いつまでグータラしているの?「サボり癖」を直すポイント☆

いつまでグータラしているの?「サボり癖」を直すポイント☆-.png

「サボった回数を数える」「原因を探る」

「サボった回数を数える」「原因を探る」

weheartit.com

まず、危機感を持つことから始めましょう。

『サボった回数を数えてみる』と、人によってはゾッとすると思います。
新年度が始まったばかりですが、すでに数を増やしていませんか?

ゾッとした後は、サボった『原因を探る』。
怠けてしまうのには、何か理由があると思います。

女性の場合は、「生理」など女性ホルモンの影響も考えられます。
「布団から出られない」「学校・職場が合わない」など、原因を見つけましょう。

「体のコンディションを整える」

「体のコンディションを整える」

weheartit.com

原因が「生理」「布団から出られない」などの場合、体のコンディションを整える必要があります。

✔︎早寝早起き
✔︎バランスの良い食事
✔︎適度な運動

基本中の基本ですが……。
この3つができるようになると、理想的な「生活リズム」が生まれます。
生活リズムは、サボり対策に効果大です!

また、「朝ごはん」は絶対に食べましょう!
医療関係者の知人が、“一日のパワーの源になるので、朝ごはんは絶対抜かないように!”と言っていました。

「タイムスケジュールを作る」「自分で目標を立てる」

「タイムスケジュールを作る」「自分で目標を立てる」

weheartit.com

「積極的な姿勢」は、怠け対策に効果的です☆

『タイムスケジュールを作る』と良いでしょう。
タイムスケジュールを作ると「次にやるべきこと」が瞬時に分かり、行動力が上がります。

また、『自分の目標』を作ると◎

学校目標や社内目標があると思いますが……。
人から与えられた目標とは違い、“自分で作った目標”には、強迫観念を感じにくいんです。
強迫観念を感じない目標があると、気持ちが落ち着きます。

「学校・職場が合わない」という人は、『自分のやるべきことを作り、合わないことを意識する時間がない』状況を作ってみましょう☆

「サボれない状況を作る」

「サボれない状況を作る」

weheartit.com

サボれない状況を作るのが、効果的な人も居ると思います。

「自分がサボったら……」を想像して、危機感を倍増させましょう。

「同僚と一緒に出社する約束」をしてみるのもオススメです。
“自分ではなく他人”中心で考える環境を、作ってください☆

「極端な考え方はやめる」「近くて現実味がある目標を立てる」

「極端な考え方はやめる」「近くて現実味がある目標を立てる」

weheartit.com

昨日まで遅刻ばかりしていた人が、「もう一生遅刻しない!」と目標を立てても、達成できないでしょう。

0か100の、極端な考え方はやめることが大事です。

“100”の目標って、遠くて現実味がありません。
まずは「一週間サボらないように頑張ってみる」など、近くて現実味がある目標を立てるようにしましょう☆

「甘やかす人に要注意」

「甘やかす人に要注意」

weheartit.com

サボり癖を直したい時は、甘やかす人に要注意!

「今日はサボっちゃいなよ〜」「サボってこそあなただよ!」など、サボりを“あおる”人の言葉を、鵜呑みにしてはいけません!

「維持するための対処法を見つける」

「維持するための対処法を見つける」

weheartit.com

悪い癖を直したい時、維持ができないという壁に、ぶち当たります。

サボり癖がある人の中には「とりあえず外に出れば頑張れる」と無理矢理、外に出る人も居ます。

このように、「維持」するためには、人それぞれ対処法を見つける必要があります。

ひとつ対処法を挙げるなら『切り替えを意識する』。

維持には切り替えが無いんです。
気が抜けてきたら、自分で気持ちを切り替える機会を作る必要があります。

「背筋を伸ばす」「仕事とプライベートのオンオフを意識する」など、自分に合った方法を探してみてください☆


引用元 https://4meee.com/articles/view/58703
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る