「おいて毛ぼり女性」は婚期も遅い!?露出の多い夏は残り毛に要注意!

「おいて毛ぼり女性」は婚期も遅い露出の多い夏は残り毛に要注意!.jpg

露出の多い夏。
しっかりとムダ毛のケアをしているつもりが、うっかり!?
「残り毛発見…」

そんな事態は避けたいですよね。

実は悲しいことに、残り毛のある女性は男性から結婚相手として見られにくいという調査結果も…。

今回はそんな残り毛の実態と、残り毛ゼロを目指すのに欠かせない医療脱毛やエステ脱毛の違いなどをご紹介します。

残り毛に要注意!“おいて毛ぼり女子”にならないで!

残り毛とは…
・カミソリやシェーバーでの処理が不完全なためにまだらになり、一部が残ってしまっているムダ毛
手足の甲や指、処理がしにくい背中など、処理を忘れてしまいがちなところのムダ毛

このように残り毛とは、処理をしそこねた残りのムダ毛や、気づきにくい場所のムダ毛を指します。

男性はこう見てる!“おいて毛ぼり女子”は結婚相手の対象外

医療脱毛などを行っている美容皮膚科「イデリア スキンクリニック代官山」が、20〜40代の男性600名を対象に、今年の春に行った「女性の脱毛」に関する意識調査では、こんな悲しい結果も…。

【1】結婚相手にはしっかりと“残り毛”を処理してほしい

約半数の男性は、女性の残り毛を「何とも思わない」と答えていたそうですが、そのうちの約6割は、「結婚相手は別。しっかり残り毛もケアしてほしい」と回答しました。

【2】年収700万円以上と結婚するなら“残り毛”は禁物!

年収が700万円以上のリッチな男性のうち約7割は「ムダ毛処理の甘い女性とは結婚したくない」と回答しているようです。

【3】男性の3分の1は女性の“残り毛”に遭遇

半袖のシーズンになると、3分の1の男性は女性の残り毛に遭遇しています。
つまり、「ちょっとだけだから大丈夫!」と女性が思っていても、男性は意外と気づいてしまっているのです…。

夏の残り毛、ここに注意!

残り毛を発生させないために意識したいことは、次のような点です。

①脚、腕、ワキのムダ毛処理はまだらにならないように注意する
忘れがちな箇所のムダ毛処理を怠らない
・手足の甲や指のムダ毛
・鼻下の産毛
・うなじから背中にかけての毛 etc…

もちろんすべてをカミソリで剃る必要はないのですが、指や鼻下の毛は意外と濃かったりします。
濃い毛が残っていたらしっかり処理をするようにしましょう!

また、処理をしたあとは保湿をすることを忘れないでくださいね。

来年こそ残り毛とはお別れ!プロの脱毛で本格ケア

自分で気づいてその都度処理ができればいいのですが、忙しいとついつい忘れがちになってしまうのがムダ毛ケア。

そう考えると、やはり一番いいのは皮膚科や脱毛サロンなどに頼ることかもしれません。
脱毛は毛周期に合わせて何回か施術を行うため、毛が完全になくなるまでに時間がかかります。
そのため、しっかりと効果を感じられるのは来年以降になってしまうかもしれませんが、今始めておいて損はないはず!

そこで気になるのが、医療脱毛とエステ脱毛
どちらにもメリットとデメリットがあるので、比較検討してみましょう!

医療脱毛とは?

<メリット>
・照射パワーが強いため、短期間で効果が期待できる
・短期間で効果が出るため、1回あたりの単価は高いが結果的に安くすむことも
・医師による診察があるため安心

<デメリット>
・脱毛時に痛みが生じることがある
・1回あたりの単価は高い

エステ脱毛とは?

<メリット>
・照射パワーが弱いため、ほぼ痛みがない
・1回あたりの単価が安い
・施術時間が短い

<デメリット>
・完全に毛がなくなるまでにかなりの時間がかかる
・施術者の技術によっては照射漏れもある
・万が一肌トラブルがあった場合でも医師がいない

このようにどちらもメリットとデメリットがあります。

費用をかけても短期間で脱毛をしたい場合は医療脱毛がおすすめですし、1回あたりの単価を下げて痛みも感じたくない場合はエステ脱毛の方がいいかもしれませんね。

“おいて毛ぼり女子”とは決別!

露出の多い季節はまだまだ続きます。
残り毛のケアも忘れずにしっかり行っていきたいところ。

まずはご自身に残り毛がないかどうかチェックすることから始めてみましょう!

意識を向けていれば、“おいて毛ぼり女子”とは決別できるはずですよ。

今読んでおきたいTRILLの記事!

こんな夫婦になりたい!河北裕介さんのInstagramが妻への愛に溢れすぎている

一度の出会いでそれっきり。恋愛に発展させたくない、隠された男のホンネ

今度こそ幸せな恋をする。“引き寄せ体質”をつくる3つのルール


引用元 http://trilltrill.jp/beauty/articles/79738
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る