夏の疲れはアロマで解消!今の季節に取り入れたい香りはコレ

夏の疲れはアロマで解消!今の季節に取り入れたい香りはコレ.jpg

夏真っ只中。
暑くジメジメした日々が続き、疲れが溜まりやすくなる季節です。
カラダに溜まった毎日の疲れをなかなか解消出来ていない、と実感されている方も多いのではないでしょうか。

そんなときにはアロマセラピーを活用しましょう。
植物の香りと効能がカラダに働きかけ、嬉しい効果をもたらせてくれますよ。

症状別に、いま取り入れたい香りは…?

夏バテで食欲がないときには…

スイート・オレンジ & ブラックペッパー

柑橘系の香り、スパイス系の香りは食欲を促してくれる働きがあります。
暑いと食欲が落ち、簡単なもので済ませたくなってしまいますが、それでは栄養が偏ってお肌に影響が出てしまうことも。
食欲がないときには、これらの食欲増進作用がある香りを嗅ぐことで食欲を取り戻し、夏でもしっかり栄養を摂ることが大事です。

カラダの冷えには…

ジュニパー・ベリー

夏はカラダの冷えに注意したい季節。
冷房や、冷たいものの摂取のしすぎなど、気がつかないところで慢性の冷え性から抜け出せない体質になってしまっているかもしれません。
冷えはカラダの気怠さに繋がるため、夏場でも改善させることが大切です。

そんなときには森林系の香りがオススメ。
ジュニパーには血行を促進させる働きがあるため、冷えたカラダを内側から温めてくれる効果が期待出来ます。

睡眠不足のときには…

ラベンダー & カモマイル・ローマン

暑さで質の良い睡眠がとれず、寝不足の日々が続いている方は、鎮静作用のある香りで睡眠の質をアップさせましょう。
毎日の疲れは、その日の睡眠で解消させることが大切です。
お気に入りの香りを見つけて使用すれば、より高いリラックス効果が得られますよ。

暑さでやる気が出ないときには…

レモングラス & ペパーミント

暑くて何もやる気が出ず、集中力も失われている…そんなときには爽やかな香りがオススメ。
レモングラスやペパーミントの爽やかな香りは、夏のだるさを取り除き、脳を活性化させてくれます。

気軽に取り入れられるアロマセラピー活用法

ハンカチやティッシュに垂らして…

精油をそのままハンカチやティッシュ、コットンなどに垂らして持ち歩けば外出先でも香りを楽しめます。
また枕の横に置けば、ほのかに香りが広がって安眠効果も。

エアコンや扇風機を利用して…

エアコンや扇風機の風の吹き出し口に精油を垂らした布やリボンを括り付ければ、お部屋全体に香りが広がります。
ディフューザーやアロマポットがなくても、気軽に日々の生活に香りを取り入れられますよ。

リラックス効果倍増!アロマバス

いつものお風呂に精油(4〜6滴)をいれて、よく混ぜるだけで簡単にアロマバスができちゃいます。
リラックスするためには、温めのお湯で香りを楽しみながらゆっくりと浸かるのが◎。
好きな香りで疲れが癒されれば、質の良い睡眠にも繋がります。

植物の香りで夏の疲れを解消しよう

香りは直接脳に働きかけるため、香りを嗅いだ後にすぐ“リラックスした気分になった”、“頭がスッキリした”…など、効果を実感した経験がある方も多いのではないでしょうか。
好きな香りを楽しんで「いい香り!」と感じることがリラックス効果に繋がったり、疲労感が減ったりと、私たちの心身ともに大きな影響を与えてくれるんです。

夏を快適に過ごすために、日常にアロマセラピーを取り入れてみませんか?

《ご紹介した精油の禁忌事項や対象者》
スイート・オレンジ・・・皮膚刺激、敏感肌、光毒性(皮膚につけた場合12時間日光に直接あたらないよう注意)、多量に用いる
ブラックペッパー・・・皮膚刺激、長期使用、乳幼児
ジュニパーベリー・・・妊娠中、生理が重い時
ラベンダー・・・妊娠初期
ローマン・カモマイル・・・妊娠初期
レモングラス・・・多量に用いる、皮膚刺激、妊娠中
ペパーミント・・・多量に用いる、妊娠中、授乳中、乳幼児、てんかん、高血圧、敏感肌、生理が重い時

チェックしておきたいTRILLの記事!

口コミ上位情報!神アイテムの手にかかれば、パサパサ髪もツルツルへ

ダレノガレ明美さんが2ヶ月で-6kg!即効ダイエットに成功した5つの方法とは?

夏の簡単ヘアアレンジ!ショート・ボブヘアのこなれ感はピンとねじりで手に入れる


引用元 http://trilltrill.jp/lifestyle/articles/81709
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る