災害時に「女の子の日」が来てしまった!対処法を覚えておきましょ♪

災害時に「女の子の日」が来てしまった!対処法を覚えておきましょ♪-.png

まずは衣類を使うべし!

まずは衣類を使うべし!

weheartit.com

日常的にナプキンを1週間分持ち歩いている人はいませんよね。
そんな時は、衣類を代用しましょう。

用意するものはコットン製の長袖とタオル、ガムテープです。

①長袖を切って、筒状の袖口を二つ作る。

②タオルなど吸水性のあるものを袖口に入れる。
コットン製の衣類でかぶれを防ぎ、その中に吸水性のある衣類を入れます。
吸水性のあるものならばタオルでなくても構いません。清潔なものを選びましょう!

③ガムテープを袖口の中に通し、両端を出した状態でカットする。
防水加工のガムテープにすると、下着に経血が漏れるのを防いでくれます。
袖口から出たガムテープで下着に固定しましょう。

衛生的に洗って使い回すのは避けましょう!

簡易ナプキンの作り方

簡易ナプキンの作り方

weheartit.com

タオルハンカチとティッシュペーパーで、簡易ナプキンを作る方法も覚えておきましょう。

①清潔な綿素材のタオルハンカチを、下着の大きさに、両側を中央に折ります。
②その中にティッシュペーパーや余り布を入れましょう。

先ほど紹介したナプキンよりも耐久性が弱いため、下着にラップをつけると良いですよ♪

ナプキンを持っている場合はどうする?

ナプキンを持っている場合はどうする?

weheartit.com

ナプキンを持っているからといって、使うのは避けましょう。
被災する期間はいつまで続くかわかりません。物資が届くまで慎重に使うことが重要です。

では、持っているナプキンはどのように活用すれば良いのでしょうか?
持っているナプキンは極力、使い回ししたいもの。
そのために、ナプキンの上に余り布やタオル、シーツ、衣類などを重ねて使いましょう。

今まで紹介してきた対処法を参考に、ラップやガムテープなども上手に活用して長く使えるようにしましょう。

突然来ることも!慌てず対策を。

突然来ることも!慌てず対策を。

weheartit.com

生理予定日間近で、災害が起きるかもしれません。
生理が終わったばかりでも、ストレスや緊張感などで突然くることもあるかもしれません。

万が一突然来たとしても、慌てずに、周りの女性と協力することが大切。
男性もきっと理解してくれるでしょう♪

周りを見渡せば、意外にも使えるものがたくさんあるはずです。
もしも今回紹介した道具が使えなかったとしても、代用できるものは必ずありますよ!


引用元 https://4meee.com/articles/view/560543
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る