忙しく過ごしてない?時間を感じて心のゆとりを作る3つの日常習慣

忙しく過ごしてない?時間を感じて心のゆとりを作る3つの日常習慣.jpg

仕事に恋愛にと、気づいたら毎日すごい速さで過ぎている気がする…!
そんな慌ただしく過ぎる時間に、ただただ迫られてはいませんか?

時間や月日が早く過ぎるというのは、充実している証拠という意見もあります。
しかしそれが流れ作業のように何も感じない白黒の世界であるならば、色鮮やかな生活に戻してみてはいかがでしょう。

そこで今回はそんなルーティンを打破するための、ゆとり時間を持つご提案をしてみたいと思います。

習慣①感性時間

まずはじめに取り入れたい時間として、感性を高める時間。
毎日同じルーティンを繰り返していると、気づいたら同じ見方や同じ考えしかできない凝り固まった自分になっているかもしれません。

そこで私が意識して行っているのが、自分以外の情報を積極的に感じ取るということです。
実は私自身過去にルーティンな毎日を送り、白黒な時間を過ごしていた時期があります。

そんな時に感じたのが、「私って自分の意思で動いてる?」という不思議な感覚。

「やらなければならないからやる」
「毎日の当たり前だからやってる」
ハッ!と気づくと、かなり同じ繰り返しをしていたんですよね。

充実しているから月日が早く過ぎるのも分かります。
しかしルーティンな自分になっているから早く過ぎるのであれば、一度見方を変えて角度をつけた感性を取り入れてみてはいかがでしょうか?

習慣②贅沢時間

お次はいつもよりワンランク以上あげた贅沢時間を取り入れること。
それは必ずしも誰かと一緒の必要はなく、一人で贅沢時間を作ることも素敵なことだと感じます。

具体的に私が具体的に行っている方法としては、珈琲をあえてホテルのラウンジカフェで頂くというもの。
珈琲を飲みに行くというよりは、綺麗な場所や空間にゆったり過ごす時間を楽しみに行く感覚です。

いつもならスマホを持ち歩く毎日ですが、スマホを家に置いて本を一冊だけもっていくなんてことも。
「無」になれるような空間に身を置いて、良い空気の流れを入れ直すという作業が思いの外気持ち良いと感じています。

また何もない日に、フォーマルな洋服を着てみるのも◎。
誰にも会わない日にあえて綺麗な格好をして、ラグジュアリー空間へに行ってみる。

そんな時間が忙しい毎日から解放してくれるのではないでしょうか。

習慣③相談時間

最後は、相談する時間を作るということ。
相談と聞くと誰かに悩みを打ちあけるのかな?と感じますが、そうではありません。

「今の自分って満足してるのかな?」
「ここがストレスになっているけど、どうしたら改善できるの?」

と少しだけ自分の心と向き合う時間を作るということです。
毎日一生懸命生きていると、夢中になるあまり自分の本心を忘れてしまっている…なんて事態になってはいませんか?

大人になると、本当はこうしたい!という本音をつい隠して生きてしまうもの
たまにはそんな自分の心を解放してあげる時間、そして自分の本音と相談する時間を作ることで思いもよらないアイディアが生まれるかもしれませんよ。

目まぐるしく日常が過ぎていく…!
そんな感覚を感じたら、少しだけゆとり時間を作ってみてはいかがでしょう?

冷静になって自分のことを見ることで、また違った角度での発見があるのではないでしょうか。

Gently!

読んでおきたいライフスタイル記事!

スタバ新作「ストロベリー ディライト フラペチーノ」の美味しいカスタマイズ法

たまには泣いて心のデトックス!感情をあらわにすることのススメ

バリキャリ女性が空回り。オンとオフをうまく切り替える3ポイントとは?


引用元 http://trilltrill.jp/lifestyle/articles/68702
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る