。

ジップ付きなのでカッチリしすぎず、シックに着こなしたり、スポーティに着こなしたり、合わせ次第でいろんなコーディネートが楽しめます。

ライター撮影

変形シルエットのオーバーコートは、今季トレンドカラーのこっくりモスグリーンがクール。
後ろからぐるりと太めリボンを巻き付けるタイプだから、着てみると高い位置でキュッとしぼられて綺麗なボディラインを演出します。

ライター撮影

ナイスアイデア!と関心してしまったのが、この付け襟ならぬ、付けフード。

ダウンのフード部分だけなので、手持ちのコートやアウターの中に忍ばせれば、いつもとガラッと違った印象にチェンジします。
冷えがちな首元をしっかりと温めてくれるから、冬本番こそ手に入れたい必須アイテム!

・上質な大人アイテムが狙い目!

COSといえば、クラシックでモードなトレンドスタイルがお得意。
今年トレンドの、抜け感をプラスした背抜けシャツも、絶妙なシルエットでCOSらしいモダンなデザインが光ります。

ライター撮影

襟元が大きめで、後ろに落ちるシルエットだから、デコルテラインもすっきり華奢に見せてくれます。

シャツの中で体が泳ぐビックシルエットは、女性らしさを逆に強調してくれる効果も。
ボトムスにINしても、そのままワンピとして着ても、永遠の定番の白シャツだからこそ色んな着こなしが楽しめます!

ライター撮影

カーディガンも、シンプルに+α加えてスタイリッシュに仕上げるのがCOS流!

ジップになったフロントには、異素材の折り返しがついていて、アクセントをON。
どんな色にも相性のいいネイビーは、あらゆるシーンで活躍すること間違いなし。

・小物もひと技効いてます!

ライター撮影

秋冬の小物もとっても充実!
ぽっくりとしたチャンキーヒールが今年っぽいショートブーツは、甲浅で足首をすっきり見せてくれる美脚見えブーツです。
注目のアースカラーでトレンド感もしっかり押さえています。

さらに、くしゃっとニュアンスのある紙袋風の革バッグもおしゃれに差がつく逸品。
マチもしっかりとあるので、容量もたっぷり入る実力も。

シンプルな着こなしこそ、小物でアクセントをプラスして大人の遊び心を取り入れてみて。

COSで叶える大人の秋ファッション

コンテンポラリーなワードローブで、何シーズンも愛用できる新作アイテムが目白押し!
着ていると、「それどこの?」と聞かれるハイエンドなデザインは、COSならでは♡

この秋は、COSで上質な大人のおしゃれを楽しんでみてくださいね。


引用元 http://trilltrill.jp/fashion/articles/76400
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る