夏のメイク崩れ、もう気にしない!!ベースメイクの秘策とトラブル解決法

夏のメイク崩れ、もう気にしない!!ベースメイクの秘策とトラブル解決法.jpg

メイクの基本ともいえる「ベースメイク」。

でも夏はどうしても、メイクをしているそばからじんわりと汗をかいて、一歩でも外へ出ると、ベースがもうドロドロ状態。
テカるうえにメイク崩れも激しくて、ついイライラしてしまいますよね。

慌てて、あぶらとり紙を使っても、さらに崩れるだけ…。
そこで今回は、夏のベースメイク・秘策とトラブル解決法をご紹介いたします。

ベースメイクは「保湿」が大切

ベースメイクを綺麗に仕上げるためには、下準備の段階から力を入れていきましょう。

何よりも大事なのが「保湿」。
朝、洗顔をした後は化粧水、保湿クリーム、美容液と、自分がもっているアイテムを総動員して、保湿をします。

特別な日は、よりお肌の奥まで水分が浸透するように、ただ化粧水を塗るだけでなく、コットンパックを行いましょう。

メイクをする前にベタつきのある化粧水を塗ってしまうと、ファンデーションがヨレる原因になるので、できるだけサラッとした質感の化粧水を用意するといいでしょう。

厚塗りはせず、下地をたたきこむ

ベースメイクの化粧崩れを防ぐには、とにかく厚塗りをしないことが大事。

シミやシワ、ニキビなど、どうしても隠したい場所があるときは、いきなりファンデーションを塗るのではなく、必ずコンシーラーで隠した後に塗りましょう。

また下地をお肌にのせていくときも、顔の中心にいくつかポツポツと下地をおいて、それから外方向へ伸ばしていくように塗ると、ヨレを防げます。
「たたきこむ」ように塗るのも一つのポイントになりますよ♡

コンシーラーで肌トラブルをカバーするときも厚塗りしないように気をつけて!

ファンデーションはリキッドとパウダーの二刀流で!

メイク崩れのことを考えると、どうしてもパウダータイプのファンデーションを使いたくなりますが、より強力にメイク崩れを防いでくれるのはリキッドタイプ。

塗るときも下地のように伸ばすのではなく、指に少量とって、顔全体にポンポンとのせていきましょう。

顔と首とで色が違わないように、余ったファンデーションは首のほうまで軽く伸ばしておくと、正面からみたときにキレイな仕上がりになります。

一通り塗った後は、最後の仕上げとしてパウダータイプのファンデーションを上から軽く塗れば、ベースメイクの完成!

すべての工程をこなすとなると、やや面倒に感じますが、きちんと丁寧に行えば夜までしっかりとメイクがもつように。
必要なものはすべて揃えて、早速、明日の朝からチャレンジしてみましょう!

夏のメイク崩れ、もう気にしない!

夏のメイク崩れが気になるなら、とにかくベースメイクにこだわること。
どんなに忙しくても、きちんと丁寧にベースをつくってあげれば、長持ちします。
夏に向けて、自己流のメイク方法も見直しておきましょう!

チェックしておきたいビューティ記事!

脱・パンダ目!汗と皮脂に強く、夏に大活躍な厳選マスカラ

アラサー流のお肌の守り方。ビーチで活躍するビューティアイテム7選!

救急日焼け肌ケア法!真夏の灼熱太陽を浴びたあとにやるべきことはコレ


引用元 http://trilltrill.jp/beauty/articles/81894
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る