災害時に最低限の健康と美容を保つために。事前に準備しておきたいアイテム!

災害時に最低限の健康と美容を保つために。事前に準備しておきたいアイテム!.jpg


地震や台風・大雨による災害はいつ起こるかわかりません。
そんな予想もつかないことだからこそ、普段からの備えはとても大事です。

いざ災害に巻き込まれ、避難生活を余儀なくされたときにはいつもの日常がまったく違うものになります。
いつも当たり前だった習慣が、当たり前でなくなってしまうのです。

そんな非常時に、最低限の健康を保つための必須アイテムをご紹介します。

健康を保つために必要なアイテム

【1】ウェットティッシュ

ウェットティッシュは水が出ないときでも、食事前に手を拭くことができたり、お風呂に入れないときに体を拭くことができます
用意する場合は、肌に優しいノンアルコールタイプのものが良いでしょう。

【2】歯磨きセット

災害時、オーラルケアはとても大事です。
口の中に細菌がたまることでその細菌が体内に入ってしまい、肺炎などの病気にかかってしまうこともあります。
水が出なくてもブラッシングするだけで、だいぶ口の中は清潔に保てます。

【3】マスク

災害時の避難生活では、多くの人と一緒に生活をしていきます。
また、衛生状態も悪くなることも予想されるでしょう。
そんな中で様々な感染を防ぐためにもマスクを備えておくと良いです。

【4】生理用品

生理期間中に災害にあうこともあるでしょうし、避難中に生理になることもあります。
また、生理でなくても下着を数日間変えられないことも考えられます。
そんな時にナプキンやおりものシートは活躍してくれるので、必ず準備しておきましょう。

【5】着圧ソックス

災害時は避難所での生活、車の中での生活など、身動きがなかなか難しい場所での生活となります。
そこで心配になるのが「エコノミークラス症候群」
着圧ソックスは血行を促進してくれるので、1足持っていると安心です。

美容を保つために守っておきたいアイテム

【6】ドライシャンプー

お風呂に数日入れないとなると、当然頭も洗えません。
そんなときに活躍するのが、水なしで洗えるシャンプーです。
ぜひ1つ持っておきましょう。

【7】メイク落としシート

昼間災害が起こった場合は多くの人がメイクをしていると思います。
災害中は水が自由に使えない場合もあるので、メイク落としを持っておくと便利です。

【8】日焼け止め

真夏に災害が起きた場合、紫外線対策も重要です。
避難生活が長引くと、素肌を紫外線にさらす時間も長くなり、お肌にも悪影響。
そのため、日焼け止めを常備しておくとよいでしょう。

【9】オールインワン化粧品

被災中はお肌のお手入れにそんなに時間をかけられません。
すべての美容機能が一つになったオールインワン化粧品で最低限のケアだけをするようにしましょう。

あったら便利なアイテム

【10】使い捨てコンタクト/メガネ

目が悪い人はコンタクトやメガネは必要不可欠ですよね。
常にメガネの人は良いですが、コンタクトをしている人はずっとつけっぱなしでいられるわけではありません。
そこで、使い捨てのコンタクトや予備メガネを用意しておくと良いでしょう。

【11】顔用カミソリ

こちらはムダ毛ケアはもちろんですが、いざという時にカッターの役割も果たしてくれるので、持っておくと安心です!

【12】軍手

被災中は野外での避難生活もないわけではありません。
そこで軍手を持っておくと便利!
怪我を防ぐだけでなく、軍手で頭皮マッサージをすることで頭皮の脂を軍手が吸収し、シャンプーができないときの応急処置にもなります。

【13】スマホの簡易充電器

情報収集や家族の安否確認はスマホで行うことが多いと思います。
電気が復旧するまでの間、常にスマホを使えるように簡易充電器も用意しておきましょう。

「事前の備え」と「助け合い」が大事!

上記に挙げたアイテム以外にも下記のものはマストで用意しておくこと!

・非常食
・飲料水
・タオル
・絆創膏などの救急セット
・懐中電灯

また、逆を言えば被災された方々はこのようなアイテムを必要としていますので、救援物資を送るときはこれらのものを検討してみてください。

ただし、救援物資を送る際には自治体などの受け入れ体制などを確認してから送るようにしましょう!

災害時には「事前の備え」と「周りの助け合い」で乗り切ることがとても大事です!

災害対策&お役立ち記事はこちら!

これさえ知っておけば安心!災害時に「簡易ナプキン」を作る方法

【お役立ち情報】水がなくてもできるシャンプーとヘアケア方法

いま私たちが確認すべきこと。災害お役立ち情報まとめ


引用元 http://trilltrill.jp/lifestyle/articles/65522
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る