上から目線の発言にご注意を!年下男子が聞いて呆れる女性の口癖5つ

上から目線の発言にご注意を!年下男子が聞いて呆れる女性の口癖5つ.jpg

20代の年下男子から、憧れの目で見てもらいたい。
そう思うアラサー女性って、意外と多いのではないでしょうか。

それなら、日頃からの口癖に注意しましょう。

アラサー女性が発する口癖の中には、年下男子が聞いて呆れてしまう一言もあるのです。

年下男子が幻滅するアラサーの口癖5つ

①「若いっていいよね~」

20代をうらやましく思う気持ちから出る、「若いっていいよね~」という発言。

しかし、年下男子にはただの上から目線の発言にしか聞こえません。
「自分の方が大人」「20代はまだ幼い」とバカにされたような気分になってしまうのです。

なにより、若さをうらやましがる発言は、彼らとの年齢差を強く意識させます。
それが年下男子との間に距離を生む原因を作ってしまうのです。

②「私だって昔は……」

年下の後輩を見て、「私だって昔は……」と張り合う気持ちが生まれるときもあります。

とはいえ、年下男子からすれば、アラサー女性の武勇伝は面倒臭いだけ。
自分より年下の人間と必死で張り合おうとする姿からは、イタさしか感じないのです。

また、昔の自分語りを頻繁にしてしまうのは、今という現実を見ていない証拠でもあります。
現実から逃げているダメな大人だと思われてしまう可能性が高いのです。

③「無理、できない」

経験豊富なアラサー女性であれ、何でも簡単にこなせるわけではありません。

でも、最初から「無理、できない」と決めつけてしまうのも問題なのです。

特に仕事面でこの発言が多いと、他人任せで責任感のない女性だと思われてしまいます。
それが年下男子から「情けない」と思われるきっかけを作る可能性も。

大人女性として、挑戦する前に諦めの言葉を口にすることは控えるようにしましょう。

④「お姉さんが話しを聞いてあげるよ」

悩む年下男子を前にすると、年上として力になってあげたいと思うときもあります。
そこで、「お姉さんが話を聞いてあげるよ」と優しく声をかける女性だっているのではないでしょうか。

しかし、この一言も年下男子から呆れられる発言のひとつ。
なだめるような言い方が、彼らを子ども扱いしているように聞こえるのです。

「聞いてあげる」「協力してあげる」という上から目線の発言は、年下男子からの反感を買うだけとなるので注意しましょう。

⑤「どうせオバサンだから」

アラサー女性の自虐は、年下男子に気を使わせるだけの発言。

特に年下男子との会話の中では、自分を「オバサン」呼びしてはいけません。
その一言が彼らに気を使わせ、疲れを感じさせることにつながるのです。

また、自分で「オバサン」と言ってしまうのは、周りから「そんなことないよ」と否定してもらいたい気持ちの表れでもあります。

その下心が面倒くさい構ってちゃん女性だと思われる原因ともなってしまいます。

大人女性の魅力感じる発言を意識して

20代男子はアラサー女性に対し、「落ち着いた大人」「人生経験豊富な女性」という印象を抱いています。
そのイメージが崩れる発言をされると、一瞬にして憧れの気持ちも幻滅へと変わってしまうのです。

年下男子と話すときは、大人女性として魅力を感じてもらえる発言を意識すべき!

間違っても彼らから呆れられるマイナス発言をすることだけは避けましょう。

編集部イチ押しの恋愛記事!

こんな夫婦になりたい!河北裕介さんのInstagramが妻への愛に溢れすぎている

女性からは好感度100%なのに、男性からは“恋愛対象外”になる女性の致命的理由とは?

いくつになってもあの人はモテる!外見でモテ続ける彼女の特徴って?【前編】


引用元 http://trilltrill.jp/love/articles/77701
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る