雨が降る朝、痛くなる。低気圧からくる体の不調を改善する5つの方法

起きたら、なんだか具合が悪いな…

出典: weheartit.com

朝、起きたらなんだか体の調子が良くない…

それは、もしかしたら低気圧からくる体の不調かもしれません。
気象病と呼ばれることもあり、
頭痛や体のむくみ、肩が痛くなるなど色んな症状が出ます。

V99d1igg_normal

修行僧ゅん@ryunryunry

低気圧の頭痛は天気予報より正確だよね…

2016-06-03

J9ihzsl7_normal

めと(meth)@meth2480

低気圧頭痛っぽい、明日天気が悪いのかなぁ。あまり仕事が進まなかったけど就寝(˘ω˘;

2016-06-03

なぜ、低気圧によって具合が悪くなるの?

出典: weheartit.com

低気圧によって頭蓋骨内の圧力や血圧が影響されることが原因なのだとか。

偏頭痛持ちの人は比較的起こりやすいそうです。
しかし、いつもは平気という人もその日の体調によっては症状が出ることも…

低気圧によって頭蓋骨内の圧力や血圧が影響を受けることで、体に異常が生じ、頭痛の原因が生み出されてしまうからです。
特に、低気圧頭痛は偏頭痛と痛みが生じるメカニズムが似ていることから、偏頭痛持ちの女性は特に頭痛が起こりやすいと考えられています。

出典: igot-it.com

低気圧から来る不調を改善する5つの方法

出典: weheartit.com

もし、低気圧からくる体の不調を感じたらなるべく早く対処したい。
そんな時の対処法をご紹介します。

今回は薬などは使わない、誰でも出来る方法を集めました。

♡1 冷やす

出典: weheartit.com

頭痛なら頭。肩が痛いなら肩を。
痛い場所を冷やしてあげましょう。

低気圧からくる不調の場合、血圧などが原因のため冷やした方が痛みが弱くなるのだとか。

温めて血行を良くしたほうがいいのではないかと考えがちですが、偏頭痛は血管が拡張するために起こるため、冷やしたほうが痛みは和らぎます。

出典: lbr-japan.com

♡2 コーヒーを飲む

出典: weheartit.com

カフェインって体にあまり良くないイメージですが、
低気圧が原因の時はコーヒーや紅茶などカフェインを含んだものを飲みましょう。

カフェインには血管収縮作用があるので、早く症状を抑えてくれます。

軽い片頭痛なら、頭痛が始まった時にコーヒーなどカフェインを含んだものを飲むと症状が軽くなることがあります。
コーヒーに含まれるカフェインには、血管収縮作用があるので拡張した血管を抑える効果を期待できます。

出典: www.voodooteq.com

♡3 マグネシウムとビタミンB2を摂取する

出典: weheartit.com

食事を取る時は、血行が良くなる食材を食べるのがおすすめ。

ポイントは、マグネシウムとビタミンB2を含んだ食材をたべること。
ごはんなら、納豆やゴマ、海苔をプラスして。
おやつなら、アーモンドやピーナッツなどのナッツを選びましょう。

ナッツなどは片手に乗るくらいの量が適量です。

食事から「マグネシウム」と「ビタミンB2」を摂取すると血行が良くなり症状を改善できます。

(マグネシウムを多く含む食品)・・ごま・アーモンド・味付け海苔・落花生etc
(ビタミンB2を多く含む食品)・・納豆・いかなご・レバー・焼きのりetc

出典: hapila.jp

♡4 ツボ押しをする

出典: weheartit.com

実は頭痛を軽減させてくれるツボがあるのです。

忙しくて休む暇がない。外出先で頭痛が始まった…
そんな人はツボを押しましょう。
ツボ押しならどこでも簡単にできちゃいますね。

頭が痛くなった時などに、首筋やこめかみなどを手の指で押した経験はありませんか?人はけっこう、体の異変などがあった場合、無意識にツボを刺激したりすることがあるみたいですね。実は、偏頭痛を改善してくれるツボがあるのです。

出典: health-to-you.jp

百会(ひゃくえ)

出典: headache.nanapipi.com

頭のてっぺんにあるツボの百会(ひゃくえ)。

中指で爪を立てないように優しく押してください。
頭がすっきりして気持ちがいいですよ。
気分をリフレッシュしたいときにも◎

百会は頭頂部にあるツボで、頭頂を通貨する形で両耳を結んでみると、眉間あたりから真後ろの後頭部に引く正中線が交わるあたりに存在します。

刺激する方法としては、「両手の中指で優しく押す」というのが効果的です。力は体の主軸に対して平行にかけるのが良いでしょう。

出典: headache.nanapipi.com

太陽(たいよう)

出典: www.biyoshinkyu.net

こめかみの近くにある太陽(たいよう)というツボ。
目を閉じてゆっくり刺激してみて。
目のだるさも取れます。

目尻と眉尻の真ん中から、やや(2cm程度)後ろ側にあります。こめかみよりすこし目尻寄りの位置になります。
※ツボは左右対称の位置にそれぞれあります。

出典: www.biyoshinkyu.net

天柱(てんちゅう)

出典: zukishirazu-mi.seesaa.net

首の後ろにある天柱(てんちゅう)というツボ。
頭が重い時に刺激すれば楽になります。
頭に繋がる首をほぐすことで、低気圧が原因の頭痛を和らげてくれます。

ぼんのくぼみ(首の後ろ側の中心、頭蓋骨の下のくぼみ)の少し下、指一本分ほど外側にあります。
押すと心地の良い痛みを感じます。

出典: zukishirazu-mi.seesaa.net

印堂(いんどう)

出典: eye-media.jp

眉の間にある印堂(いんどう)というツボ。
偏頭痛は頭の前の方がズキズキ痛みますよね。
そんな時にこのツボを押してください。

眉間には“印堂”と呼ばれるツボがあります。印堂は、親指と人差指を使ってゆっくりと押してあげてください。印堂もまた、偏頭痛の痛みを和らげる効果を期待できます。

出典: health-to-you.jp

♡5 ストレッチをする

出典: weheartit.com

低気圧によって血流が悪くなることが原因なら、血流を良くすればいいのです。

体を動かすことで血流を良くする事が出来ます。
頭痛がする時に運動するのはちょっと辛いので、
お家でできる簡単な体全体を動かせるストレッチをご紹介します。

低気圧=血流・リンパ循環不良 → 体調不良というメカニズムだったのです!

血流・リンパ循環不良が原因ですので、対処としては血流を上げる為に「軽い運動」や「ストレッチ」、「ゆったりとした入浴」が効果的でしょう。

出典: is-work.com

腰、前後ストレッチ

出典: ananweb.jp

上半身の位置はそのまま、腰を前後に動かすイメージで行うストレッチです。
体の中心である骨盤を動かすことで血流が良くなります。
鏡を見ながらやると、体勢を崩さず出来ます。

① 腰を前に突き出し、骨盤を前に傾ける。この姿勢を10秒キープ。
*脚は肩幅に開く
*肩は動かさない
*腰だけを前に動かす
*ひざは少し曲げておく

② お尻を突き出し、骨盤を後ろに傾ける。この姿勢を10秒キープ。
*上半身の位置はキープ
*腰だけを後ろに動かす
*お尻の筋肉をギュッと絞める

出典: www.otona-beauty.com

壁ドンストレッチ

出典: news.merumo.ne.jp

壁があればどこでもできちゃうストレッチ。
普通に体を伸ばすよりも、壁を押すことでしっかりストレッチ出来ます。
トイレの中でも出来ちゃうのでお出掛け先でやるのも◎

(1)壁から少し離れてまっすぐに立つ
脚を肩幅ぐらいに開き、壁から少し離れたところに立ちます。膝は軽く曲げてもOKです。

(2)両腕をバンザイして壁に手をつく
両手のひらを肩幅より広げた状態で腕を上にあげ、壁の高いところに手をつきます。

(3)おじぎをするように前屈!
息を吸いながら背筋を伸ばし、息を吐きながら両手の間に頭を入れるように前屈します。背筋が伸びているのを意識して行いましょう

出典: news.merumo.ne.jp

ベッドの上でストレッチ

出典: baby.goo.ne.jp

お腹を上に引き上げるイメージでストレッチします。
大げさなくらい腰を大きく動かすのがポイント。
体がぐ~っと伸びて気持ちがいい!

1)仰向け寝て、両膝を立て、目を閉じて、自分の体を感じます。肩はリラックス。息を吸うときはお腹を膨らませ、骨盤を恥骨方向に傾けます。腰は床から浮くまで反って。

2)息を吐くときは腹筋を使ってお腹をへこませ、骨盤をみぞおちのほうに傾けます。その勢いで上半身は首の後ろが長く伸ばされ、あごを引いたような姿勢になります。

1→2を繰り返し数回行いましょう。

出典: baby.goo.ne.jp

腰ひねりストレッチ

出典: saita.net

足を曲げ、体をひねります。
腰をしっかりひねることで体が伸びます。
背中全体が伸びるのでおすすめです。

正座をして、両手を肩幅に開いて前につき、右足を後ろへ伸ばします
肩を左方向へひねり、右ももの前側が伸びていることを意識しながら10秒キープ。

左右各3回。

出典: saita.net

ガニ股ストレッチ

出典: rism-acu.com

足を大きく開き、腰を落とします。
肩をグッと中に入れるようにストレッチします。
このストレッチは背中全体を伸ばす事が出来ます。

【ストレッチのやり方】
1.足を大きく開いて腰を落とします。膝が内側を向かないよう気をつけて。
2.両手を膝の上に置いて、どちらか一方の肩を前方へひねりながら倒していく。肘を曲げないように。
3.反対も同じようにやる。

出典: rism-acu.com

もう大丈夫♡

出典: weheartit.com


引用元 http://mery.jp/249614
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る