「誰に」で人生が変わる!相談相手の選び方って?

「誰に」で人生が変わる!相談相手の選び方って?-.jpg

『三大肩書きで選ばない』

『三大肩書きで選ばない』

weheartit.com

『三大肩書きで選ばない』ようにしましょう。

相談相手というと真っ先に「家族」「恋人」「親友」と、この三大肩書きの相手を選ぶ人が多いと思いますが、おすすめしません。

というのも、“近い存在の人のアドバイスは客観的に受け止められない”場合があります。

三大肩書きの相手を、むやみに選ばない方が良い理由は、これを読み終えた時にわかると思いますよ♪

『環境が似ている人』

『環境が似ている人』

weheartit.com

育ちなど『環境が似ている人』を、相談相手に選びましょう。

環境が似ている人に貰うアドバイスは、“現実味”があります。
なので、相談した側は、やる気が出やすくなるんです。

『専門分野に特化している人』

『専門分野に特化している人』

weheartit.com

『専門分野に特化している人』が身近に居れば、その人に相談するのが理想的です。

例えば、“健康が優れない時は医療関係者に聞く”のが確実です。
“化粧品の相談は美容関係の仕事をしている人”に聞くのが、得策です。

また、ダイエットを始める時、女性にアドバイスを貰うのが、当たり前になっていませんか?
“筋トレに関しては男性からアドバイスを貰う”ようにしましょう!

やはり、女性より男性の方が、筋トレ知識は豊富な人が多いです。
女性内の会話では聞けない、的確なアドバイスを貰えると思います。

『難しい言葉を使う人には注意』

『難しい言葉を使う人には注意』

weheartit.com

『難しい言葉を使う人』は、相談相手に相応しいのかを、きちんと見極める必要があります。

難しい言葉を使う人は、ただ単に“知的な人”なのかもしれませんが、中には「見栄っ張り」なだけという人も居ます。

自分の経験を誇張し、現実味がないアドバイスをされる可能性があります。
“アドバイスという名のパフォーマンス”をしていないか、見極めてください!

『失敗談を話してくれる人』

『失敗談を話してくれる人』

weheartit.com

『失敗談を話してくれる人』は、見栄っ張りではありません。

人の失敗談は、心に響きやすいです。教訓にもなりますし、失敗の回避術を学べます。

成功からばかり学ぼうとしては、器の小さい人間になります。
失敗談にも積極的に耳を傾けましょう!

『客観視できる人』『洞察力が鋭い人』

『客観視できる人』『洞察力が鋭い人』

weheartit.com

『客観視できる人』は、冷静に今の相手の状況を見ることができるので、一人で考え込んでいる時には、想像もしなかったようなアドバイスが聞けます。

また、『洞察力が鋭い人』は、悩みの本質を捉えることができます。
自分では気が付かなかった、深い部分・細かい部分まで、気付かせてくれます。

『記憶に残っている言葉をくれた人』

『記憶に残っている言葉をくれた人』

weheartit.com

『記憶に残っている言葉をくれた人』は、相談相手に相応しいです。

記憶に残る言葉は、良くも悪くも“あなたの人生を変えた言葉”だと思います。
あなたの核心を突いたのでしょう。

その言葉が、今のあなたのプラスになっているなら、その人は相談する相手として最も相応しいです!


引用元 https://4meee.com/articles/view/355690
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る