もう使えない!と諦めていたコスメアイテムを蘇らせる、マル秘テクニック集

もう使えない!と諦めていたコスメアイテムを蘇らせる、マル秘テクニック集.jpg

せっかく買ったコスメやメイク道具。
買ったばかりの時はテンションアップ!で浮かれていたのに、しばらく使っていたら使えない状態に…なんて経験はありませんか?

もうダメ、使えない!と諦める前にちょっぴり工夫をして蘇らせてみてはいかがでしょう。
今回はそんなメイクポーチの中で起こりやすい、よくあるシリーズをまとめてみたいと思います。

マスカラ編

乾いて液が付かない

ダマになって硬くなった

私もよく経験するマスカラの乾き。
あれ?まだ最近買ったばかりなのに液が付かなくなってしまった…?とカサカサになってしまったことはありませんか?

朝の準備に急いでいてマスカラのキャップをしっかり閉めていなかったり、気温の変化によって液が固まってしまったりしますよね。

そこで蘇らせるお手軽方法を幾つかあげてみましょう!

①ぬるま湯でマスカラを温める
②マスカラの中に化粧水や美容液を数滴垂らす

この2つが主に大活躍してくれます。

私は化粧水を入れることが多いですが、キャップなどに頑固にくっついてしまったら一度お湯につけて汚れを落としてからが◎。

マスカラ専用の液もありますが、お手持ちの基礎化粧品たちで十分補えると思います。

また余談ではありますが、マスカラを塗る時に縦にズボズボとブラシを出し入れしてしまうと空気が入りやすく乾燥の原因に

ブラシは縦に動かすのではなく、中でくるくると回転させて液を絡め取ると長持ちしますよ。

グロス・リップ編

途中で折れてしまった

最後が使い切れない

口紅を最後まで使いきる前にボキッ!と折れてしまったり、最後まで使い切ったけどケースやチューブの奥に入ったところがそのままで捨ててしまったという経験はありませんか?
そこでオススメな方法は、色を混ぜてリメイクする方法。

小分けにできる入れ物に口紅を入れ、ドライヤーなどで溶かしていきます。
合う色を混ぜて新しい色にしても◎。
また口紅が固まる前にグロスを混ぜてもOKです。

これだけでちょっとツヤ感がアップしたルージュの出来上がり!
お手軽にリメイクできて、まるで新しいリップを使っている気分になれるのも一石二鳥ではないでしょうか。

チーク・アイシャドー編

粉々になってしまった

パサついていて塗りにくい

そんな時に役に立つのはワセリン。
他にも硬めのこってりとしたテクスチャーであれば代用が可能かと思います。

粉々になったものを集めて練り練りするだけでOK。
練りチークやアイシャドーは扱いやすいのでオススメです。

しかしパウダーファンデなど、お顔全体に伸ばすものだと油分で浮いてしまう可能性が高いのでちょっぴり注意が必要(!)
ファンデーションが割れてしまった時には、逆にもっと粉々にして「お粉」をフィニッシングパウダーするのが◎。

《番外編》ビューラーを復活!

ビューラーの替えゴムがなくてマツゲの上りが悪い…!そんな時の裏技はゴムの下に細くティッシュを詰めてゴムをかぶせてみましょう。
いきなりグッ!と上がる驚くような実感を得られると思います。

替えゴムを買ったけれどサイズが合わなかった!という場合にも重宝してくれるのでオススメです。

メイクポーチの中で諦めていたアイテムはありましたか?
あ、その手があった!とひらめいたものがあれば、是非トライされてみてくださいね。

チェックしておきたいビューティ記事!

ぷっくりツヤツヤ!思わずキスしたくなるモテ唇の作り方

メイク上手は下地使い上手。プロ直伝のメイクスキルを押さえてランクアップ!

デート前日にニキビ発見!そんな緊急時のお肌ケアはこちら


引用元 http://trilltrill.jp/beauty/articles/66124
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る