ビアガーデンやBBQは楽しいけれど…。夏の疲れた胃腸を癒す「体内リセット法」

ビアガーデンやBBQは楽しいけれど...。夏の疲れた胃腸を癒す「体内リセット法」.jpg

夏は楽しいイベントや飲み会も多く、一年の中でも遊んでしまう時期ですよね。

しかし食べ過ぎや飲み過ぎは消化不良を引き起こし、内臓の働きを鈍くしてしまうのです。
そこで今回は、働きすぎの胃腸を自分でリセットする「体内リセット法」をご紹介します。

体内リセット法(浄化)は腸内洗浄や腸内デトックスなど、腸内環境を整えることにフォーカスしたダイエット方法のひとつ。
ぜひ今の時期にこそ取り入れてみてください。

飲み過ぎはNG!毎朝1杯の白湯で「体内リセット」

白湯は一番簡単にできる体内リセット法です。
飲むタイミングは、朝起きて朝食前の空腹時が良いと言われています。

30分から1時間程度の間隔でゆっくり少しずつ飲むことで、胃腸を温め新陳代謝を促進します。
冷え性や便秘の改善にも◎です。

白湯は体に良いからと、「たくさん飲もう」とする方がいますが、飲みすぎると人によっては消化不良を起こしたり疲れを感じることがあるので気を付けましょう。

白湯の効果をインド伝統療法のアーユルヴェーダでは、「白湯は胃の毒素を洗い流す」という意味があり、体内の毒素が減ってくると白湯が甘く感じるそうですよ。

働く女性の「週末プチ断食」

世界各国、断食の方法は様々ですよね。
日本では基本的にタバコやアルコール、カフェインは取らないことが多く、食事は一切取らないのではなく、酵素中心の食事や飲み物、お粥など体にやさしい食事はOKなど、様々なルールがあります。

日本は長時間労働、ビジネスの付き合いなどでお酒や会食をすることが多いため、週末の休日を利用してプチ断食をすることがオススメです。
本気で体を改善したい方は、断食期間としてしっかり休暇をいただきましょう!

断食の効果は抜群です。
体は食事を抜いている間、体内に残っている食物や毒素を消化し燃やしています。
食事を取らなくても、体は常にエネルギー消費をしているので、食物を燃やし切ったら、次は体内の毒素を燃やし始めるのです。

数日間の断食を行うメリットは、通常の消化活動が休まり、次に腸の排泄をする働きが活性化され、宿便が出てくることにあります。
なかなか時間が取れない方は、半日や1日の断食だけでも体はデトックスされるので、自分の生活リズムに無理のない範囲で試してみてくださいね。

「腸もみ」で腸内環境を整えよう!

服の上からでもできる「腸もみ運動」です。

楽な胡座の姿勢でウエストに両手を添えて、お腹の真ん中、左右脇腹を4本の手の指で押しながらもみ込みます。
もみ込む時は深い呼吸を意識するのがポイントです。
15回くらいを目安に、お腹の一箇所に集中せず左右の脇腹・真ん中・下腹などお腹全体的に揉んでいきます。

「腸もみ運動」を行うタイミングは、食後より空腹時に行うのがいいと言われています。
忘れそうな方は、夜寝る前や入浴中でもOK。
腸をもみ動かすことで、便秘解消効果も期待できますよ。

フラワードリンクで毒素排出!

「フラワードリンク」と素敵な書き方をしましたが、実はお花の部分から抽出したハーブティーのこと。
いつもの飲み物を、デトックス作用のあるハーブティーに切り替えてみましょう!

ハイビスカス

ワインレッドの色が女性に人気のハイビスカスは、エネルギー代謝を促し、肉体疲労の回復を早めてくれます。
代謝促進、利尿作用や消化機能を改善してくれるため、体内をリセットしてくれますよ。
ブレンド相性がいいのはローズヒップです。
【成分】植物酸(クエン酸、りんご酸、ハイビスカス酸)、粘液質、アントシアニン色素、ペクチン、ミネラル(カリウム、鉄)など
【作用】代謝促進、消化機能促進、緩下、利尿
【適応】肉体疲労、眼精疲労、便秘、循環不足
※妊娠中の人は使用に注意が必要です。

フェンネル

フェンネルは昔から料理用ハーブとして用いられ消化を促し、胃や腸内に空気がたまる状態(鼓腸)を改善してくれます。
食後にペパーミントとブレンドしたハーブティーを飲むと消化を良くしてくれます。
【成分】脂肪酸(リノール酸)、フラボノイド(クエルセチン、ケンフェロール)、フラボノイド配糖体(ルチン)など
【作用】消化亢進、駆風、去痰
【適応】鼓腸、疝痛、上気道カタル
※妊娠中の人やテンカンの人は使用に注意が必要です。

たんぽぽ(ダンディライオン)

根を軽くローストしていれたハーブティーは、「ノンカフェイン」のヘルシーコーヒーとしても愛飲されています。
世界各地の伝統医学で自然薬として用いられており歴史のあるハーブのひとつです。
ミルクとブレンドするとカフェオレのような味になります。
【成分】イヌリン、フィトステロール(タラキサステロール)、苦味質(タラキサシン)、フェノール酸(カフェ酸)、ミネラル(カリウム、カルシウム)など
【作用】強肝、利胆、緩下、催乳
【適応】肝胆系の不調、便秘、消化不良、リウマチ
※血圧を低下させる効果があるので、低血圧の方は注意が必要です。

私たちの臓器は体の大切な一部です。
たくさん遊んで胃腸を使った翌日は「体内リセット法」で胃腸を休めてあげてくださいね。


引用元 http://trilltrill.jp/diet/articles/81710
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る