鍛えるべきは”舌”だった!舌筋トレーニングでこっそり整形級小顔をGet♡

無条件でかわいい”小顔”

出典: weheartit.com

可愛い女の子の共通点を探した時
必ず挙がるのが”小顔”であるという条件。
小顔は無条件で女の子を可愛くみせる
すごく重要なポイントなんです♡

出典: weheartit.com

なれるものなら誰だってなりたい小顔。
一見難しそうに思えるけど、顔の中で最も簡単に変えられるポイントかもしれません。
小顔になるために鍛えるべき箇所が1つ。
表情筋?顎?
……いいえ、実はこっそり隠れた”舌”だったんです♡

”舌筋”が小顔に導く鍵♡

出典: weheartit.com

見落としがちな舌。
あなたは普段”舌筋”を使っていますか?

そう聞かれてもきっとわからないはず。
つまり舌筋は使っている実感がない隠れた筋肉なのです。
しかしこの隠れた舌筋こそが小顔に導く鍵でした♡

舌筋が小顔を作る理由

☆:代謝UP

出典: weheartit.com

どうして舌筋が小顔に導いてくれるの?

まずは舌の筋肉を鍛えることで代謝がアップするから。
代謝が高まれば自然と顔につく脂肪が取れやすくなります。

☆:舌の位置が上がる

出典: weheartit.com

小顔と舌の位置は大きく関係します。
そもそも舌は舌先が上前歯のすぐ後ろにあり、舌の広い部分が上アゴに軽くついている状態が正しい位置だと言われています。
しかし、舌の筋力が衰えると舌の重みに負けて重力とともに下がります。
舌が下がると同時に顔の筋肉が下がりだらしない顎、口まわりになります。

舌の筋力が衰えて舌の重みを支えきれなくなると、「低位舌(ていいぜつ)」と呼ばれる舌が垂れ下がった状態になり、歯やアゴなどの顔周りの成長から呼吸法まで様々な面に悪影響を及ぼします。

出典: nioi-lab.com

舌筋トレーニングの嬉しい効果

☆:口呼吸の改善

?size=l

舌を鍛えることで自然と口呼吸を改善することができます。
口呼吸は菌を取り込みやすい他に、顔の変形などブサイクになる原因にもなります。
口呼吸から鼻呼吸に変化させることで、すっと通った鼻になったりもします♪

口呼吸のデメリット

・風邪をひきやすくなる(菌が入りやすく、免疫力も低下)
・口臭、虫歯の原因
・睡眠不足
・歯並びが悪くなる
・アゴ、顔がゆがむ、口周りが緩くなる

出典: girlsrealhack.com

☆:歯並びの改善

出典: weheartit.com

悩んでいる方もきっと多いはず。
舌筋を鍛えることで歯並びまでも改善できるんです♡
歯並びが悪いとかわいい笑顔も勿体無い…。
さらに顔の歪みなどにもつながります。

舌筋が衰えて低位舌になると、上アゴの成長が滞って「凸凹の歯並び」になったり、「八重歯」や「出っ歯」になったりします。
さらに、下アゴや下前歯への負担が増して「受け口」になることも。

出典: nioi-lab.com

〜5つの舌筋トレーニング〜

出典: weheartit.com

5つのトレーニングで舌筋を鍛えましょう♡
簡単そうに見えるけど意外と次の日、筋肉痛になるんです!
やり過ぎ注意です!

①舌をリラックスさせます

出典: weheartit.com

まずは舌をリラックスさせるところからスタートします♡

①口を閉じ、その中で舌をぶるぶる震わせる
②舌を巻き舌にして声を出し、音を鳴らすように発声する

出典: www.xn--3-x58a000s.net

②舌を前に出すトレーニング

出典: rubeusu-trend.com

舌を前に出すだけでも結構きついはず。
普段いかに舌の筋肉を使っていないかを実感!

①舌先を口から出して前に伸ばします。
②そのままのポーズを10秒間保ちます。
③舌先を鼻の方に向けて伸ばします。
④口から舌先を突き出したポーズのまま今度は顔を上に上げるようにしながら舌先を曲げて鼻の方へ向かって伸ばし、伸ばしたまま10秒間ポーズを保ちます。
※この時、顔を上に向けるのは舌を伸ばしやすい角度であり、真上に顔を上げる必要はない。(45度斜め上くらいでOK)

出典: www.xn--3-x58a000s.net

③舌を左右に移動させるトレーニング

出典: news.nicovideo.jp

①舌を左に伸ばします。
②舌を右に伸ばします。
③そのまま口の周りをぐるりと一周させます。
④③と反対の方向に一周させます。
⑤これをできるだけ繰り返します。

④舌を口の中で動かすトレーニング

出典: www.palanquin-of-gem.net

口の外でしっかり舌を回した後は、口の中で軽く回します。

①口を開けます。
②顔を45度くらい上に上げます。
③舌先を上前顎の裏に当てます。
④舌先を下前顎の裏に当てます。
⑤舌先を右下奥歯に当てます。
⑥舌先を左下奥歯に当てます。
⑦3セット繰り返します。

⑤舌を正しい位置に戻します

出典: weheartit.com

①舌先を正しい位置(舌の先は、上あごの前歯に触れない程度のところに)につけます。
②舌全体を上顎に吸い上げます。
③5秒キープした後にポンッと音がするようにはなします。
④これを10〜15回繰り返し、1日2回行います。

このトレーニングを行うことで、自然と下の位置が正しいポイントで定着していきます。
普段の日常生活において、この位置を気をつけているだけでも自然と舌筋を鍛える事ができます♪

舌の先は、上あごの前歯に触れない程度のところに置くのが本来の正しい位置です。
舌全体は、上あごにすっぽりと納めるようにしましょう。
上唇は、上の歯の前に被さっている状態が正常です。
舌の位置が正しいところに置かれていない人は、この点を注意するだけでリハビリになり、
口腔周囲の筋肉を鍛えることができます。

出典: smile.iinoda.com

お家でこっそり舌を鍛えて、整形級チェンジ♡

出典: weheartit.com

ちょっと外でやるのは恥ずかしいトレーニングなので、お家でこっそり行って♪
舌を鍛えて、整形級の小顔に変身しましょう♡
”可愛くなった?””痩せた?”と言われること間違いなしです!


引用元 http://mery.jp/269033
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る