恋愛が出来ない私ってやばいの?敏感なアンテナこそが恋を始めるカギ!

恋愛が出来ない私ってやばいの?敏感なアンテナこそが恋を始めるカギ!.jpg

気づけば、彼氏いない歴○年…。
特に気に止めていなかったけれど、そろそろマズイ?

「恋に夢中になるより、仕事に夢中になる方がかっこいい」
そう思って日々邁進していたけれど友達や家族からの“恋、しないの?”コールが最近身に染みる。

恋愛をしない私ってそんなにヤバい?
今回は恋愛をご無沙汰しているバリキャリ女性に贈る、恋始まるキッカケをご紹介いたします。

■モテる女にも賞味期限はある

命短し、恋せよ乙女とはよく言ったもの。

女が若さや美しさだけでモテる時期には期限があります。
もちろん、女の魅力はそれだけではありません。
ですがモテ期はそれだけ男性との出逢いの幅が広いのです。
また30歳前後になると、子供を授かる将来を真剣に考える一つのタイミング。

子供が欲しくても、今日明日にでも出来るようなものではありません。
夫婦となり、子育てのためのお金を貯め、子供を産むためには将来を約束する相手をまず見つけなくてはならないのです。

20代前半とは違う、恋に対しての向き合い方を今から始めましょう。

■とはいえ仕事が忙しい…!どこで見つければ良い?

・仕事上がりにBarで一人飲み

お酒が好きな女性にオススメしたいのは一人飲み。
最近ではお酒好きの女性のために入りやすいBarや居酒屋も豊富!
友達と一緒に行くと友達とだけで話してしまうので、出逢いを求める方は一人で行きましょう。

仕事上がりに自分一人でいける場所を探し、店員さんと話す。
更には他の常連客と話すなど交流が生まれ、出逢いが広がります。

実は深夜近くまで営業しているBarには、アナタと同じくして仕事が忙しくい男性が多く出入りしています。

出逢いを目的とした婚活以上に良い出逢いが見つかる可能性がありますよ。

・SNS上でネット友達を増やす

ネット上での出逢いなんて恐い。
怪しい男がたくさんいて、どうせ体目的でしょう?
SNSなどのオンライン上の出逢いに対して、こういった考えを持つ女性も少なくありません。

ですがSNSで出逢う男性が全員そうとは限りません。
またある程度経験を積んできた大人の女性なら、やり取りしている相手が怪しいかどうかは判断出来るはず。

仕事が忙しくリアルな場所に出向く機会がないならば、スキマ時間にネット上で異性と会話を楽しむネット友達を増やしてみては?

あくまでも恋愛対象をここで見つけるのではなく、男友達を増やすことを目的にしてみてください。
その先にアナタの運命の人がいるかもしれません。

・週末は人の集まる場所へ行こう

アナタは貴重な週末、何をしていますか?
友達とお出かけ?はたまた趣味にいそしむ?

何はともあれ、週末はプライベートを充実させる時間。
もちろん時には一人でいたい時間もあります。
ですが出来るなら、週に一度は必ず人の集まる場所へ行きましょう。

何かのイベントやフェスでもOK。
または交流会や参加者が繋がるワークショップも良いですね!

会社以外の人とのコミュニティが、あなたのご縁をより広げるのです。

・いつも行く場所にアンテナを立てる

毎日会社と自宅の往復の日々。
それだけでは職場以外で出逢いを見つけるのは難しいもの。

今一度、ご自身のルーティンルートをおさらいしてみましょう。

例えば、毎日とは行かないけれど良く行くカフェ。
2、3ヶ月に一度は通ういつものヘアサロン。
毎日飲みものを買いによるコンビニなど。

ここに来ると何となく顔を覚えている人が一人はいるでしょう。
それは相手も同じで、逆を言えばアナタも覚えられているということ。

こういったルーティン化した場所から繋がる出逢いがあることも忘れないで。
いつも行く場所にも是非アンテナを立てましょう。

■敏感なアンテナこそが恋を始めるカギ!

恋をしよう!と思う気持ちが一番大切。
出逢いがあっても恋をする気がなくては、出逢いも見逃してしまいます。

道端ですれ違ったあの人が、あなたの結婚相手ということもあるのです。
そういう奇跡的な出逢いも全て、アナタの心がけ一つで生まれます。

また初めからこの人は有り得ない!こういう出逢いは嫌!
…と否定しないで受け入れる心の余裕もとっても大切。

最初からない!と弾き飛ばさないで。
ご縁を頂いて出逢った人との繋がりを大切に。
恋のアンテナを敏感にしていきましょう。

TRILL読者から人気の恋愛記事!

《北川景子さんから学ぶ♡》男性に「結婚したい」と思わせる女の必須条件はやっぱりコレ!?

一緒にいるだけで疲れる…。男性が「こいつ面倒くさい」と思ってしまう女性の特徴

彼氏に尽くしすぎでしょ…「ダメ男に引っかかりやすいオンナ」の特徴3つ


引用元 http://trilltrill.jp/love/articles/66154
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る