何もせずとも「あれ、痩せた?」勝手に脂肪燃焼してくれる”褐色細胞”活発化計画

なんであの子は痩せてるの?

出典: weheartit.com

私の友達は痩せていてとってもスタイルがいいんです。
秘訣を聞いても「何にもしてないよ」って。

本当に彼女は特に運動などダイエットしていないのです。
痩せている秘密は、”褐色細胞”にありました。

褐色細胞とは、体の中の脂肪を燃焼して熱に変えてくれる細胞のこと。
つまり、褐色細胞が活発であればあるほど痩せやすく、太りにくい体だということ。

褐色脂肪細胞は、体温を維持する働きや体内に蓄積された余分な脂肪を熱に変えて体外に放出させる働きがあります。
脂肪を燃やしてエネルギーに変えることができます。
体温を上げ、保持する役割も持っています。

ですから、褐色脂肪細胞が多い人は新陳代謝がよいですから太りにくい体質ということになります。

出典: 5min-massage.com

出典: weheartit.com

また、褐色細胞が活発だと代謝が上がるというメリットも♡
代謝が上がると血行が良くなり、むくみ解消や便秘解消に繋がります。

むくみが解消することで、痩せやすい体に。
便秘解消することで、肌荒れが改善します。

褐色脂肪細胞が正常に活動することで、代謝が上がり、血行の良くなり老廃物の排泄もスムーズに行われやすくなることから、むくみの改善、肌荒れの軽減、美肌効果など、嬉しいおまけがいっぱい!

出典: www.otona-beauty.com

出典: weheartit.com

「褐色細胞を活発化させたい!」って思った人も多いのでは?

しかし、褐色細胞は体の限られた場所にしか付いていないのです。
それも、大人の人で40gほどしか持っていないと言われています。

少ししか付いていない褐色細胞を最大限に活発化することで
効率的に痩せられる体になれるのです♡

褐色脂肪細胞は、心臓や腎臓の周り、首の周り、脇の下、肩甲骨の間といった限られた場所にしか付いていません。
しかも、成人で40グラムほどしかない貴重な脂肪。
少ない褐色脂肪細胞は、全身いたるところにある白色脂肪細胞を、豊富にあるミトコンドリア内で燃やします。その結果、熱を生み出し、カロリーを消費するのです。

出典: www.diet-kotu.com

褐色脂肪細胞を活性化させたい♡

冷やす

?size=l

褐色細胞を活性化させるには、刺激を与えるのが一番。

刺激を与える中で、すぐ出来るのが「冷やす」こと。
褐色細胞がある場所は、首の周り、脇の下、肩甲骨の間などにあります。
この褐色細胞がある場所を、冷やしてあげるだけ。

褐色脂肪細胞は首の後ろや肩甲骨の間、わきの下などに集中しているので、この部分を水で冷やす事で刺激を与えるわけです。

出典: www.know-dt.com

?size=l

例えば
・ペットボトルに水を入れて凍らせて、褐色細胞がある場所をコロコロとマッサージ。
・冷たいタオルで冷やしてあげる。
・お風呂に入った時に、冷たいシャワーで冷やしてあげる。

などなど、自分の生活にあった方法で冷してみて。

■褐色脂肪細胞を活性化させる3つの方法
 
1 水を凍らせたペットボトルを用意して、首をコロコロ、 脇をコロコロとマッサージする。 
2 冷タオルで、首 、脇、肩甲骨を冷やす。
3 冷シャワーを浴びる(腕・首を各30 秒)

出典: koudusiki.com

姿勢を良くする

出典: weheartit.com

姿勢を良くして生活することも効果的です。

褐色細胞は肩甲骨の間に付いています。
姿勢を良くすることで、自然と褐色細胞に刺激を与えることが出来るのです。

また、姿勢を良くすると血行が良くなります。
血行が良くなることで褐色細胞も働きやすくなるのです。

姿勢が悪くなると肩が前方に丸くなり、血行が悪くなってしまいます。すると、肩甲骨付近も固まり、褐色脂肪細胞がうまく働いてくれません。これでは、大損です。反対にいえば、正しい姿勢にするだけで、褐色脂肪細胞が活性化し痩せ体質になるということです!

出典: complex7.com

刺激を与えてくれる食材を食べる

?size=l

また、体の中からも褐色細胞に刺激を与えることができます。

マスタードや唐辛子を料理にかけたり、緑茶を飲むだけ。
これなら続けられそうですよね。

いつもの食事にプラスしてみては?♡

・緑茶(茶カテキン)
・マスタード(イソチオシアネート)
・にんにく(アリシン)
・唐辛子(カプサイシン)
このような食品は摂取すると褐色脂肪細胞に刺激を与え、活性化させてくれる効果があります。

出典: josei-bigaku.jp

《つぶつぶマスタードのコールスロー》
マスタードを効かせてマヨネーズは少なめに、ちょっぴり大人味のコールスロー。ハムと合わせてサンドイッチにしても◎

【材料】
・キャベツ 1/2玉
・にんじん(小) 1/2本
・コーン 1/2カップくらい
・塩 小さじ1
・調味酢 大2
・マヨネーズ 大2
・粒マスタード 大2
・ブラックペッパー お好みで

レシピ

《にんにくとパセリが入ったアンチョビポテトのトースターでほっとけ焼き》
アンチョビとパルミジャーノの塩気と風味、にんにくの香りが食欲を誘います。見た目もインパクトがあってパーティーなどにも◎

【材料】
・じゃがいも 4個
・にんにくスライス 20枚
・アンチョビ(フィレ) 4枚
・パセリ(刻み) 1束分
・パルミジャーノ・レッジャーノ 大さじ4
・塩、胡椒 お好み量
・オリーブオイル 大さじ4
・バケット お好み量

レシピ

味わって食べる

出典: weheartit.com

いつも、バクバクっと早食いしていませんか?

よく噛むことで褐色細胞に刺激を与えることができます。
また、よく噛むことで満足度も得られます。

ダイエット中は野菜メインの料理をよく噛んでゆっくり食べてみて。

味覚の刺激も、褐色脂肪細胞を働かせます。よく噛むことで、褐色脂肪細胞は活性化し、脂肪が燃えやすくなる。さらに咀嚼することでヒスタミンが作られ、満腹感が得られます。ひと口ごとに箸をおき、よく噛むことは、やはりダイエットにつながるようです。

出典: complex7.com

肩甲骨ストレッチをする

出典: weheartit.com

褐色細胞は肩甲骨の間に付いています。
なので、肩甲骨を動かすことで褐色細胞に刺激を与えることができます。

肩甲骨は普通の生活ではなかなか大きく動かしません。
気持ちいい肩甲骨ストレッチを取り入れて、
リフレッシュしながら、痩せやすい体に…♡

出典: rayris.jp

椅子を使った肩甲骨ストレッチ。
ちょっとした休憩時間にもできちゃうお手軽なストレッチです。

肩甲骨がしっかり動いていることを意識しながらやってみましょう。
椅子が倒れないように、周りを見て行いましょう。

1 両手でイスの背もたれを掴む。(手と手の間隔は10cmが目安)
2 そのまま肩甲骨や肩の筋肉を伸ばすように意識し、両肘を寄せて胸を張る
(浅く腰掛けないように注意してくださいね。)

出典: rayris.jp

出典: www.biranger.jp

タオルを使った肩甲骨ストレッチ。
お風呂上りについでに行いましょう。

肩幅に合わせてタオルを持ち、タオルを上げ下げ。
肩甲骨がしっかり動きます。

背筋を伸ばしてまっすぐ立ち、肩幅に広げた手でタオルの両端を持ちます。タオルを握ったまま、両手を高く上げて背中側に下ろすという動作を10回ほど繰り返しましょう。

出典: www.biranger.jp

出典: wol.nikkeibp.co.jp

道具要らずで、どこでも行えちゃう肩甲骨ストレッチ。
血行が良くなるので、肩がこってしまった時にもおすすめです。

①腰に手を置き、息を吸いながら肩を真上に上げます。
②その状態から、息を吐きながら肩を思いっきり下げます。

出典: yogajo.jp

両手を上げて肩甲骨を意識しながら、ぐるぐる。
TVを見ながらでも行えちゃう簡単な肩甲骨ストレッチ。

大きく動かすことで、しっかり肩甲骨を動かすことができます。
右回り・左回りそれぞれ5回以上行ってみて。

骨盤を立てて座る。まっすぐな背骨を保ち、頭の上で指をからませて手を組む。床と水平に手のひらで大きく円を描くようなつもりで、肩を動かす。右回りと左回りそれぞれ5回以上。

出典: yogajo.jp

痩せる私に変身っ!

出典: weheartit.com


引用元 http://mery.jp/276062
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る