香水ってどうつけてる?さりげなく香りを漂わせるテクニック!

香水ってどうつけてる?さりげなく香りを漂わせるテクニック!.jpg

匂いで人の印象は大きく変わるとも言われているほど、香水の選び方やつけ方はとても大事です。

香水は、使い方を一歩間違えると、周りを不快にさせてしまうこともしばしば。

せっかく良い香りのものをつけても、逆効果になってしまいます。

今回は、人を不快にさせない香水のつけ方と、さりげなく香らせる方法をご紹介します。

香水のNGなつけ方

まずは香水のNGなつけ方から。
実はやっている人も多いつけ方なので要チェックです!

①手首につけてゴシゴシこすり合わせる

とくにやっている人が多いのがこのつけ方ですが、実はNG!

手首をゴシゴシこすることで、香水の香りの粒子が壊れ、本来の香りが失われてしまいます。

香水をつけた後は、アルコールが飛ぶまで待つのがポイントです♡

②出かける直前につける

出かける前、玄関口でシュッとしている方いませんか?

実はこれもNG。

香水をつけてから30分くらい香るトップノートと言われる香りは、アルコールもそのままなので、実は一番キツく匂ってしまう香り。

周りを不快にさせてしまう可能性も高いので、必ず出かける30分前にはつけるようにしましょう♡

③自分で香りを確認できるまで何度もつける

自分で香っているかわからないからといって、3プッシュ以上つけてはいませんか?

毎日同じものを利用していると、鼻がその香りに慣れてしまい、つけすぎてしまうことがあるんです。

香水は、意外と1プッシュでも周りには香っているもの。
つけすぎには要注意です!

さりげなく香らせるには〇〇すべし♡

それではここから、香水を心地よく香らせる方法をご紹介します♡

①シャワーの後のウエストに1プッシュ!

朝シャワーを浴びる人には効果的なこの付け方。

湿っている状態の肌に香水をつけることで、香りの粒子が密着し、さりげなく香ってくれる上に香りも長持ちするんです!

また、ウエストにつけることで、服を通して香ってくれるので、自然ににじみ出たような香りに♡

②スカートに1プッシュ

フレアスカートなど、ふわふわ揺れるスカートのときにオススメなのがこのつけ方。

スカートが揺れるたびに自然に香ってくれます。

ただし、直接つけて日光に当たると、シミになってしまう可能性もあるので、屋内のときか、裏地につけるなどして、工夫しましょう。

③太ももの内側につけるべし!

一番ふんわりと香ってくれると言われているのが太ももの内側。

下半身で、鼻から遠い位置にあり、体温も高い場所なので、上品な香りになります。

④つけ直しは足首に

時間が経つと、香りも薄れてくる香水ですが、つけ直す場所は足首の内側が一番効果的です。

つけ直しの目安は4〜6時間に一回。

午前中につけたら夕方につけ直すような感じが良いでしょう。

いつまでも隣にいてほしい女性になる!

香水のNGなつけ方と、効果的な香らせ方をご紹介しました。
ポイントは、「つけすぎない」ことと、「つける場所に気をつける」こと。

人間は五感で恋をすると言われるように、嗅覚はとても大事!

素敵な香りを身にまとって、「いつまでも隣にいてほしい」と思わせる女性になりましょう。

TRILL編集部が選ぶビューティ記事!

お悩み別に解決。肌質にあったコントロールベースで元気肌を取り戻そう!

春のベースメイクはハッピーフェイスを叶える「クッションファンデ」に決まり!

藤原紀香さんが再婚!40代になっても美しくいるための秘密とは?


引用元 http://trilltrill.jp/beauty/articles/68333
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る