「喧嘩するけど、好き。」何年経っても二人の関係の“安定”を保つ秘訣!

「喧嘩するけど、好き。」何年経っても二人の関係の“安定”を保つ秘訣!.jpg

昔から喧嘩をするほど仲が良いという言葉がありますが、実際に男女が一緒に過ごすとなると、いろいろなことがきっかけになって、ときには激しいバトルを繰り広げるもの。

それで別れてしまうカップルもいる一方、何年経っても二人寄り添っているカップルもいます。

せっかくご縁があって結ばれているんですから、これから先も一緒に楽しい思い出を増やしていきたいですよね。

もしかしたら、お互いがちゃんと意識して努力するだけで夢が叶うかも!?
今回は、何年経っても二人の関係の“安定”を保つ秘訣をご紹介いたします。

喧嘩しても納得がいくまで話し合う

男女は、まったく別の生きもの。

女は感情的で男は理論的ともいわれますが、些細なことがきっかけで言い合いになると、そのままヒートアップするときもあるでしょう。

しかし、長年付き合っているカップルは決して試合放棄しません。

多少言い合いになってしまっても、お互いが冷静になった瞬間を見計らって、話し合いの場を設けます。

お互い何が納得いかなかったのか、どんな言葉に傷ついたのか、きちんと本音で話し合うことで、今後の反省材料になるのです。

喧嘩した瞬間に感情的になるのは仕方ないですが、最終的には、彼と向き合いましょう!

距離の置き方が上手

お互いにフラストレーションが溜まっているときは、話し合いをしても解決できないときがあります。
二人してイライラしているのに、一緒にいると、ますます大惨事に…。

しかし、長い間、一緒にいる相手なら、どのくらいの距離をとればいいのかも熟知しているもの。
また、どれだけ時間を置けば、お互いに冷静になれるのかも感覚として身についています。

たとえば喧嘩直後に連絡しても、再び感情的に話し合うだけになってしまいますよね。
それぞれに考える時間がないと、話し合いをしても意味がないのです。

安定した関係を望んでいるなら、彼との距離を大切に。
近すぎても、うまくいかなくなったときに苦労しますよ!

常に工夫をしている

今は安定している二人でも、かつては周囲に迷惑をかけたときもあるでしょう。
お互いの考えになかなか納得いかず、摺り合わせるのにも限界を感じたことだって、何度もあるはず。

ただ、他のカップルと違うところは、常に二人で考え、話し合い、工夫をしていること。

たとえば、デートする頻度について、もめてしまっても、できる限り、お互いに納得できる案を自分たちで探します。
常に工夫をしながら、自分たちだけに通用するルールづくりをしていくことは、とても大切。

どちらかが努力することを諦めてしまったら、交際期間もそこまで長くはならないでしょう。

二人で協力しながら前に進みましょう

付き合い立ての頃は、どうしても関係が安定しなくて、そのことがストレスになりがち…。

しかし、半年や1年が経つ頃にはお互いのことが分かってきて、それから3年、5年、7年と続いていけば、お互いの地雷ポイントも把握できます。

仕事と同じで安定するまでは、いろいろと大変な部分もありますが、彼と協力しながら前に進んでいけば、きっと大丈夫♡

チェックしておきたいおすすめ恋愛記事!

一緒にいたい女になる。彼からプロポーズされるために意識したい4つのこと

こんな夫婦になりたい!河北裕介さんのInstagramが妻への愛に溢れすぎている

今度こそ幸せな恋をする。“引き寄せ体質”をつくる3つのルール


引用元 http://trilltrill.jp/love/articles/82206
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る