アンガーレスですこやかな毎日を。怒りの感情を格段に軽減させるたった3つのコト

怒ってしまう…

出典: weheartit.com

怒りたくないのについついカッとなって
怒っていることってありませんか?

怒ってしまった後にとっても後悔…
なんていうのが何回も…

自分は短気なんだと思っている方!
怒ってしまうのは予防できるんですよ。
怒らない素敵な女性になりませんか?

変えられるモノって…?

出典: sprousetwinsblog.tumblr.com

社会の仕組みだって、人だって
大好きな彼だって自分には変えられません。

しかし、確実に変えられるものが一つ…
それは「自分」なんです。
相手は変えられないけれど、
自分は自分で変わる事が出来るんです。

怒る原因を作る相手ではなく
怒ってしまう自分を変えてみましょう。

出典: breitefantasie.tumblr.com

怒る原因を相手に押し付けていませんか?

ですが、怒るのか怒らないか
結果的に決めているのは「自分」なんです。

怒る前に、一回深呼吸して
怒るかどうか冷静に決めてみてはいかがでしょうか。

▽正しい深呼吸の方法▽

1、まず口から息をゆっくりと吐いて、
お腹(肺)の中の空気を、
しっかりと出し切りましょう。
息を吐く時間は、10秒くらいかけて。

2、続いて、ゆっくりと5秒くらいかけて、
鼻から息を吸い込んでいきます。

息を吸い込んだら、5秒ほど息を止めて
1へに戻っていきます。

出典: zensinarunomi.net

怒ってしまったら…

出典: weheartit.com

いきなり「怒らない」
というのは難しいはなしですよね。

ですから、今回は怒ってしまったら
どうすればいいのかをご紹介します。

第一感情を伝える

出典: weheartit.com

第一感情というと例えば
「彼が女の子と一緒に出掛けた」
という出来事に対して、怒りより前に
「寂しい」や「不安」があるはずです。

ですから、いきなり怒るのではなく先に
「女の子と出掛けると、心移りしてしまうのではないかと不安になるし、寂しい」
と伝える事で怒っている原因を
相手に確実に伝えることができるんです。

出典: holdurheadup.tumblr.com

カチンっと怒ってしまったら、
いきなり怒りを相手にぶつけるのではなく
「第一感情」をきちんと相手に伝えましょう。

第一感情とは、怒りより前に湧き出る
「一番最初の感情」のことです。

出典: pincess-of-persia.tumblr.com

相手に自分の考えを伝えられるという利点
だけでなく、自分も冷静になれます。

悩み事などを人に相談しているうちに
段々自分の中で感情の整理がついて、
モヤモヤがすっきりする事ってありますよね。
それと同じ事が起こるんです。

怒った事をメモする

出典: breitefantasie.tumblr.com

次に、怒ってしまった事を記録する
「アンガーメモ」をつけましょう。

アンガーメモをすることで
怒りをためこまずにすみます。
また、アンガーメモの最大の利点は
「自分の怒りのパターンが知れる」
という事なんです。
自分がどういう状況下に置かれたら
怒りの感情が生まれるかが把握でき、
その状況にならないように工夫できます。

アンガーメモに書くことは

□怒った日にち
□怒った相手
□怒った原因となった出来事
□怒った理由

こと細かく書かなくても
とにかく書くことが大事なんです。

楽しいアンガーメモに

出典: pincess-of-persia.tumblr.com

どうせメモするなら
自分だけのこだわりの一冊を見つけてみてはいかがでしょうか?
それだけで、走るペンは軽やかになるはず。

上質紙滑らかな書き味のダブルリングノート 商品

上質紙滑らかな書き味のダブルリングノート

¥500

【無印良品】上質紙を採用した書き味にこだわったシンプルな一品。

スリムノート A5 商品

studio CLIP / ノート

スリムノート A5

¥432

可愛らしいシロクマが怒りを少し沈めてくれるかも…

短冊型メモ 商品

短冊型メモ

¥100

【無印良品】四コマ漫画をかけそうなデザイン。四コマ漫画で「怒り」を「笑い」に変えてみるのもいいですよね。

出典: hidden–illusions.tumblr.com

そして、溜まったら読み返してみます。
冷静になって読み返してみると…
怒る必要のなかった場面がわかります。

また、上記で述べたとおり
自分がよく怒る状況がわかります。
その状況を避けるも手ですし、
状況が避けられない時でも心構えができます。

ハッピーな毎日に…

出典: weheartit.com

怒らなくなれば、自分も周りも
毎日がハッピーになるはず。
一度、怒りを忘れてみてはいかがでしょうか?


引用元 http://mery.jp/259886
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る