願い事は考えた?七夕当日は、可愛い「そうめんレシピ」で願いを叶えよう

願い事は考えた?七夕当日は、可愛い「そうめんレシピ」で願いを叶えよう.jpg

七夕が近づいてきました!
みなさんは、毎年どのように過ごされるのでしょうか。

七夕の起源でもっとも有名なのは”ひこ星様”と”おり姫様”の伝説。
7月7日に天の川を渡って二人が会えるというストーリーは、中国で生まれたと言われています。

今年は、七夕らしいお料理をつくって、家族や友人、恋人と自宅で過ごしてみるのも良いですよね。
今年の7月7日は木曜日で平日。
そこで、仕事帰りでも簡単に作れるそうめんレシピをご紹介します。

七夕のおすすめメニュー「そうめん」

七夕は、ひな祭りや端午の節句に並ぶ節句のひとつでもあり、そうめんを食べる風習があります。
そうめんは、平安時代にもすでに食べられていたと言われており、当時はお供え物として使用されていたようです。

諸説ありますが、天の川や、おり姫の機織りの糸に見立ててそうめんを食べることが多いのだと言われています。

七夕を盛り上げるひと工夫3選

そうめんといえば、夏の食べ物というイメージが強いですよね。
夏バテなどで食欲を無くしやすい夏でも、冷たくして食べるとツルっと食べられてしまうということもあるはず。

さっと茹でて手軽に食べられるというメリットもありますが、七夕では、ひと工夫を加えてすこし特別なお料理にしてみましょう。

① 型抜きをつかって野菜を演出する

七夕といえば、星はとても重要。
そこで、きゅうりやニンジンを星型にくり抜いて、飾り付けるだけでも一気に華やかになります。
ほかにも、卵や、ハムをくり抜くのも良いですね。

もともと星型に近いオクラも、薄く刻んでみるとかわいらしいですよ。
恋人や友達同士でも楽しみながらトッピングできるのが魅力的です。

② エビやイカの魚介類で、普段より豪華にする

普段は、そうめんをさっと茹でて麺つゆで食べる、という方も少なくないかと思います。
年に1度の七夕だからこそ、エビやイカのシーフードを合わせてみるのはいかがでしょうか。

肉類より、さっぱりと味わうことができ、麺つゆにも合います。
冷凍のものを使用したり、さっと茹でて火を通しておくだけで、そうめんと麺つゆと一緒に食べると豪華が食事に早変わりです。

③ 器にこだわる

七夕気分を味わうためには、盛り付けが肝心。
そこで、普段使うような深めの器ではなく、平たい器を使ってみてください。

そうすることで、天の川をイメージした盛り付けがしやすくなります!
星型にくり抜いた野菜や、卵、ハム、シーフードなどの具材を色鮮やかに散らすだけで綺麗な夜の天の川を演出。

青系の器があると、夜に見立てることができるのでぴったりですよね。

また、浅い器に盛っておくことで、食べ過ぎ防止にもなります。
七夕でイベントだからとついつい食べ過ぎてしまうこともないので安心です。

七夕は素敵な盛り付けで楽しんで

七夕には他にもちらし寿司を食べる家庭も多いようですが、今回は、昔からの風習と言われているそうめんでのアレンジ方法をご紹介しました。

平日夜でも簡単にできて、ヘルシーなので次の日も胃もたれを心配せずにいられる優れものでもあります。

七夕には、ぜひひと工夫加えたそうめんを家族や友達と楽しみながら、短冊に願いを書くのも忘れずに。

編集部イチ押しのTRILLの記事!

ローラもおやつ代わりに。「ひまわりの種」に隠された美容効果とは?

アースカラーがブーム!山ガールに見えない都会的着こなし術

恋は「3年目」が勝負?ベテランカップルが経験している3つの壁


引用元 http://trilltrill.jp/lifestyle/articles/76490
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る