料理研究家が教える!お気に入りワインと合わせたい絶品お取り寄せ食品

料理研究家が教える!お気に入りワインと合わせたい絶品お取り寄せ食品.jpg

若い頃は、サワーやカクテルといったお酒をよく飲んでいた方も、年齢を重ねるにつれ好みも変わり、ワインなどを好むようになります。
ワインの健康効果や美容効果の高さも、飲み始める理由になるようです。

また飲み続けていると、香りやコクの微妙な違いも楽しめるようになってくるので、ハマる人も多いようですね。

ワインを飲むにあたり、おつまみに何を食べるかも重要。
ワインとよく合い、さらに味を引き立ててくれるようなものだと尚いいです。

今回は、料理研究家である筆者がオススメする、ワインに合わせたい絶品お取り寄せ食品をご紹介します。

ワインに合うおつまみ選びのポイント

ワインの種類を大きくふたつに分けると、白と赤になります。

白ワインは一般的に、魚料理が合うと言われています。
ほどよい酸味が、白身魚の淡白な味とよく合うのです。
冷やすとさらに酸味が引き締まるので、好みで温度を変えてみるのも楽しみ方のひとつ。

白ワインにはカリウムが豊富に含まれているので、ナトリウムの排出を促してむくみを予防する効果もあります。

赤ワインに合うとされているのが、肉料理。
赤ワインのほのかな渋みや苦みが、お肉の味を引き立てます。

赤ワインはポリフェノールが豊富。
高い抗酸化作用によるアンチエイジング効果や、血液をサラサラにする効果があります。

濃厚チーズと帆立の相性が抜群「帆立照焼醍醐味」

帆立照焼醍醐味 ライター撮影

濃厚なクリームチーズに、ほぐした帆立の照り焼きを和え、ブランデーリキュールで味をととのえた贅沢な一品。

細かくほぐしてあるのでとても食べやすく、それでいて歯ごたえもしっかりしています。
噛むと帆立の旨みが口のなかに広がり、濃厚なチーズの風味と絶妙にマッチ。

味がしっかりしているので、爽やかな白ワインによく合います。
ビールやスパークリングワインなど、炭酸系のものとも好相性です。

大ビン(220g)、中ビン(160g)、小ビン(110g)とサイズが分かれているので、とてもお求めやすいです。
値段はそれぞれ税込、1,404円、1,080円、756円となっています。

「新潟加島屋」ネットショップ、もしくは出店している全国百貨店で購入が可能。

「新潟加島屋」ネットショップはこちら

ジューシーな蟹がたっぷり「Deep Sea Red Crab 肩脚肉」

Deep Sea Red Crab 肩脚肉 ライター撮影

漁獲後すぐにボイルして急速凍結してあるので鮮度が高く、蟹本来の歯触りや、旨みと甘みが存分に味わえます。

最初からカットしてあり、食べやすく切り込みも入れてあるので、蟹用のスプーンやフォークなど特別な道具がなくてもOK。
バターソースやオリーブオイルソースで調理するもよし、鍋にするもよし、いろいろな料理が楽しめます。
もちろん、そのまま食べれば蟹の美味しさをダイレクトに味わえますよ。

ワインを合わせるなら、辛口の白、バター焼きならフルーティーな赤も合います。

1kgで3,600円(税抜)と、とってもお買い得。
「かに物語」オンラインショップで購入が可能です。

「かに物語」オンラインショップはこちら

独特の風味がクセになる「スモークド・ブルーチーズ」

スモークド・ブルーチーズ ライター撮影

ブルーチーズの芳醇な香りに、燻製の香ばしさが加わった、お酒好きにはたまらない一品。
口当たりはなめらかで、あとに残る独特の風味がクセになります。

食べるぶんだけ取って、あとは冷蔵庫で保存。
日持ちする上に、時間が経つごとに熟成してくるので、長期に渡って味を堪能できます。
甘めの白ワインと合わせると、濃厚なチーズの香りが引き立つのでオススメです。

45gで1,620円(税込)。
「広工房」ネットショップ、太陽のマルシェなどてご購入いただけます。

「広工房」ネットショップはこちら

絶品お取り寄せでワイン時間をより豊かに

お取り寄せ

出典:kanonn/flickr

お取り寄せ品は届くまでがとても楽しみ。
美味しければさらに得した気分になります。
でもなかにはガッカリさせられるものもあるので、これらを是非参考にしていただき、ワインに限らずどのお酒にも合わせてお召し上がりください。

チェックしておきたいTRILLのライフスタイル記事!

自炊のススメ!健康的なカラダを作る基礎は食生活にあり

土日でも混まない!彼氏と行きたい穴場スポット《関東エリア》

ストレス発散が苦手…!そんなときに試したい自分を守る方法


引用元 http://trilltrill.jp/lifestyle/articles/70110
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る