諦めるのはまだ早い。自力でぱっちり二重まぶたをGetする方法、教えちゃいます

可愛い女の子=二重

出典: inmortals.tumblr.com

憧れの可愛い女の子はみんなぱっちり二重まぶた。

アイプチやアイテープはばれちゃうし、整形しかないのかな…

出典: weheartit.com

でもあきらめるのはまだ早い。

今回は自力で二重まぶたを手に入れる方法を紹介します.

マッサージ

出典: weheartit.com

むくみや脂肪によってまぶたが重くなってしまっている可能性があります。

目を温めて血行をよくしてからマッサージを行うと効果的です。

まぶたのむくみによって、本来二重だったものが一重の状態になってしまっている場合があります。そのような場合は、まぶたのむくみをとることで、二重に戻すことが可能です。

出典: www.skincare-univ.com

YouTube

詳しいマッサージ法はこちらを参考にしてください。とっても効果が分かりやすいです!

マッサージクリーム フラージュ 商品

マッサージクリーム フラージュ

¥4,500

HOUSE OF ROSE(ハウスオブローゼ)のマッサージクリーム。肌を潤して摩擦を防いでくれます。ジャスミンの香りで気分も落ち着きます。

めぐりズム 蒸気でホットアイマスク 無香料 14枚入

商品

めぐりズム 蒸気でホットアイマスク 無香料 14枚入

¥880

マッサージ前に血行を良くすることでむくみが取れやすくなります。また目の疲れも取れるのでとってもオススメです♡

寝ているうちに二重を仕込む

出典: weheartit.com

昼間にアイプチやアイテープをしてばれてしまうのが嫌な方は夜に仕込みましょう。

朝、くせがついていれば成功ですが昼間にとれてしまうことが多いので根気よく続けることが大切です。

粘着力の強いアイプチなどは禁止!

出典: weheartit.com

粘着力の強いものを寝ている間に使ってしまうとくっついたまぶたを無理に閉じようとするのでまぶたが伸びてしまいます。

また強い成分でかぶれてしまう人もいます。成分が優しい夜用のものを使いましょう。

やっぱり夜のアイプチは危険です。
それは、まぶたが荒れたりかぶれたりしてまぶたを老化させるからなんですね。二重になるどころか老人のようなまぶたに…なんてことに。

出典: senko-cosme.com

アイエッポナイト

アイエッポナイト

商品

アイエッポナイト

¥1,775

夜用の二重まぶた形成液。まぶたを柔らかくしてクセをつきやすくしてくれます。優しい成分でまぶたが伸びたり、荒れる心配もありません。

二重でナイト

二重でナイト 30g

商品

二重でナイト 30g

¥1,715

クリームをまぶた全体に塗って乾かしたら好みの場所でまぶたを折り込みます。一部分をくっつけるわけではないのでまぶた伸びの心配もありません。

出典: www.lemoir.com

塗るとこのようになります。水でぬらすと溶けるのではがすときに肌の負担は感じません。効果を実感している方がとっても多いのでオススメです◎

のび~るアイテープ

daiso ダイソー のび~る アイテープ  絆創膏 レギュラー 64枚 ×2パック

商品

daiso ダイソー のび~る アイテープ 絆創膏 レギュラー 64枚 ×2パック

¥370

ダイソーのアイテープです。絆創膏タイプなのでお肌にも優しいです。伸ばしたりせずそのまま二重を作りたい場所にはるのがオススメです。64枚×2パックでこのお値段です。

二重矯正糸を使う

出典: inmortals.tumblr.com

某youtuberさんが紹介して話題になった二重矯正糸。
起きている時に10~15分はめておくと徐々に二重のクセがついていくというものです。

この方法は奥二重などの、もとから二重の線がある方にオススメです。

作り方

出典: ameblo.jp

用意するもの
・輪ゴム2つ
・刺しゅう糸(or タコ糸)
この2つだけです。糸は自分のまぶたに食い込みやすいものを選んでください。

出典: www.cosme.net

ゴムを両耳にひっかけて、糸を二重を作りたい場所に食い込ませてください。あまり糸をきつくしてしまうと顔に糸の跡がついてしまうので要注意です。

寝るときにつかうのはNG。変な場所に跡がついてしまったり、目に糸がはいって目を傷つけてしまいます。

根気強く続けましょう

出典: weheartit.com

何事も根気強く続けることが大切です。

頑張れば憧れのぱっちり二重まぶたが手に入るかも…♡


引用元 http://mery.jp/277386
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る