お香と月のパワーでエネルギーチャージ!香のある生活で心を清めてリラックス

お香と月のパワーでエネルギーチャージ!香のある生活で心を清めてリラックス.jpg

ストレス社会と言われる昨今。
ストレスを溜めないことが大事と言われても、どんどん積もる厄介なもの。
病気や肌トラブルの原因はストレスと言われているくらい悪いやつですが、上手な付き合い方を見つけた方は強くポジティブに生きていますよね。

今日は、リラックスや癒しなどの情報があふれている中で“お香”についてご紹介します。

目的別に香りを選ぶ

人それぞれ好みや感じ方が違いますよね。
ここでは一般的な香りと香りの持つエネルギーを紹介します。

・白檀(ビャクダン)別名サンダルウッド
インドのお香といえばコレ!
比較的爽やかな香りがするので、お香初心者さんが初めて試すのに勧められる一品です。
「守る」「与える」「愛」「瞑想」「鎮静」などのエネルギーを持ちます。

・スパイシー系
スッキリした香り、少しクセがありますが集中力を高めてくれる効果があります。
カッシア(樹皮)、マツ、ベンゾイン、シナモン、ヒマヤラ、インディアンスパイスなど。
「浄化」「守る」「与える」「愛」「幸運と成功」などのエネルギーを持ちます。

・フルーツ、フラワー系
ココナッツやバニラのような南国をイメージするような甘い香りです。
もったりするので、好き嫌いが分かれるのも特徴かもしれません。
ココナッツ、パイン、バニラ、カルダモンなど。
「守る」「与える」「リラックス」「愛」などのエネルギーを持ちます。

どの形にする?

一般的に販売されているお香の形には主に3つあります。

①線香/ステック(棒状)
香炉の内側から横の穴にお香をさして焚きます。
花やフルーツ、ハーブの香りのものもステックタイプであればお線香と呼ばれます。
燃焼時間は長さに比例しますが、長いものは折ることで時間の調整が可能です。
香炉の中で1本ずつ三方に立てるのが良いとされています。

②渦巻き型
ぐるぐると渦を巻いた、蚊取り線香でおなじみの形です。
広い部屋や空気の流れが多い場所に向いています。
途中で消したいときは折って使いましょう。

③コーン(三角)
小皿などの器にの中に灰や砂を敷いて焚きます。
円錐の先端に火をつけ、下に行くほど燃える面積が増えるのでその分香りも強くなります。

インドのお香はステック状が多いですよね。
焚く場所や後片付けの事を考えるとコーンの方がラクです。
最近は色々な器や香炉が出ていますので、おしゃれに活用できますよ。

手軽にできるハーブ薫香

薫香(くんこう)とは、精油成分を含む樹脂や香木、ハーブ、スパイスなど乾燥したものをそのまま焚いてその芳香を楽しむ方法のこと。

お家で初めて薫香をする場合には、セージやローズマリー、ラベンダーなどの芳香ハーブがお勧めです。
必ずよく乾燥しているものを焚いてください。

炭を用意してろうそくの火に近づけて自然に炭が燃焼しはじめるのを待ちます。
炭が燃焼しはじめたら小皿などの容器に入れ、その上にハーブを散らします。
お香よりも煙が立つので、なるべく窓のそばで換気を行いながら焚いてくださいね。

満月と新月に焚くお香

もし月に一度、家や部屋などの浄化、心を清めるためにお香を焚くなら、満月の日がお勧めです。
他の日よりも浄化の力が強く、エネルギーチャージします。
願いごとや癒されたいときなど、満月は力を貸してくれるといいますよ。

そして、新月に焚くお香は月明かりを見ながら瞑想と共に行うと効果的です。
新月はインスピレーションのためのアンテナが大きく張られるとき。
ぜひ、お香の香りで心を研ぎ澄ませ、直感を感じてみてください。

月やパワー、占い的な要素はスピリチュアルですが好きな女性は多いですよね。
このほかにも十二星座の持つ力を利用する焚き方もあるそうです。

※参考 2014年『癒しのお香』(長谷川弘江)株式会社ガイアブックス

香りって大事ですよね。
香りひとつでリラックスできたり、集中できたり、楽しくなったり。

インテリアとして玄関に置いてあったりするとおしゃれですよね。
ぜひ、お香Life styleで気分を晴れやかにしていきましょう!

編集部おすすめのTRILLの記事!

夏は名女優の着こなしを真似したい!シネマ女優風コーデ【オードリー編】

下半身のボコボコが気になる!ゴロ寝でセルライトをなくせる「太ももストレッチ」

リアルに売れている!PLAZAの人気商品ランキングTOP3【スキンケア編】


引用元 http://trilltrill.jp/lifestyle/articles/74649
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る