結婚後も働きたい!そんなバリキャリ女性が選ぶべき将来のパートナー像

結婚後も働きたい!そんなバリキャリ女性が選ぶべき将来のパートナー像.jpg

「結婚したら女性は家庭に入る」というのは、いまやひと昔前の古い考え。
昨今では、結婚後も独身時代と変わらずにバリバリと働く女性もたくさんいます。

とはいえ、世の男性のなかには、いまだに女性が家庭に入ることを望む人も少なくはありません。
バリキャリ志望の女性にとって、そのような男性がパートナーだと結婚生活にも問題が生じてしまうのではないでしょうか。

それなら、共に働き、支え合える男性を探してみましょう。

バリキャリ女性が選ぶべき男性像とは?

男と女で物事を区別しない

無意識のうちに「これは男の仕事だから」「もっと女らしくしろ」と男尊女卑の発言をする男性だと、「男は外で働き、女は中で働く」という考えを持っている可能性があります。

当然、結婚後に女性が働きに出ることも快くは思わないでしょう。

結婚後もバリバリと仕事をこなすためには、男女を区別することなく、ひとりの人として相手を見られる男性をパートナーに選ぶべき。

男と女で物事を区別しない男性であれば、女性が働きに出たり、男性が家事を手伝ったりすることにも不満を抱いたりはしません。

否定語を使わない

会話のなかで「でも」「だから」を頻繁に使うのは、自己主張の強さの表れ。
このような否定語をよく使う男性は、たとえ自分が間違っていても、自身の非を認めることをしません。

きっと、結婚後も働く女性に対し、少しでも不満を抱けば、「だから働いてほしくなかったんだ」と、自分に都合の良い言い訳ばかりを並べてくることでしょう。

結婚してからもバリキャリを目指すのであれば、否定的な考えを持つ男性ではなく、常に前向きな姿勢を持つ男性をパートナーに選びましょう。

夫婦間で問題が生じても、前向きに解決策を考えることができる男性だと、女性側の気持ちや意見もしっかりと受け止めてくれるはずです。

ひと通りの家事ができる

結婚するまで実家暮らしをしており、身の回りの世話をすべて母親に任せていた男性だと、無意識のうちに家事=女性がするものだと考えている可能性があります。
結婚して自分の家庭を持ったあとも、女性だけに家事を押しつけてくることになるかもしれません。

その反面、実家で家事を担当していたり、ひとり暮らしの経験があったりする男性は、結婚生活において心強い存在となります。

家事の大変さを理解しているからこそ、料理や洗濯を始めとした仕事を女性だけに任せることなく、進んで協力してくれるはずです。

そのような男性とであれば、お互い働きながら、家事も分担するという理想の家庭を築いていけます。

積極的にコミュニケーションが取れる

結婚後にお互いが働きに出ていると、その多忙さから、ときにすれ違いが生まれることもあります。
最悪の場合、それが離婚の原因を作る可能性だってあるのです。

せっかく結婚後も仕事を続けられたとしても、夫婦関係に支障をきたしていては意味がありません。

結婚後も働く女性にとって、パートナーとの積極的なコミュニケーションは今まで以上に大切になってきます。

離れていても電話やLINEでしっかりとコミュニケーションを取ってくれる男性であれば、すれ違いの不安もなくなるのではないでしょうか。

家庭も仕事も両立させよう

結婚後もバリバリ働き、キャリアを積む女性はたくさんいます。
決して、結婚したら家庭に入らなければいけないなんてことはないのです。

そんな働く女性としての夢を叶えるためにも、自分を応援してくれるパートナーを見つけてみましょう。

お互いに支え合っていける関係ができれば、家庭も仕事もうまく両立していけるはずです。

TRILL読者から人気の恋愛記事!

私ってもしかして…こじらせてる!?彼に負担をかける女性の共通点を徹底分析!

彼の好意に気づいてあげて!男性が好きな女性の前でさりげなく見せる5つの行動

どんなルックスでも大丈夫!男性からモテるために必ず必要な要素はたったの2つ♡


引用元 http://trilltrill.jp/love/articles/73262
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る