TRILLのファッション講座!たくさん歩いても痛くなりにくい靴の特徴とは?

TRILLのファッション講座!たくさん歩いても痛くなりにくい靴の特徴とは?.jpg

ハイヒールは女の武器。
ONの時もOFFの時もずっと履いていたい。

でも、それでもやっぱり長時間履くと…本当に痛い!!
そもそもハイヒールは長時間履くものではないというセオリーもあるのです。

それでも出来るだけ長く履きたいならば、靴の選び方から入念にすることが大切。

今回は、歩いても痛くなりにくい靴の特徴をご紹介します。
ぜひ靴選びの参考になさってくださいね。

ハイヒールはなぜ痛むの?

ハイヒールは常につま先で全体の体重を支えています。
またスニーカーの歩き方と違って、足首の可動領域が狭いため足が疲れやすくなるのも足が痛む原因の一つ。

そして何よりも自分の足の特徴に合っていない靴を履いていることで、足を圧迫し疲れさせている方が多くいるのだとか。

逆にこの原因を出来る限り取り除けば、その分だけ快適に歩けるということ。
完全に痛みを取ることは不可能でも、出来るだけ歩いても疲れにくい靴を選ぶことはとても大切なことなのです。

疲れにくい靴の選び方

足が前に滑らずにジャストフィットしている靴

「ジャストフィットの靴は靴が足に馴染むまで痛いから大きいのを選んでいる」
いつもこのように靴をワンサイズ大きく買う方は要注意。
靴を履くときに靴の中で足が前に滑ったり、ヒールが浮いてパカパカするとその分歩きながら足に負担をかけてしまっています。

試着した際に、足が前に滑ることなくジャストフィットしており、かかともしっかりとフィット感を感じる靴を選びましょう。
まるで素足で歩いている…とまではいかなくても、足に力を入れたり窮屈さを感じないサイジング選びが何よりも重要です。

靴を履いて足の指がしっかり動かせる靴

ジャストフィットの靴と窮屈な靴は違います。
無理にジャストフィットな気がするといって窮屈な靴を選ぶと、二回目以降はその靴を履いて出かけたくなくなるという残念な結果になってしまうのです。
せっかく買った靴だから、たくさん活用したいですよね?

窮屈ではない靴。
それは、靴を履いた時に足の指がしっかり動くかどうか。

最近トレンドのポインテッドパンプスはつま先が尖っているため、足が自由に動く面積がとても狭くなっています。
可愛いからといって、ここを妥協してはいけません。
我慢していると外反母趾の原因になるので、必ず試着をし足の指を動かしてみてください。

滑り止めのインソールが入っている靴

良いブランドの良い靴には必ずある、履き心地の良いインソールは有るのと無いのとでは雲泥の差があります。

履き心地の良いインソールは足の重心が前に行くのを抑え、靴の中で足が遊ばない様にしっかり吸着してくれるのです。

また土踏まずに低反発クッションが内蔵されていて、歩くときの負担になりにくいかどうかも注目ポイント。

安かろう悪かろうではありませんが、靴だけはやはりそれなりに良いブランドで買うことをオススメします。
その方が結果として長持ちして使えることも多いのです。

ヒールとかかとの位置が同じ場所にある靴

足全体で体重を支えるのが理想。
ですがフラットやスニーカーと違い、ヒールが高い分つま先で体重を支えているので、足先への負担は相当なものに。

そうならない為にはどうしたら良いか。
それは足のかかとで体重を支えられるようにすること。
ヒールカーブがかかとにジャストフィットした靴が疲れにくいのはそれが関係しています。

ヒールが浮く靴は、ヒールの位置とかかとの位置がズレています。
そうすると足は前に滑ってかかと重心を支えられなくなり、全体の体重がつま先にいき疲れるということに…。

そのためかかとの真下にヒールがあることが絶対条件。
体重の負荷がつま先とかかとに二分されて楽になるのです。

良い靴は良い縁を運んでくれる

靴は人の縁を運んでくれる大事な大事なアイテム。
それは恋愛という意味でも仕事という意味でも同じです。

良い靴を履けばその分、一日元気でいられる。
良い靴を履けば、それだけ良い姿勢を保っていられる。
自分の自信は足元からつくられるといっても過言ではありません。

だからこそ長く履けて、たくさん歩いても疲れにくい靴を選ぶことをお忘れなく!

編集部が選ぶおすすめファッション記事!

TRILLのファッション講座!“白”を着るときに気をつけたいこと

FURLAのメトロポリスはまだまだ流行!ライターおすすめ最新カスタマイズ

イマドキは一枚で着るべし!コンサバ寄りにならないカーディガンコーデ


引用元 http://trilltrill.jp/fashion/articles/74849
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る