デキ女はやってるビジネス習慣。名刺交換の一工夫&マナー術!

デキ女はやってるビジネス習慣。名刺交換の一工夫&マナー術!.jpg

仕事での必需品、名刺。
どんな人なのか?どこの会社にお勤めなのか?など、初対面の会話切り口が弾みやすいのが名刺交換の時だと思います。

名刺交換がきっかけで仕事が回ってくる、なんてことも。
しかし無意識に失礼な名刺交換をしていたり、その後のアフターフォローの違いで結果が変わっているかもしれません。

そこで今回はご縁を繋げるためのビジネスマナーをご紹介していきます。

目下から先に名刺を渡す

営業先や訪問先など、自分が目下になるときには名刺を先に渡しましょう。
初めてで緊張してしまってドキドキ…!している間に、相手方から差し出されてしまうという状況は避けたいところ。

スムーズに名刺が取り出せるように、決まった場所に入れておくなど一工夫すると◎。
また座っていた場合にも、名刺交換は立って行うことがマナーです。

訪問先で「少々お待ちください」と座って待っていても、相手方が見えたら起立してご挨拶を。
テーブルなどを挟まずに、渡す相手方の近くまで歩み寄ることもお忘れなく。

「あ、この人スムーズで礼儀正しいな」
という第一印象をつけるのは、この少しの差が生み出すのかもしれません。

受け取る時には名刺の四隅を持って

自分の名刺を渡し終わったら、相手方の名刺を受け取る番です。
ここで気をつけたいポイントは、名刺に書かれている会社名やロゴなどを手で隠してしまわないこと。

出来立ての写真を持つイメージで名刺の四隅を持ち、「頂戴いたします」を一言添えましょう。
またここでお名前や会社名が読みにくい表記の場合は、「恐れ入りますが、何とお読みしたら良いですか?」などお伺いたてるのが◎。

この聞くタイミングを逃してしまうと、後からは聞きづらくなる原因にも。
名刺に読み仮名が振っていない場合などは、積極的に質問することが会話の切り口にも繋がります。

曖昧にしておくより、はじめに解決しておく方がスマートな対応と言えそうです。

名刺から始まる会話

私が個人的に大切にしていることは、名刺を頂いた時からの会話。

《名刺に載っている情報》
・会社名や屋号
・住所
・名前
・肩書きや役職
・ロゴ
・連絡先

名刺情報を見たら、質問できることをたくさんしてみましょう。
待ちのスタイルよりも、積極的に質問を投げかけることが弾む会話のポイントです。

住所を見て自分が知っている土地柄だったら、ローカルな話題を出してみる。
会社のロゴが素敵だったら何をモチーフにしたのか?を聞いてみる。

肩書きや役職などについて詳しく聞いてみるなど、一枚の小さな名刺からたくさん会話を生み出すことができるのです。

人は共通点が多いということに親近感を抱きます。
名刺からの切り口で会話が弾むことができれば、趣味などのプライベートな事を聞いてもOK。
共通の趣味などを見つけ出す事で、今後のコミュニケーションも円滑になるチャンスなのです。

名刺の保管は大切に

私は専用の名刺入れファイルに、整理整頓して保管しています。
「名刺=ご縁」だと考えると、机の上にポイっとはしておけない気持ちになります。

自分がしている名刺の扱い方は、相手にも同じことをされていること。
頂いた名刺をポイっとそのままにしているならば、自分が渡した名刺もきっとそのような扱いをされているでしょう。
自分の分身だと考えて、大切に扱いたいですよね。

またお財布同様に、名刺入れにこだわりを持つのも素敵だと思います。
しばらく買い換えてないかも!と感じたら、新調してみるのも新しいご縁を引き寄せるきっかけになるかもしれません。

第一印象は自然と作られるもの。

手持ちの名刺入れから、取り出して交換し会話に繋げる。
その一連の流れをぜひ掴み取ってみてください。

Good match!

読んでおきたいおすすめライフスタイル記事!

出会った素敵な人とご縁をつなぐ、大人女子が知っておきたい人脈を育てるコツ

大人の振る舞いで要対応!気の合わない上司とうまく付き合うための4つの方法

大人の女性ならLINE美人に!痛い女性に見られないLINEの5つの使い方


引用元 http://trilltrill.jp/lifestyle/articles/70470
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る