メイク上手は下地使い上手。プロ直伝のメイクスキルを押さえてランクアップ!

メイク上手は下地使い上手。プロ直伝のメイクスキルを押さえてランクアップ!.jpg

皆さんはメイクの化粧下地はどのような基準で選んでいますか?

最近では化粧下地も毎シーズン発売され、機能としても効能としても優秀な商品がたくさん出てきていますが、「なんだか使い方がよくわからない」という声も多く聞こえてきています。

今回はプロのヘアメイクアップアーティストの視点で、化粧下地はどう使いこなすべきなのか、オススメ商品も交えてご紹介します!

下地を使わないなんてもったいない!下地を使う効果とは?

ほぼ9割の方が「1種類の下地を顔全体に使っています」と言うのではないかと思いますが、 その考えは今すぐ捨てましょう

最近は色々な種類の下地が出ていますが、お肌の悩みに合わせて適材適所で使い分けるのが大きなポイント!

下地によってカラーや材質などが違ってくるので、下地の特性を生かして使うことが大切です。

またお肌の悩み以外にも、季節やシーンにあわせて使用する商品を考えるのもポイント。

下地の中でも保湿効果のあるものや、さらっとマットに仕上げる商品もあるので、その機能に着目しながら商品を選んでみましょう。

持っておいて絶対損のない下地は、ピンク系とシリコン系の2種類!

様々な化粧下地の中でも厳選してこれを持っておくと便利というのが、ピンク系の下地とシリコン系の下地。
様々なカラーの化粧下地が売られていますが、使用しやすいのはなんといってもこの2種類なのです。

ピンク系下地の特徴と使い方とは?

ピンク系は塗った部分がほんのりとピンク色になり、曖昧な補正をしてくれるのががちょうどいい下地。

大人の疲れであるクマやくすみを隠してくれるので、目元だけに使うのがオススメです。

このピンク系下地は持っている方が多いと思いますが、顔全体に塗っている方も多くいるのでは。

ピンクの下地は顔全体を明るくするため、顔が大きく見える原因になってしまいます。
目周りのみの使用でおさえておきましょう

シリコン系下地の特徴と使い方とは?

シリコン系の下地は毛穴のデコボコを隠すための機能や、皮脂を吸着する機能がある商品。
塗った時にサラリとした質感になります。

そのため使用するのは皮脂の出やすい鼻、頬の毛穴の開いた部分、眉間の上のおでこなどが◎。

またこのシリコン系の下地は、毛穴の開いている部分には、毛穴に塗りこめるイメージで塗りこんでいくと化粧崩れを起こしにくくなります。

皮脂の出にくいところに塗ると乾燥したような質感になってしまい、ファンデーションのノリも悪くなるので、これもポイント使いが鉄則です。

オススメの化粧下地はこちら!

シリコン系下地2種

①IPSA (イプサ)

スーパーマットコンシーラー
2,800円(税別)

とにかく皮脂量の多い方にオススメ!サラサラのTゾーンをキープできます。

②MAKE UP FOR EVER(メイクアップフォーエバー)

ステップ1スキンイコライザーNo.2スムージング
4,900円(税別)

滑らかに伸び、毛穴の開きをきちんと埋めてくれる商品です。

ピンク系下地2種

①ORBIS(オルビス)

CCモイストベース
1,400円(税別)

少量でぱっと明るい肌へトーンアップします!

②est(エスト)

モイストラスティングベース
4,200円

モイスチャー成分が肌に潤いを与えながら、ほんのりピンクに色づきます。

化粧下地は気になる部分のカバーや、メイクの持ちを良くしてくれるだけでなく、ファンデーションとの接着剤としての効果も持ち合わせています。

上手に使えばメイクをランクアップすることができるアイテム!

まずは今回ご紹介した2種類の化粧下地を使いこなしてみてくださいね。

読んでおきたいおすすめビューティ記事!

夏のムダ毛問題を解決!モテ素肌が手に入るダレノガレ明美直伝の脱毛方法とは?

何使ってもお肌に合わない!まず行いたい5つのスキンケアメソッド

知っているようで知らない!水素美容のキレイになる秘密


引用元 http://trilltrill.jp/beauty/articles/66113
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る