本物のラグジュアリーを演出するギフト!オリジナルラベルのシャンパンはいかが?

本物のラグジュアリーを演出するギフト!オリジナルラベルのシャンパンはいかが?.jpg

大人になってくると、ギフトを送る機会も増え悩むことも多いのではないでしょうか。
悩みすぎた結果、無難なものを選びがちになってしまいますよね。

そんな時に覚えておきたいのがこちらのサービス。
実際私も利用したのですが、ギフトを受け取る側の方が「おぉ!」とビックリされ、喜んでいらっしゃいました。
もらった側は、飲むもよし、飾るもよしで、普段よりも2倍楽しめます。

大人の女性ならぜひ知っておきたい、ワンランク上のギフトに格上げするサービスをご紹介します。

シャンパンなどのボトルにスワロフスキーでデコレーションをしてくれる!

株式会社MODEST(モデスト)の行うサービスは、シャンパンなどのボトルにスワロフスキーでデコレーションしてくれるというもの。
バースデーのおめでとうメッセージなど統一のものだけでなく、相手の名前なども入れてもらえます。

またシャンパングラスも素敵にデコレーションしてもらえるので、世界で一つだけの完全オリジナルを贈ることが可能。

さて、それがどんなデコレーションなのか見てみたいと思いませんか?

世界でひとつだけのラグジュアリーを♡

ノーマルなモエのボトルが!

主に扱われているシャンパンは、シャンパンの定番『モエ・エ・シャンドン』。
いつものモエが、スワロフスキーでキラキラと輝きます。
ひとつひとつの作業が全て、手作業で行われます。
そのため、作られたデザインボトルはまさに世界でひとつだけ!

世界で一つだけのデザインボトルでいただくモエは、普段とは一味違う味わいに!
飲み終わったあとは、キレイに中を洗えばそのまま素敵なインテリアとしても使えます。

こちらはノーマルラベルの商品で15000円です。

@MODEST/プレス資料

ロゼだって、こんなにかわいく♡

女性らしい印象を持ち合わせているモエのロゼ。
外側のピンクのデザインもさることながら、ロゼの透き通るようなピンク色もなんとも贅沢な気分を味わえる1本。

ボトルをスワロフスキーでデコレーションされると、よりクラス感もアップします。
そしてリボンをかけると、可愛らしい雰囲気もプラスされますね。

ラベルなどのカラーがピンクなだけに、女性へのギフトに喜んでいただけそう。
大人の女性へのギフトにぴったり♡

気になるお値段は16000円と、ノーマルラベルと1000円しか変わらないのも魅力的。

@MODEST/プレス資料

アイスアンペリアルにはカラーが映える

氷を入れて楽しむ、アイスアンペリアル。
モエの中でもたっぷりと甘みが感じられる品。
そのため、辛口が苦手な女性にも喜ばれます。

アイスアンペリアルは、ラベルの色が白なので、カラーのスワロフスキーが良く映えます。

企業のロゴも、近い形で再現してもらえるので、送別品として贈るのにも喜ばれそう。

そんなアイスアンペリアルのお値段は、27000円です。

@MODEST/プレス資料

箱に入れて届けてくれます!

シャンパンにデコレーションをしてもらえるのは嬉しいけれど、そのままいただくのもなんだか味気ない気もしますよね。
そんな心配はご無用!

きちんと箱に入れて届けてもらえます。
箱が加わるだけで、よりプレゼントやギフトで送る際は高級感がアップするので嬉しいですよね!

@MODEST/プレス資料

シャンパングラスが煌びやかに!

お酒好きには嬉しいシャンパングラスのデコレーションにも注目です。

使用しているシャンパングラスは、南ドイツで500年の歴史を持つ、SPIEGELAU(シュピゲラウ)社製グラス。
軽くて強いSPIEGELAU(シュピゲラウ)社製のグラスは、世界中の五つ星ホテルやレストランで使用されている、プロが選ぶ『本物』の一品

ここにイニシャルを入れてもらえるので、オリジナリティーも際立ちます!

お誕生日の時はもちろんのこと、結婚式のギフトとしてペアで贈っても喜ばれそう。

@MODEST

制作時間に注意して

スワロフスキーでデコレーションするのは、全て手作業。
そのため制作時間に1週間ほどかかり、その後に配送となるそうです。

ギフトが間に合わない!ということにならないよう、時間に余裕を持ってお願いするように注意しましょう。

煌びやかな輝きがラグジュアリーを演出する、こちらのサービス。
プレゼント選びに迷った際は、普段とは違った大人なギフトを贈ってみてはいかがでしょうか。

編集部が選ぶおすすめライフスタイル記事!

良質な睡眠の秘訣!“睡眠サイクル”って聞くけど一体どんな意味?

自分磨きしませんか?デキる女性に近づける「大人の習い事」人気ランキング10

【元キャストがご紹介】ディズニーシーでまったり過ごすデートプランガイド


引用元 http://trilltrill.jp/lifestyle/articles/66130
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る