【世界が注目するアーティスト】2016年ユーロヴィジョンの実質クイーン「ダミ・イム」とは

【世界が注目するアーティスト】2016年ユーロヴィジョンの実質クイーン「ダミ・イム」とは.jpg

皆さんはユーロヴィジョン・ソング・コンテストをご存知ですか?
それは、EUで最大規模を誇り、長い歴史を持つ音楽の祭典。
そのファイナルが5/14日の夜〜15日深夜、スウェーデンで開催されました。

今年、その栄えあるコンテストを制したのは、ウクライナ代表の女性歌手ジャマラさん。
しかし、この結果に異を唱える声が、大会終了直後から続々と上がりました。

その理由は、彼女が歌った曲は反戦歌として有名だったため。

熾烈な国内予選を勝ち抜き、国を背負って出場したアーティスト達が、純粋に実力を競うのが同音楽祭のあるべき姿。
政治的な背景が見える優勝歌手に抵抗したくなるファンが多いのは事実で、筆者もその一人です。

受賞後に再熱唱したウクライナ代表、ジャマラさん


ジャマラさんの歌は、旧ソ連支配下のクリミア半島から先住民族タタール人が追放された時のことを描いた内容。曾祖母から聞いた体験を基に作ったという。その裏にはプーチン・ロシア大統領によるウクライナ介入への非難も込められているとの見方が強い。

出典:http://www.cnn.co.jp/

CNNの記事を読むと、審査結果に納得できない大多数の意見がよく分かります。

審査員投票では、オーストラリア代表歌手に大差で負けていたジャマラさんが、その後の視聴者投票でまさかの大逆転!
それだけ聞けば彼女が真の優勝者に思えますが、視聴者投票はネットや電話で誰でも投票できてしまいます。
そのため、実力重視の音楽ファンから反発の声が収まらないのです。

今回各国審査員票を最も集め、純粋な音楽ファンや筆者も、その実力を認める歌手がいました。
彼女の名はダミ・イム、オーストラリア代表で出場したアジア人女性です。

彼女が歌った『Sound Of Silence』(サウンド・オブ・サイレンス)は大会直後より、世界各国のi-Tuneダウンロード数が凄いことに!
今回は同音楽祭でアジア人初の2位に輝いた歌姫、“ダミ・イム”について特集します。

圧倒的な歌唱力!韓国出身のオーストラリア歌手、ダミ・イムとは?

オーストラリアの代表歌手として、栄えある2位に輝いたダミ・イム。
実は彼女、韓国の首都ソウルの出身なんです。

彼女こそ真のウィナーに思える素晴らしい歌唱をご覧ください!

アジア人のダミがなぜ、オーストラリア代表歌手に選ばれたのか?
決して平坦ではなかった彼女の、これまでの軌跡を調べてみました。

一見、平凡なアジア人女性が、素晴らしいミューズとなるまで

ダミ・イム(Dami Im)は1998年、韓国の首都ソウル生まれ。
母親がオペラ歌手のダミは、5歳の頃からピアノの英才教育を受けて育ちました。
そして9歳の時、家族でオーストラリア・ブリズベンに移住します。

当初、全く英語が話せなかったダミは、同級生からいじめられる辛い日々を過ごすことに。
そんなある日、彼女は学校でピアノ演奏を披露する機会があり、その日を境に周囲の彼女を見る目がガラッと変わったそうです。

TVの前で初めて披露したのは、難曲で有名な『Hero』

大学卒業後の24歳の時、ダミはオーディション番組”The X Factor Australia”に出場します。
その番組で予選を勝ち抜き、見事グランプリを獲得したのです。

彼女がテレビの前で初めて熱唱した、当時の貴重映像がありました。
初めて一般聴衆の前で歌ったとは思えないほど、伸びやかな歌声と堂々としたパフォーマンス!

あのカイリー・ミノーグの妹で、同番組審査委員を務めたダニー・ミノーグは、

「ダミの歌声はまるで心臓に突き刺さるかのよう!」と絶賛していました。

“アジア人がマライア・キャリーの名曲を歌う”。
審査員も観客も当初、期待していない様子が動画から窺えます。

しかし、大方の予想に反して素晴らしい歌唱を披露したダミ。
会場からの拍手喝采、スタンディングオベーション。
その光景はまさに、シンデレラを見つけたような気持ちになりますね。

あのカーペンターズの名曲をカバー

その後、Sony Musicと正式に契約したダミ・イムの最新曲はこちら。
あのカーペンターズの名曲をオリジナル・カバーしています。

特に“They Long to Be Close to You”は、必聴の価値アリ!
愛情あふれる歌声で優しく歌い上げています。
癒しの声でも音楽ファンを魅了していたのですね。

ソウルフルな歌声と、スケールに圧倒される『Super Love』

彼女の母国、韓国でもヒットした『Super Love』という曲。
ダミの力強い歌声が大地に響き渡る、壮大な曲です。

実は心ないファンや関係者から、目だけでもと、整形を勧められることが多い彼女。
ネガティブな声を気にせず、素の見た目で勝負するダミに共感するファンが多いそうですよ!

ありのままの自分で、勝負する姿が美しい!

音楽の持つ可能性を信じ、目の前の困難を乗り越え、夢を信じて奇跡を起こしたダミ・イム。
ユーロヴィジョン2位という結果は、彼女にとっては始まりに過ぎません。

日本でまだ無名な彼女ですが、音楽ファンならぜひ注目して欲しいアーティスト!
今回ピックアップしたMVで、彼女のミラクルボイスをチェックしてみてくださいね!


引用元 http://trilltrill.jp/enta/articles/70798
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る