食事制限ダイエットはデメリット?!ヘルシーBodyを手にいれるための心得とは?【前編】

食事制限ダイエットはデメリットヘルシーBodyを手にいれるための心得とは?【前編】.jpg


手っ取り早くて短い期間で痩せられそうな“食事制限ダイエット”。

「露出が増える夏がもうすぐやってくる!」
そう思うと、早く結果が出るダイエットに走りがちですよね。

でも、食事制限ダイエットには様々な負のスパイラルがたくさん潜んでいるのです。

今回は、そんな食事制限ダイエットの落とし穴と、健康的に痩せていくための方法を【前編】【後編】に分けてご紹介します。

食事制限の代表的デメリット3つ

【1】体調不良に陥る

食事制限は普段の食事の量を減らすと同時に、体に必要な栄養も少なくなってしまいます

そうなると、だるさやめまいなどをはじめとした体調不良に陥ってしまうのです。
さらにやる気がなくなったり、寝ても疲れが取れないという状態になり、仕事にも影響してしまうでしょう。

他にも、カルシウム不足によって骨折しやすい骨になってしまったり、ビタミン不足による肌荒れなどもデメリットとして現れてきてしまいます。
鉄分が不足することによる貧血や摂食障害のリスクも…。

【2】リバウンドしやすくなる

食事制限で制限されてしまうたんぱく質不足も深刻です。

たんぱく質は筋肉の元となる栄養素。
そのたんぱく質が不足すると、筋力が落ち、同時に基礎代謝量も落ちてしまいます

基礎代謝とは、何もしなくても消費する代謝のこと。
人間はだいたい1日に1200〜1400kcalを消費しているそうですが、筋力が多ければ多いほど、この基礎代謝量も多いのです。

つまり、筋力が多いと痩せやすく、逆に少ないと痩せづらくなります。

そして、基礎代謝量が減って不要な脂肪が燃えなくなると、それが蓄積され、リバウンドの危険性が高まるのです。

【3】ホルモンバランスの乱れ

無理な食事制限をしてしまうと、ホルモンバランスも崩れます

女性は女性ホルモンによって、丸みのある女性特有のメリハリラインをキープしていますが、そのバランスが崩れてしまうことで、体のラインも残念なものに…。

また、生理不順になったり、不妊症のリスクも高まります。
ダイエットのために、将来赤ちゃんが産めなくなってしまうなんて、絶対に嫌ですよね。

ダイエットの前に意識改革を!ダイエット時の心得とは?

「太るのは簡単だけど、痩せるのは大変」
こんな言葉を聞いたことがあると思いますが、まさにその通り!
短期間で、しかもリバウンドなしに痩せるなんて無理だと言っても過言ではないと思います。

ダイエットは長期的なスパンで考え、一気に大幅減量を望むのではなく、徐々に体重を落としていくことが、リバウンドせずに健康的に痩せられるコツなのです。

地道なダイエットが成功の近道

いかがでしたか?

無理な食事制限を行うと、一時的に痩せるかもしれませんが、普段の生活に支障が出てきてしまうほど良くないことも同時に起こってしまいます。

一度ついてしまった脂肪はそんなにすぐには落ちません。
すぐに落ちてもまた元に戻ってしまうことがほとんどです。

そもそも、太ってしまうのは生活習慣に何らかの問題がある場合がほとんど。
ならば、その生活習慣を見直して、長期的に食事と運動の両方からアプローチしていくのが一番効果的です。

そこで【後編】では、日常生活に簡単に取り入れられる「食事」と「運動」の見直しポイントをご紹介します!

チェックしておきたいダイエット記事!

美乳キープの救世主は豆乳?ダイエットをしながらふっくらバストを保つコツ

リコピンでダイエット!?トマトの素晴らしすぎる栄養素の秘密

ストレスフリーなダイエットを。カロリーを抑える“スタバのカスタマイズ法”!


引用元 http://trilltrill.jp/diet/articles/64927
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る