深田恭子さんに憧れる!この夏は“まろやかボディ”で健康的な体作りを

深田恭子さんに憧れる!この夏は“まろやかボディ”で健康的な体作りを.jpg

水トアナウンサーやこじはる、ダイエット成功された深田恭子さんは癒し系ぽっちゃり女優と呼ばれていましたよね。
いま多くの女性から愛されるのは“程よい肉付きの癒し系女性。
”水着やオフショルなど露出の増える夏ですが、触りたくなるような“まろやかボディ”。

では一体どんなボディが“まろやかボディ”なのでしょうか。
ポイントとコツをまとめました。

やっぱり大切「ふんわりバスト」

バストの大きさをいわれてしまうと…という方も多いのではないでしょうか。
「小胸はどうしようもないじゃない!」、「大胸すぎて支えるのに必死」とか。
では、「ふんわりバスト」とはどんな胸のことなのでしょうか。

ここでいう理想は、大きさではなく、垂れていないこと、そして質感がポイントです。
小胸さんは、理想のバストサイズに近づくよう食事の見直しやバストアップのケアを!

大胸さんは、ツンと上向きのバストをキープすることが重要ですね。

まずバストケアで知っておきたいのは、体が固まりこわばってくると胸にも影響が出てくるということ。
小胸さんも大胸さん共通して、バストケアの前に背中と脇のコリをほぐしてあげることが先決です。

背中周りの筋肉が硬くなってしまうと筋肉の可動域は狭まり、栄養が行き届かなくなってしまいます。
また、バストの形も横に流れ、崩れやすくなってしまうのです。

ふんわりバストを目指すには、背中周りのストレッチやエクササイズなどでしなやかな筋肉を保ちましょう!

ハリのないヒップより「プリンとした曲線を描くヒップ」

女性の皆さん、お尻見られてますよ!
男性は丸くて柔らかいものが好き、だから、胸やお尻が大好きなのです。

ペタンとしたハリのないお尻は魅力を感じませんよね。
胸やお尻の大きさの悩みはそれぞれですが、大尻でも小尻でもプリっと上向きのお尻を目指しましょう。

お尻が上向きになると“まろやかボディ”に近づくことと同時に、太ももとお尻の境目がはっきりするので、脚が長く見えます。
そうなるとパンツスタイルがカッコよく決まるなど、ファッションでも嬉しい変化がありますよ。

ムキムキの筋肉より、「適度な肉つき加減の足腰」

ストイックな食事制限やスポーツはムキムキ、ガリガリな体になってしまいがち。
男性はぎゅっとした時の柔らかさが好きな生き物です。

もちろんブヨブヨなだらけた体はNGですが、女性らしい曲線を作るエクササイズやストレッチは大切です。
触れた時のスベスベな肌作りにも気を抜かないように、スクラブなどで肌の表面をケアしましょう!

ボディの凹凸はダメ!「セルライトケアは徹底的に」

いくらぽっちゃりでも肌の表面がボコボコしていたら、触れたくないですよね。
セルライトはボディに凹凸を作ってしまうのでサロンやコスメで徹底的にケアを!

また、セルライトがあることで冷えやむくみ、血液循環などの巡りも悪化してしまいます。
“まろやかボディ”であるとともに、健康的なボディが好まれますよ。

ぽっちゃり体型だから「3つのパーツを引き締める」

愛されるまろやかボディの特徴は、体の3つのパーツを引き締めるのがコツ!
「足首、手首、ウエスト」の3つが引き締まっていれば、体全体にメリハリがつき、多少ぽっちゃりしていてもセクシーに見えるのです。

逆にこの3つのパーツのメリハリがなくなると、寸胴に見え、だらしなく見えてしまいます。
まずは、この3つのパーツが引き締しまっているかチェックしてみてくださいね。

この夏に気をつけたいおやつ選び

皆さん、仕事中のおやつは何を選んでいますか?
クッキーやチョコレート、砂糖がたっぷり入った甘いジュース、炭酸飲料など選んでいませんか?

外出先に持っていくならドライフルーツやナッツなど手軽に食べられるものを選びましょう。
ナッツやドライフルーツなら美容に良いし、体内をキレイにしてくれる栄養素が豊富です。

この夏は“まろやかボディ”で健康的な体作りを目指してみてくださいね。

チェックしておきたいビューティ記事!

夏の快適メイク術。「夜まで美人」をつくる秘密は朝のお化粧に!

キーワードは「温」と「冷」!お家ケアで毛穴レスな肌を【フェイス編】

中国人の爆買いの定番!ドラックストアで見つけた優秀シートパック特集


引用元 http://trilltrill.jp/diet/articles/79556
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る