オトコの本音!男性の言う「誰かいい子いない?」の“いい子”の真意とは?

オトコの本音!男性の言う「誰かいい子いない?」の“いい子”の真意とは?.jpg

男性側から「誰かいい子いない?」なんて、女性の紹介をお願いされたとき、皆さんは、どんな女性を紹介していますか?

自分が男性側になった気持ちになって、“この子を紹介されたら嬉しい!”と感じる女性を男性に紹介していることでしょう。
しかし実際その女性を紹介後の男性側の反応は、決してよくなかったことってありますよね。

よく、男の見る目と女の見る目は違うと言いますが、まさにこのように“いい子”だと思っていた女性が、意外に男性にとってはNGであるもの。

そこで今回は、男性の言う“いい子”とは一体どういう子を指すのかについて、ずはりお答えします。

いい子とは“雰囲気”がいい子

女性視点では一般的に“美人だから”“可愛いから”“友達多いから”“いつも明るいから”“ノリがいいから”などの理由で、彼女は“いい子”に該当するという定義がありますが、これらはすべての男性において該当するわけではありません。

なぜなら、異性の好みは千差万別。
美人は苦手、人付き合いの多い女性は苦手な男性がいるように、女性にウケる女性が、必ずしも男性にウケる“いい子”にはならないからです。

では男性が、どこを見てまずこの子は“いい子”だと判断するかというと、ひとつは“雰囲気”です。
何も話さなくても伝わる、相手の女性のもつ空気。
女性が醸し出すオーラを男性は見て、“いい子”かどうかを判断します。

雰囲気とは非常に抽象的なものですが、よく“言葉にできないよさがある女性が、男性にモテる”というのは、つまりはこういうことなのです。

いい子とは“色気”がある子

二つめのいい子とは、“色気”がいい子です。

恋愛の先には大人の付き合いがあるわけですから、男性にとって性の対象になる色気を感じるか、またその色気が自分の好みかどうかで、“いい子”と判断します。

しかしながら、色気というのまた千差万別。
女性視点でいう“スタイルがいいから”“胸が大きいから”“セクシーな服装だから”色気があるわけではないのです。

むしろ男性は上記で挙げた雰囲気と同様に、目にはっきりと見えない色気を好むもの。
それは女性の声、匂いであったり、ちょっとしたしぐさから感じた色気…。
服装や容姿のように視覚情報から得られる色気だけで、“いい子”と判断するわけではないのです。

いい子とは“フィーリング”があう子

三つめは、“フィーリングのあう子”です。

口下手な男性が、話し好きな女性を必ず好むわけではありません。
むしろ同じように静かな空気を好んだり、必ずしも自分にはない部分を埋めてくれる人を、フィーリングがあうとは判断しないのが男性。

ではどこで判断するかというと、男性は自然体で自分がいられる女性を、フィーリングがあうと判断してこの子は“いい子”だと感じます。

紹介してもらった少しの時間でさえ緊張が終始途切れず、会っている間の疲れが激しかったりすると、もうそれはフィーリングが合わない!と単純に思ってしまうのです。

“いい子”とは、目に見えない部分に判断基準あり!

自分自身が男性を紹介してもらったときに「え!」となるように、男と女の物事の捉え方は、一般的にまったく異なるもの。

男性に女性を紹介するときは、決して“女性視点のいい子”を押し付けないようにしましょうね。

TRILL読者から人気の恋愛記事!

「ありがとう」よりも効果的?男性のハートを鷲掴みにするLINEワード

恋人にするなら、どこまでならOK?大人のギリギリボーダーライン!

この差って何?モテる女とモテない女を分ける3つの境界線


引用元 http://trilltrill.jp/love/articles/74963
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る