ハイブランドからプチプラまで!これから大活躍の2016春夏サングラス特集

ハイブランドからプチプラまで!これから大活躍の2016春夏サングラス特集.jpg

これからの季節に欠かせないファッションアイテムと言えば、サングラス!

今年は何を買おうかお悩みの方はもちろん、ちょっと照れくさくて手を出せずにいた方まで必見。
今年注目のサングラスを、素敵なスタイリングとともにご紹介いたします。

カジュアルなスタイリングに欠かせない「Ray-Ban」

「ウェイファーラー」や「ウェリントン」が有名なRay-Ban(レイバン)からは、ラウンド型のサングラスをチョイス!
クラッシックながらも使いやすいデザインはカジュアルなスタイリングにぴったりです。

中でもフレームとレンズの色がブラウンのタイプは重い印象になりにくいのでおすすめ。
シンプルなファッションにさらっと合わせたいサングラスです。

RB4243F(ブラウングラディエント)
価格:¥16,000(税抜)

Ray-Ban online store

注目のドメスティックブランド「BLANC」

サングラスというとどうしてもインポートブランドをイメージしがちですが、ドメスティックブランドも負けてはいません!
今注目のドメスティックアイウェアブランド・BLANC(ブランク)からはポップな印象のホワイトフレームをご紹介します。

個性的なアイテムは2本目、3本目のアイウェアとしておすすめ。
いつものスタイリングにプラスするだけで、ぐっとモードな雰囲気を作り上げてくれますよ。

B0005 / OFF WHITE
価格:¥26,250(税抜)

BLANC

女優気分でかけたいビッグサングラス「TOM FORD」

アイウェアでもお馴染みのファッションブランド・TOM FORD(トムフォード)からは、女優気分でかけたいビッグサングラスをチョイス。
こちらは少しレトロなキャッツアイタイプがポイント。

ともすればキツイ印象になりがちなスタイルですが、ブラウンを選べば印象も和らぐので安心。
身につけるだけでコーディネート全体にクラス感をプラスしてくれる高級感溢れる一品です。

FT0371-F-5753F シャイニーソフトバナナ
価格:¥48,000(税抜き)

TOM FORD

あえてベーシックなデザインを選びたい「CELINE」

モード派ブランドCELINE(セリーヌ)で手に入れたいのはあえての「ベーシック」。
こちらは程よいラウンド型が使いやすい1本。
ベーシックな形にブルーのレンズをもってくるところはさすがCELINEですね。

カジュアルなコーディネートはもちろん、エレガントなコーディネートとも相性抜群。
どんなファッションにも合うベーシックな形は、サングラス初心者にもおすすめです。

べベル ラウンドサングラス
価格:¥38,000(税抜き)

CELINE

サングラスを手軽に楽しみたい方におすすめしたい「CHEAP MONDAY」

もっと気軽にアイウェアのオシャレを楽しみたい方にオススメなのが、CHEAP MONDAY(チープマンデー)のサングラス。
手頃な価格で優秀なデニムが手に入ることでお馴染みのブランドですが、実はサングラスも優秀なんです。

型はベーシックなものからエッジの効いたデザインのものまで幅広く展開。
おまけに5,000円でおつりがくるとなれば、何本かまとめて買いたくなってしまいますね。

写真のタイプはオーソドックスなべっ甲模様ですが、よくあるブラウン×ブラックではなく、ネイビー×ブラックという少しパンチの効いたもの。
これくらい個性のあるものでもプチプラだと気軽に挑戦することができます。
何気ないシンプルなスタイリングをぐっとスタイリッシュに見せてくれるサングラスです。

Timeless(ネイビー)
価格:¥4,200(税抜)

CHEAP MONDAY (zozotown)

お気に入りの一本でこれからの季節を楽しんで!

ファッションアクセサリーとしてはもちろん、実用的なアイテムとしても取り入れたいサングラス。
日差しが強くなってくるこれからの季節、眉間にシワを寄せて過ごすぐらいならちょっとの照れくささを捨ててサングラスにチャレンジしてみませんか?

お気に入りの一本を見つけたなら、これからの季節がもっともっと楽しくなるはずです!

今人気のTRILLのファッション記事!

スタイルチェンジ!28歳からのスキ二ーデニムを使ったイイ女コーデ

紗栄子さんがイメチェン!「ショートバング×ボブ」がハズレなしの最強コンビ

ハイブランド以上にスタイリッシュ。最旬バックブランドリスト!


引用元 http://trilltrill.jp/fashion/articles/66706
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る