一緒にいたい女になる。彼からプロポーズされるために意識したい4つのこと

一緒にいたい女になる。彼からプロポーズされるために意識したい4つのこと.jpg

結婚適齢期と言われる、30歳前後。
その年代に入ると、嫌でも意識してしまうのが恋人からのプロポーズです。

しかし、ただ待っているだけではいけません。
結婚という幸せをつかむためには、自分から行動を起こす必要があるのです。

男性がプロポーズしたい瞬間って?

交際直後から徐々に結婚を意識する女性と違い、男性はふとした瞬間に結婚を考えます。

それは、相手の女性と「ずっと一緒にいたい」と思えたとき。
自分の中で彼女の存在が大きくなったときに、初めて結婚を強く意識するのです。

彼からプロポーズされたいのであれば、まずは「一緒にいたい」と思える女性になりましょう。

結婚したい女になるための意識4つ

①落ち込む彼への接し方を意識する

どれだけ強い男性であれ、失敗や後悔から落ち込み、気持ちが弱ってしまうときもあります。

そして、そこで初めて彼女の存在の大きさに気づく人もいるのです。

もし、彼が落ち込む様子を見せたときは、普段以上に接し方を意識しましょう。

放っておいてほしいのか、そばにいてほしいのか。
話を聞いてほしいのか、気を紛らわせてほしいのか。

彼が望んでいる接し方をすることで、いつまでも一緒にいたい女性へとなれるはずです。

②自分と結婚することのメリットを見出す

結婚に対するデメリットが多いと、男性もプロポーズまで踏み切ることができません。

女性の「専業主婦になりたい」「早く結婚式をあげたい」という下心は、婚期を遠ざける原因にしかならないのです。

彼からプロポーズされたいのであれば、自分と結婚できることのメリットを知ってもらいましょう。

彼が結婚に求めているものを知り、その要求に応える行動をとる。
そして、「結婚後は今より良い生活が待っている」と思わせることで、彼もプロポーズを意識し始めるはずです。

③過去よりも未来の話を出す

彼と過ごしてきた時間は、いつまでも大切にしておきたい思い出。
でも、プロポーズされるためには、過去よりも未来を意識する必要があるのです。

彼との会話の中では、「来年の夏はここに行きたい」など、先の話題を出すようにしましょう。

未来の話題を頻繁に出すことで、自然と二人で一緒にいる将来が想像できます。

また、まだ先である未来の話は、前向きな女性であることを印象づけます。
「この子となら明るい家庭を築ける」と彼に思ってもらうことだってできるはず。

④一緒に笑い合う瞬間をつくる

一緒に笑い合うことは、結婚を意識させるためにも重要なこと。
笑うことで「一緒にいて楽しい」と思えるきっかけが生まれるのです。

彼と過ごす時間の中では、お笑い番組を見たり、体験型施設でデートをしたりと、笑い合える瞬間をたくさんつくりましょう。

笑顔を共有する回数が多ければ多いほど、相手の存在も大きくなります。
彼も具体的に楽しい結婚生活がイメージできるのではないでしょうか。

自分を魅力的に見せる振る舞いを

男性は、「一緒にいると落ち着く」「一緒にいて楽しい」など、「彼女と一緒にいたい」と思った瞬間に結婚を意識します。

彼と過ごす時間の中では、そんな「一緒にいたい」と思われる振る舞いを心がけましょう。

自分を魅力的に見せることで、彼の気持ちにも変化が表れます。
きっと、プロポーズされるタイミングだって生まれるはずです。

次に読みたくなるおすすめ恋愛記事!

好きだけじゃ一緒にいられない?【生涯の伴侶を決めるボーダーライン】はココ!

「彼氏」じゃなくて「旦那」を探せ♡愛妻家になる可能性が高い男性ってどんな特徴?

「彼女の隣にずっといたい…」 カレが追いかけたくなる“プロ彼女”の条件3つ


引用元 http://trilltrill.jp/love/articles/80571
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る