夜のワタシは惚れさせ上手♡浴衣&私服のちょい足しメイクでドキッとさせて

夏の夜は、いつもと違うギャップを

花火、お祭りと、夏は夜のイベントが盛りだくさん!
夜に彼をドキッとさせる、ちょっぴり特別なちょい足しメイクを紹介します。
いつものメイクにプラスするだけで出来るテクニックで、昼間とは違うギャップを見せて♡

浴衣▷色っぽチークでほんのりツヤ肌

浴衣美人は、華やかな浴衣を引き立てるように、メイクで色味を使いすぎないのがコツ。
ハイライトを混ぜたツヤ感チークで、光を味方につけたメイクに♡
美人度が上がるナチュラルなツヤに思わず釘づけ。

1:チークとハイライトを混ぜて

チークとハイライトを混ぜて、より艶っぽいテクスチャーをつくる。
ハイライトと混ぜることで肌とも馴染みやすく、ナチュラルなツヤと色合いに♡
手持ちのチークとハイライトでも簡単に出来るのが嬉しい。

スティックタイプでさっと一塗り。
持ち運びしやすく、伸びが良くて使いやすい。
プチプラ価格にも注目♡

¥600 / CEZANNE(セザンヌ)

滑らかでほんのりと色づくカラーが使いやすい。
立体感を生むパールが、美人度をぐっと底上げ。

広げるとふわっと馴染む、ホイップ状のテクスチャーが特徴。
軽い付け心地で、ぽわんと色づくほっぺをGET。

¥3,000 / THREE(スリー)8月10日発売

2:高い位置にON

笑うと高くなる頬の位置に、指で直接広げるように乗せて。
じんわりとした血色感で、肌に馴染むチークに。
ハイライトと混ぜたことで、ツヤツヤとした質感が生まれます。

私服▷キラキラ目元で視線釘づけ

周りの浴衣女子に負けないように、濡れ感のあるアイシャドウで目元にたっぷりの潤いを。
月明かりや照明など、夜の明かりを味方にメイクでキラッと輝くまぶたに。
見る度表情の違う瞳にドキドキが止まらない♡

1:目元全体にきらめきを

ポール&ジョーボーテのアイグロスは、まぶたに直接塗って潤いとツヤを。
指でとんとんと馴染ませて、まぶた全体に広がるように。
上まぶたに広げたあとは、下まぶたも涙袋を作るようにアイグロスで囲むのがポイント♡

本物の真珠パウダーを配合した、贅沢な輝きを放つアイグロス。
潤いとツヤを与えるアイグロスは、印象的な目元づくりに欠かせないアイテム。

¥2,500 / PAUL&JOE BEAUTE(ポールアンドジョーボーテ)

2:ラメラインをプラス

手持ちのアイライナーでラインを引いた上から、エチュードハウスのラメライナーをON。
いつものアイラインも、ラメを足すだけで雰囲気がぐっと変わります。
濡れた質感のまぶたとキラキラのラメラインで、より印象的な目元に♡

一塗りで濡れ感たっぷりのラインが引けるアイライナー。
細めの筆で思い通りのアイラインが描けます。
ぎっしりのラメで目元を鮮やかに彩って。

¥850 / ETUDEHOUSE(エチュードハウス)

ラメライナーの色味はこんな感じ。
肌に馴染む色合いがとびきりキュートな目元をつくります♡

詳しくはノンノ9月号で♡

ノンノ9月号では、今回紹介した2つのメイクの他にも、夏のイベントで目立つこと間違いなしのちょい足しメイクを紹介中。
夏のイベントと120%楽しむメイクは、ノンノ9月号をチェックしてね。

さらに、ノンノの公式サイトでは、最新号を今すぐ試し読みできちゃいます♡
こちらもぜひチェックしてみて。

最新号を試し読み!


引用元 http://mery.jp/269849
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る