ハイブランド以上にスタイリッシュ。最旬バックブランドリスト!

ハイブランド以上にスタイリッシュ。最旬バックブランドリスト!.jpg

ハイブランドのバッグはいつ見ても素敵で、魅了されますよね。

でもいざ買うとなると予算的にキツくて買えない!そんな寂しい懐事情でも、ハイブランド以上にとびっきりスタイリッシュなバッグが、今春は目白押し!

早速スタイリストの筆者が、最旬バッグブランドを厳選してご紹介します。

最旬バックブランドリスト① クロエ

ここ数年人気が加速しているクロエ。
今春も目が離せません。

今季も70年代ムード漂うバッグがずらっと勢ぞろい。
丸みのあるデザインとチェーンショルダーが印象的なバッグ“ドリュー”や、丸いクロージャーが特徴的な“フェイ”は、変わらず争奪戦継続中。

なかでもフリンジがぱっと目を引く“ジェーン”は、カジュアルになりすぎない都会的なデザインが革新的。
長めのショルダーを、手首に巻き付けてもつ着こなしは新鮮!

小さめバッグを狙っているならクロエ、おすすめです。

最旬バックブランドリスト② ステラマッカートニー

すっかりステラマッカートニーのアイコンバッグとなった“ファラベラ”。
今季は素材を変えて、豊富なラインナップに注目です。

中でも、マルチカラーのストライプ柄や生地を編み込んだチェック柄など柄が一際目を引きます。
特にデニム素材の星柄がおすすめです。

星柄は、フリンジがついたレザータイプも展開。

定番の無地もまだまだ健在ですが、人と差をつけたいなら最新モデルからセレクトしてみてはいかがでしょう。

最旬バックブランドリスト③ フルラ

瞬く間に、女性が選びたい上質バッグの候補の常連となった“フルラ”。

今季もフルラらしい、機能性が優秀でオンオフ問わず大活躍してくれそうなシンプルなデザインが豊富に揃っています。

中でも注目は“ファンタシア”モデル。
しなやかな肌触りの上質なレザーを使用した、縦長のバッグは大きさがありながら軽量で使いやすいと好評です。

カラー使いもシンプルなのに、どことなくスタイリッシュな印象。
軽くて大きめバッグを探しているなら、フルラがおすすめです。

最旬バックブランドリスト④ J&Mデヴィッドソン

J&Mデヴィッドソンといえば、ダークカラーのシックなイメージのバッグが特徴的でしたが、今季はビビットカラーやナチュラルなカラーという、これまでのイメージとは違ったカラー展開に注目です。

最新モデルの“バラライカ”は、70年代風の旬のデザインと容量多めな機能性がおすすめ。

その他、巾着型の“デイジー”や、上品なフリンジ使いが可愛らしい“カーニバル”は、細部まで凝ったデザインにも惚れ惚れしてしまいます。

最旬バックブランドリスト⑤ マークジェイコブス

既存の“マークジェイコブス”と“マークバイマークジェイコブス”がひとつになり、2016年春夏シーズンよりスタートした“マークジェイコブス”。

注目モデル“リクルート”は、ミリタリーテイストあふれるデザイン。
大きめのジッパープルにタッセルがポイントのこのバッグ。
ポケットも沢山ついていて、機能性も抜群です。

カラーバリエーションは、どれもシック。
春夏の華やかなファッションの引き締めとして、一役かってくれること間違いなしのバッグです。

ハイブランドでなくても上質かつ洗練されたイメージをもつ、旬のバッグ達。
ぜひ店頭でチェックしてみてくださいね。

読んでおきたいおすすめファッション記事!

洗練された大人レディは、太めのバングルでいつものコーデをクラスUP!

黒は女を美しくする。ブラックコーデ=無難ではございません!

女らしく着こなせるONスタイルと休日のOFFスタイル図鑑!


引用元 http://trilltrill.jp/fashion/articles/66724
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る