季節の野菜を食べると綺麗になる。夏だからこそ楽しめる4つの夏野菜レシピ

季節の野菜を食べると綺麗になれるの♡

出典: weheartit.com

野菜は一年中食べれますが、季節の野菜を食べると綺麗になれるって知っていますか?
季節の野菜はとっても栄養価が高くなります。

人気の夏野菜はどんな野菜なのでしょうか?

出典: news.mynavi.jp

人気の夏野菜ランキングはコチラ。
1位 トマト
2位 キュウリ
3位 レタス
4位 カボチャ

女の子に人気のトマトやカボチャがランクインしています。
3位にレタスが入っているのは意外な気もしますね!

『好きな夏野菜』ランキング
第1位/トマト…165人(54.5%)
第2位/キュウリ…145人(47.9%)
第3位/レタス…114人(37.6%)
第4位/かぼちゃ…113人(37.3%)

出典: news.mynavi.jp

美容効果もある夏野菜は今だからこそ食べてほしいもの♡
そんな綺麗になれる夏野菜レシピを集めました。
人気の夏野菜、1位~4位の野菜のレシピをご紹介します。

1位 トマト

トマトに含まれるリコピンは美肌効果が高いことは知っている人も多いのでは?
紫外線をたくさん浴びる夏こそ、意識してトマトを食べたいですね。

さらにトマトは、シミやシワなどを防ぎ、
ハリのあるプルプルなお肌にしてくれる効果もあるのです♡

若返りビタミンと呼ばれるビタミンE、なんとトマトに含まれる「リコピン」はその約100倍のアンチエイジング効果があるというので驚きです。
さらにお肌のハリと潤いを保つために必要なコラーゲンを増やす働きもあり、シワ、シミ、たるみ……などなど、老化サインからお肌を守ってくれます!

出典: googirl.jp

トマトを美味しく食べましょう♡

《トマトとツナコーンのグリル》
トマトは油と一緒に摂取するとリコピンの吸収率が上がるので美容効果もUPします♡トマトを丸ごと食べられるレシピです。

【材料】
・トマト 大2個
・ツナコーン缶 大2強(オイルごと)
・ブラックペッパー 適量
・ピザ用チーズ 適量
・パセリのみじん切り 適量 

レシピ

出典: cookpad.com

《冷製トマトスープ》
暑くて何も作りたくない時、食欲がない時におすすめのスープです♡
混ぜるだけで簡単にできちゃいます。

【材料】
・トマトピューレ 1パック(300g)
・牛乳 300cc
・エキストラバージンオリーブオイル 大さじ1
・白だし 大さじ3
・塩こしょう 少々
・きゅうり 1/4本

レシピ

出典: cookpad.com

《フレッシュトマトのカルボナーラ》
カルボナーラソースにフレッシュトマトをイン!ちょっと意外な組み合わせがクセになる、新感覚のスパゲッティです。

【材料】
・スパゲッティ1.7mm 200g
・カルボナーラソース 2人分(240g)
・トマト 大1個(約200g)
・粉チーズ 小さじ2
・粗びき黒こしょう 適量

レシピ

出典: cookpad.com

《シーチキントマトリゾット》
シーチキンと冷やご飯を使って簡単リゾットに。シーチキンの旨味を吸ったご飯は絶品です!フレッシュトマトの酸味も効いて◎

【材料】
・シーチキンLフレーク(70g缶)1缶
・玉ねぎ中 1/2個
・冷やご飯 200g
・水 300ml
・トマト中 1個
・塩 小さじ1
・粉チーズ 大さじ1
・パセリ(みじん切り) 少々

レシピ

2位 キュウリ

あまり栄養価が高くなさそうなキュウリはむくみを解消してくれるカリウムがたっぷり。
夏は冷房などで体を冷やしてしまったり、汗などで体の水分が少なくなりむくみやすい体になります。

むくんでいる体は太りやすくなってしまうのでキュウリを食べて、むくみ予防をしましょう。
カロリーが低いのも嬉しいですよね。

むくみ解消に良いと言われているのは単にカリウム含有量が豊富ということだけではなく、低カロリーでクセが無いことから摂取量自体を多く摂れること、水分含有量が高いので特に夏場に多いとされる「水分不足によるむくみ」=水分の補給がなされないため不要になった古い水分を体が溜め込んでいる状態の改善に有効であること、様々な要因が重なっての結果であると考えられます。

出典: www.slow-beauty.net

キュウリを美味しく食べましょう♡

《中華風たたききゅうり》
たたいて、もむだけの簡単レシピ。お酒のおつまみにもぴったりなレシピです。辛い味付けが好きな人は少し唐辛子を多めにしても◎

【材料】
・きゅうり 1本
・大根 5㎝
・赤唐辛子 1~2本
・ごま油 小さじ2+1/2
・しょうゆ 大さじ1
・黒こしょう 適量
・かつお節 適量

レシピ

《ごま味噌風味きゅうりの冷汁風 冷やしつけ麺》
冷たく、味噌をベースにした懐かしい味わいの冷汁。さっぱりとして食べやすい!きゅうりもたくさん食べれるレシピです。

【材料】
・きゅうり 2本
・味噌 大さじ2
・白ごま 大さじ5
・はちみつ 大さじ1/2
・木綿豆腐 1/2丁
・白だし(市販品) 1/2カップ
・氷水  1/2 カップ
・冷やし中華の麺 3〜4玉

レシピ

《茹で鶏ときゅうりの塩ナムルそうめん》
暑い日に食べたいさっぱりそうめん。ごま油の香りが食欲をそそるナムルがたっぷり。茹で鶏をトッピングして満足感があるのにヘルシー。

【材料】
・鶏胸肉 1枚
・生姜 2〜3枚
・きゅうり 1本
・塩 小1/2
・ごま油 大1
・そうめん 2束
・めんつゆ(2倍濃縮) 150cc
・水 50cc
・酢 大1
・白ゴマ 適量
・キムチ 適量

レシピ

出典: cookpad.com

《豚ときゅうりのさっぱり梅炒め》
豚バラときゅうりを炒めて蜂蜜梅とめんつゆでほんのり甘めのさっぱりな味付けに。お酒のおつまみにもぴったりです。

【材料】
・豚バラ肉スライス50g
・塩、ブラックペッパー少々
・酒小さじ1
・きゅうり1/2本
・梅干し小1個
・めんつゆ(2倍濃縮) 小さじ1
・白ごま小さじ1/2
・大葉1枚

レシピ

3位 レタス

レタスにはむくみにくい体を作ってくれる効果や、美白効果があるのです。
やっぱり、真っ白な肌に憧れる♡
そんな人はレタスを食べてみて。

レタスのレシピはサラダだけではありません。
レタスを美味しく食べられるレシピをご紹介します。

■高血圧を予防
レタスには、高血圧の原因となる不要なナトリウム(塩分)を排泄するカリウムやカルシウムが多く含まれ、高血圧を予防する働きがあります。
■美白効果
生き生きとした肌をつくるコラーゲンを生成したり、シミやシワの元となるメラニンの生成を抑えるビタミンCが含まれています。

出典: www.skincare-univ.com

レタスを美味しく食べましょう♡

《レタスのリゾット》
捨てがちなレタスの外側を使った綺麗な色のリゾット。シンプルな味付けで飽きの来ない味わいです。

【材料】
・お米 140g
・玉ねぎ 小4分の1
・ベーコン 20g
・レタスの外側の青い葉(千切り) 60g
・水+コンソメ 600cc
・バター 10g
・パルメザンチーズ 大匙2
・塩、胡椒、オリーブオイル 適量

レシピ

《しゃきしゃきレタスと生ハムのわんぱくサンド》
レタスを1/4玉分ぎゅぎゅ~っと詰め込んだ朝から食べれるヘルシーでボリューミーなサンドウィッチです。

【材料】
・食パン(8枚切) 2枚
・生ハム 2~4枚
・レタス(粗千切り) 1/4玉分
・半熟卵 1個
・リコッタチーズ(又はクリームチーズ) 大さじ1
・パプリカパウダー ふたふり
・ハウス香りソルト 4種のペパーミックス 適量

レシピ

《レタスと鶏ささみサラダ》
熱したごま油でレタスがしんなりしてたくさんレタスが食べられちゃいます。食欲がなくなる夏でも、ごま油の香りで食欲がわきます♡

【材料】
・レタス 4〜5枚 4〜5枚
・鶏ささみ 1〜2本
・塩 少々
・酒 大さじ1
・白炒りごま 小さじ1〜お好みの量
・ごま油 大さじ1 
・しょうゆ 小さじ2
・酢 小さじ2
・砂糖 小さじ1〜1と1/2
・塩 少々

レシピ

出典: cookpad.com

《レタスの豚肉巻き》
シャキシャキした食感のレタスでお肉もぺろりと食べれちゃいます。お弁当のおかずにもぴったりなレシピです。

【材料】
・豚薄切り肉18枚ほど(320gくらい)
・レタス1玉
・生姜(みじん切り) 薄切りにしたのを5枚分
・醤油大さじ2
・酒大さじ2
・オイスターソース 大さじ1
・ごま油 適量

レシピ

4位 カボチャ

夏~秋にかけて旬を迎えるカボチャ。
カボチャには、”若返りのビタミン”と言われるビタミンEがたっぷり含まれています。
また、冷え性改善にも効果的です。

かぼちゃは100gあたり4.9mgと野菜類トップクラスのビタミンE含有量を誇ります。ビタミンEは抗酸化作用のある「若返りのビタミン」としてよく知られていますが、末梢血管を拡張することで血液循環を整える働きもあり、血行不良による冷え性や肩こり・頭痛などの改善にも役立つとされている栄養素です。

出典: www.slow-beauty.net

カボチャを美味しく食べましょう♡

《かぼちゃのスイートビネガーマリネ》
さっぱりして食べやすいレシピです。見た目もお洒落なので女子会にもぴったりなレシピです♡冷蔵庫で冷やすととっても美味しいです。

【レシピ】
・かぼちゃ 1/4コ
・にんにく(半割りに) 3コ
・オリーブオイル 大さじ2
・ローズマリー 1~2枝
・白ワインビネガー(もしくは米酢) 100cc
・ブラウウンシュガー(きび砂糖) 大さじ1
・水 小さじ1

レシピ

《かぼちゃときの子の和風ツナクリーム春雨》
ダイエット中でも食べられちゃう500カロリー以下レシピです。カボチャと豆乳とチーズで満足感もあります◎

【材料】
・春雨(緑豆)茹で後 50g
・ツナ缶(オイル漬け) 大さじ1(20g)
・かぼちゃ(サイコロ状にカット) 100g
・しめじ 150g
・玉ねぎ、プチトマト 適量
・白ワイン(酒) 大さじ1
・昆布つゆ 大さじ1
・豆乳or低脂肪乳 250~300ml
・粉チーズ 大さじ1弱(4g)

レシピ

《かぼちゃスープ》
かぼちゃのみのシンプルなスープ。裏ごしをする事で滑らかな絶品スープになります。濃厚なので満足感もばっちり◎

【材料】
・かぼちゃ 150g
・薄力粉 小1〜
・牛乳 300cc
・バター 10g
・固形コンソメ 1個

レシピ

《まるごとかぼちゃのカレークリーミーグラタン》
かぼちゃをまるごと器に使って見た目も可愛いレシピです♡
夏らしくカレー味のグラタンを詰めてチーズをかけて焼いたレシピです。

【材料】
・かぼちゃ 1個
・にんにく 1かけ
・厚切りベーコン 60g(5mm幅)
・しめじ 1/2束
・ミックスビーンズ 1袋
・オリーブオイル 大さじ1
・ホワイトソース 300g
・カレー粉 小さじ2.5
・塩胡椒 適量
・とろけるチーズ 適量

レシピ

食べて、綺麗になるの♡

出典: weheartit.com


引用元 http://mery.jp/265619
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る