夏のヘビロテ確定!「ロゴT」をおしゃれに着こなすスタイリング術教えます

夏のヘビロテ確定!「ロゴT」をおしゃれに着こなすスタイリング術教えます.jpg

今年の夏はシンプルユニセックスがいい。
そう、近年ではスニーカーや白のTシャツなど女性らしさ以上に、シンプルでメンズライクなアイテムがトレンドの主流になっていますよね。

2016年の注目アイテムの一つにロゴTシャツも君臨!
スポーティカジュアルなアイテムをおしゃれに着こなすスタイリングが、大人の女性の心をグッとつかむポイントなのです。

でも、ロゴTだからといってカジュアルメインではつまらない。
そこで今回は大人の女性が着て美しいと思えるロゴTコーデを提案いたします!

カジュアルなロゴTをお洒落に着こなすコツ

①デニムはトレンドと色っぽさをちょい足し!

ロゴTとデニムは定番の組み合わせ。
デニムは定番アイテムですがその中にもトレンドによってスタイルが変化します。
そう、ポイントはデニムのシルエットや素材、色なのです。

例えば、今年は70’sがトレンドキーワード。
その為キレイめなデニムよりも、切りっぱなしのカットオフデニムやゆるっとしたUSEDの様な大きめシルエットがトレンド傾向にあります。

Tシャツと合わせるだけだと無難でつまならくなるので、こうしたデニムのシルエットにこだわってみたり、小物に今っぽさをプラスしてみましょう。

トレンドのカットオフデニムと合わせる

カットオフデニム

出典:http://wear.jp/

アンクル丈のカットオフデニムはこの夏大本命。

白のロゴTにデニム、ラウンドサングラスで2016年の夏オンナを意識してみましょう。

ミリタリーバッグでワイルドに振り切っても良いですね。

スリット入りタイトスカートで抜け感を

スリットデニム

出典:http://wear.jp/

今季はスカートもやや長め丈でレディな雰囲気に。

ストレートなタイトスカートも膝下ぐらいまでの丈の長さで大人しい感じにしながらも、大胆スリットが入っているのがイイ感じ♡

スニーカーでカジュアルさをバッグでキレイめセレブ感を出しましょう。

②ブラックアイテムでキリリと引き締める

ロゴTシャツは黒で大人シックに引き締める。
黒は重たい色である反面、カッコ良く都会的な雰囲気をもたらします。

ロゴTを合わせた時にちょっと子供っぽいな。
何だか安っぽく見えるなぁ…。
そう思ったときは、ブラックのボトムや小物で引き締めると雰囲気が変わります。
更にリップは赤で目立たせるなど上手くコーデとメイクのメリハリをつけることで、完成度の高いお洒落を実現出来ますよ。

キャミワンピをONしてスポーティブな私!

キャミワンピ

出典:http://wear.jp/

キャミワンピは今年流行が再燃しています。

ロゴを邪魔しない様に、キャミの深さに注意をしましょう。

黒のワンピースでシンプルシックにしつつ、キャプとスニーカーでカジュアルよりへ。

ただし、メイクとヘアアレンジに大人っぽさは必要不可欠ですよ♡

クラッシュデニムでエッジの効いたコーデもアリ

ブラックスキニー

出典:http://wear.jp/

クラッシュデニムはどこか清潔感のない印象。

ブルーのデニムだとそんな印象を持つ場合はブラックで攻めた印象に。

基本を白と黒のモノトーンで統一させることで全体がカジュアルなアイテムでアーバンな雰囲気をつくられる、まさに大人カジュアル!

③甘め可愛めなスカートでMIXスタイルを実現させる

コーデの基本は統一感。
ですが、統一感がありすぎるファッションは普通過ぎる。
お洒落を極めるなら“予定調和”をつくるのがワンランク上の着こなし。

カジュアル、なのに可愛い。
キレイめなのにメンズっぽいカッコ良さ。
この様に小物や組み合わせるトップスとボトムの印象を敢えて変えるのも大事。
ロゴTはカジュアルな印象が強い分、フェミニンなアイテムとMIXさせるのも一つの組み合わせとしてアリ!

まるでアリスなスカートでカジュアルフェミニン

ロゴTシャツ

出典:http://wear.jp/

ふんわりした甘いフレアスカート。

大人になってもこんな可愛いスカートはいつまでも着ていたい…けれど可愛いに可愛いトップスを合わせるのは30歳を過ぎるとやや抵抗がある方もいるのでは。

そんな時はブラックのロゴTでカジュアルっぽさをプラス。
ヘアもシンプルにまとめて、メイクもポイントだけ強調すれば大人らしく仕上がります。

タイトスカートで色っぽ可愛い私を表現

タイトスカート

出典:http://wear.jp/

タイトスカートは大人の女の素敵アイテム。

タイトスカートにキレイめのトップスを合わせると、どこかオフィスっぽさが出て休日を楽しめない雰囲気。

お休みの日はロゴTにタイトスカート、足元はスニーカーを合わせるのが新鮮で程よいラフさとキレイさが出て◎!

ネックレスではなく、ピアスでキレイ差を表現してみるのもオススメです。

どこに上品さを足す?

ロゴT、それ自体はとてもカジュアルです。

そこにキレイなパンプスを合わせたり、女度の高いスカート、更にはヘアアレンジに凝ってみたり、旬なメイクで遊んだり。
どこかに上品さや女らしさを入れることで、ロゴTがカジュアルになり過ぎるのを押さえられます。

「あなたって、どんなアイテムを着ても色っぽいのね」
なんて言われる様な着こなしをぜひ目指してくださいね!

チェックしておきたいファッション記事!

いつまでもイイ女!永遠の定番アイテム「白シャツ」×「デニム」

デザインに技あり。ZARAの2016新作水着でとっておきな夏に!

アースカラーがブーム!山ガールに見えない都会的着こなし術


引用元 http://trilltrill.jp/fashion/articles/78441
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る