イイ女の定義は美髪にあり?!紫外線を浴びたときの正しいアフターケア

イイ女の定義は美髪にあり紫外線を浴びたときの正しいアフターケア.jpg

夏は可愛い水着を着て海で泳ぎたい!
しかし女性にとって忘れてはいけないことといえば、「紫外線対策」。

どうしても、お肌だけに意識が向いてしまいますが、紫外線を直接浴びている場所は、お肌よりも髪。

長時間、外にいて紫外線のダメージを受けた感覚があるなら、きちんとその日のうちにお手入れしてあげないと、髪がパサついたり変色したりしてしまいますよ!

そこで今回は、紫外線を浴びたときの正しいアフターケアをご紹介いたします。

紫外線による影響って?

お肌だけでなく髪も日焼けするんです!
紫外線は髪の表面にあるキューティクルをすり抜けて内部のメラニンを分解し、髪に大きなダメージを与えます。

長時間、外にい続けて髪の色が茶色に変わったことがきっとありますよね。
こういった現象もすべて紫外線の影響によるもの。

本来、キューティクルは髪を保護するバリア機能として活躍しますが、紫外線を浴びる前から状態が悪化していると、紫外線のダメージを直接受けることになるのです。

紫外線から髪を守るには?

(1) 日傘や帽子を活用

紫外線から髪を守るためには、日傘や帽子を使って、直接、髪に当たらないように工夫しましょう。

海や遊園地などへのお出かけやイベントのときだけでなく、近所を散歩するときも、必ず日傘を差すか帽子を被って、髪が日焼けしないように対策をしてください!

(2) スプレーを頭にもかける

日焼け対策用のスプレーはたくさん販売されていますが、そのほとんどがボディ用。
でも、身体に使えるスプレーなら髪にも使えます。
髪の毛から15㎝ほど離して軽く吹きかけておくと紫外線対策に。

アフターケアはどうすればいいの?

(1) トリートメントで集中ケア

1日外で遊んできた日は、必ずお風呂に入って、髪についている汚れを落とし、トリートメントで集中ケアを行いましょう。

トリートメントはつけてすぐに洗い流すのではなく、つけた後にタオルで髪を巻いて、しばらくそのままの状態にしておきます。
こうすることによって、髪のダメージを最小限に抑えられるといわれています。

(2) お肌と同じく化粧水で保湿

髪だけでなく頭皮も紫外線による影響を受けています。
頭皮にも、お肌と同じようにケアが必要。

シャンプーをして髪を乾かした後は、頭皮に化粧水を塗って保湿しましょう。
頭皮はもともと刺激に弱い場所ですから、お肌に優しい化粧水を選んで!

放っておかないで!

1日外にいたなら、それだけ紫外線をたくさん浴びたことになります。
いくら予防していても、紫外線によるダメージを完全にシャットアウトできるわけではありません。

そのまま放っておかずに、必ずお風呂に入って、アフターケアをしましょう。
髪がパサパサになってから慌てても、遅いですよ!

チェックしておきたいビューティ記事!

あなたの理想の目元をつくる!PLAZAの人気商品ランキング【マスカラ編】

野菜やフルーツが日焼けの一因に?!美肌のためには摂取する時間帯がキーポイント!

夏の今こそクリームチーク派!コスメマニアがすすめるクリームチーク厳選5選


引用元 http://trilltrill.jp/beauty/articles/81106
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る