囲うより放任がカギ。余裕ある大人女性の恋愛ルールとは?

囲うより放任がカギ。余裕ある大人女性の恋愛ルールとは?.jpg

頑張っているわけではないのに、なぜか追いかけられる。
特別意識していないけど、愛され上手。
そんな女性っていますよね。

若かった時は好きな人を追いかけている自分が好きで、恋している自分に酔いしれていた…。
しかしワンランク大人になったアラサー女性には、もっと余裕のある恋愛が必要なのかもしれません。

追うから逃げたくなる

女性は依存心が強い反面、男性は自由を愛する気持ちが強いと感じます。
好きになると“もっと自分を見て欲しい!”そんな気持ちになることでしょう。

「なんで既読なのに返事がないの?」
「次のお休みはデートでしょ?」
と相手の空いている隙間をどんどん埋めてしまっては、どんなに好きでも息苦しくなってしまいます。

人間は追いかけられたら逃げたくなるもの。
それが自然であり、人間の条件反射だと思うのです。

その法則が見えているならば思い切って、放任してみてはいかがでしょう?
一旦自分からの連絡は何日かしない、デートの約束もこちらから持ちかけない。
今よりもっと大きくて広い範囲で彼を放任してみてください。

無関心になるという意味ではなく、もっともっと広く自由にさせてあげることが大切なのです。

心配なのは自信がない証拠

囲いたくなったり、彼がいないと不安!と思う気持ちはどこから始まるのでしょうか。
それは“本当は自分に自信がない”という依存心からくると思います。

もちろん人間は一人では生きていけないし、弱くて脆い生き物。
しかし一人の足で立てなくなってしまうのは、イエローカードだと感じます。

彼がいるから頑張れる!のではなく、自分が頑張るから彼が引き寄せられる
あくまでも自分が毎日楽しめているか?を心に聞いた上で、選択してみてください。

どうしても彼が気になってしまう!という気持ちが取り除けないのならば、他に夢中を分散させることも大事なことだと思います。
あえて一人の時間を取ってみる、習い事を始めてみる、友達と遠出してみる。

興味を他に向けることで、彼への依存心が分散されていくのではないでしょうか。

信頼して待ってみて

「放任する」という意味が捉えにくい時は、いつもより待つ時間を多くとることから始めてみましょう。
そして根掘り葉掘り仕事のことや、交友関係のことなどを聞かないこと

私は男性へ接する時のマイルールみたいなものがあります。
聞くところと聞かないところの区別しているんですよね。

関心を持って聞く話題と、あまり触れない部分の差を意識しています。
それは男性ならではのプライベートスペースが存在するからです。

女性はなんでも共有したい!という思いが強いので、仕事のことや彼氏のことなどを日常的に話すことでしょう。
一方男性は、あまり踏み込んで聞いて欲しくない部分が女性に比べて多く繊細です。

その区別がうまくできずにどんどん相手の心に入っていくと「疲れる女」になってしまう原因に。
まずは相手から話してくれるまで、待ってみてくださいね。

自分では囲っているつもりはないと感じていても、相手が囲われていると感じたらそれは直すサイン。
「また後でね」「ちょっと疲れてるからさ」など彼の口癖がネガティブに変わり始めたら、一度彼のことを考えるのは一休みしてみましょう。

またしばらくしたら、きっとあなたの所へ戻って来ると思いますよ。

チェックしておきたい恋愛記事はこちら!

元キャストが解説!大人カップルのディズニーデート攻略法

賢い女になろう!忙しい彼と上手に付き合い続けるには?

いつまでそのままでいるつもり?結婚を遠ざけている3つの原因


引用元 http://trilltrill.jp/love/articles/74862
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る