毎日の読書がさらに楽しくなる!心に残る3つの読書法HowTo

毎日の読書がさらに楽しくなる!心に残る3つの読書法HowTo.jpg

大人になってから読書する機会が増えたという方、多いのではないでしょうか。
お仕事もプライベートでも、日々学びの姿勢はとても大切なことだと思います。

私自身も読書をする習慣がありますが、ただ流しながら読んでいるだけで頭に入って来ない…!なんてことも。
特に図やイラストがない文字だけが連なる本の場合は、頭で状況を具体的にイメージする必要があると思います。

情報の多い本を読む際は、ポイントになる部分を忘れないようにキャッチすることも大事。
そこで今回は、本を効果的に読む方法をお伝えします。

方法①読みながらマーカーで色をつける

まず私も取り入れている方法の一つが、直接本に線を引いたり書き込みをすること。
本に書き込みをしたくない!という方もいらっしゃると思うので個人差があるかもしれませんが、私は本を読むときには片手にペンを持っています。

情報系や小説などジャンルを問わず、「ここがポイント」と思う部分にマーカーを付けるんですよね。
たったこれだけの作業で、ただ流し読みするより何倍も頭に残ると感じています。

そして後から見直した時にも、ここが大事だったなと一目でわかる印があることで復習のしやすさにも繋がります。

小さな頃に「本は汚してOK」と育てられたので、“本は書き込むもの”と思っているのはそのためかもしれません。

方法②大事な部分をノートに書き残す

マーカーや書き込みがだいぶ慣れてきたら、読む中で感じたことやポイントだと思うことをノートに書き出してみましょう。
「本の気づきノート」を自分なりに作り、読んだ本の内容を少しづつ蓄積させるイメージです。

そうすることで、自分の頭や脳に知識が増えていき、その繰り返しが、自己成長に繋がっていると感じています。
デジタルが進み簡単にパソコンやスマホでメモをかける時代ですが、こうした本の気づきはあえて紙とペンを使うことがオススメ

自分の手を使って書き出すことで、さらに記憶として残り新しい創造が膨らむと感じています。
空いた時間にメモが残せるように、バックに忍ばせておくのもデキ女スタイルではないでしょうか。

方法③3回読む

最後のポイントは、最低でも同じ本を3回は読むということ。
立て続けに3回読むというより、日にちを空けて他の本を読んだ後、また再び読み戻すという感覚でしょうか。
不思議なことに一度読んだ本でも、日にちを空けて読んだりすると違った視点で見ることができるのです。

人間は自分が気付かない間に少しづつ変化しているんだな…と気付く瞬間に出逢えることもあるかと思います。

毎日同じ仕事や環境にいたとしても、どこか変化しているもの。

時間をおいて読み返すことで、1冊の本が何倍にもなって自分の中へ入ってくる。
そんな不思議パワーを感じることができるのはないでしょうか。

興味のある分野からで◎!

今まで本を読む習慣がないという方も、ぜひ一度読書に挑戦してみてもらいたいなと思います。
どれを手に取ったら良いかわからない!と悩んだら、表紙が面白そうだったからなどジャケット買いもアリ。

たくさん並んでいる本屋さんで、1冊に目に止まったことがまず奇跡。
なんか気になる♡のファーストインスピレーションを大事にしてみてください。

今までなんとなく読んでいた本も、もう一度読み直してみようかな?と感じるメソッドはありましたでしょうか。
ぜひ、いろんな角度から学びを得てみてくださいね。

今注目のTRILLのおすすめ記事!

実は高カロリー!?スタバメニューをカスタマイズして低カロリーに!【前編】

恋人にするなら、どこまでならOK?大人のギリギリボーダーライン!

夏のアクティビティにつけるならこれ。20代後半からのBABY-Gコーデ特集


引用元 http://trilltrill.jp/lifestyle/articles/70467
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る