美乳キープの救世主は豆乳?ダイエットをしながらふっくらバストを保つコツ

美乳キープの救世主は豆乳?ダイエットをしながらふっくらバストを保つコツ.jpg


気温も暖かくなり、もう3ヶ月もすると夏ですね!
夏に向けてダイエットを頑張っている方も多いのではないでしょうか?

でもダイエットをしていると、一緒に胸まで痩せてしまうことってありませんか?
「順調に体が絞れているのは嬉しいものの、胸まで絞りたくない!」
というのが本音ですよね。

そこで今回は、ダイエットをしながら美乳を保つコツをご紹介します♡

美ボディと美乳の両方を手に入れている芸能人

モデルさんや女優さんの多くは、きれいなスタイルを保ちながら美乳もキープしていますよね?

まさに女性にとって理想のプロポーション。

モデルの菜々緒さんは、某下着メーカーのイメージキャラクターを務めるほどの美乳の持ち主。
スラッとした体型にふっくらきれいなバストが羨ましい限りです!

さらにモデルの紗栄子さんも、出産を経験したママですが、きれいなバストをキープし続けています!

女性は、出産直後は胸にハリがありますが、卒乳するとだんだん胸がしぼんでしまう人が多いのです。

そして、ふっくらときれいな美乳の持ち主といえば、こじはること小嶋陽菜さん
女性誌で美乳の特集が組まれると必ずと言っていいほどこじはるさんが誌面に登場しますよね。

そんな女性の憧れふっくらバストを、ダイエットをしながらもキープする方法とはどんなものなのでしょうか?

ダイエットでバストが小さくなる理由

そもそも、なぜダイエットをすると胸まで小さくなってしまうのでしょうか?
それは胸には脂肪が多いため、ダイエットで脂肪が落ちるのと同時に胸の脂肪も落ちてしまうために小さくなってしまうのです。

極端な人だと、ダイエット成功とともに2カップも胸のサイズがダウンしてしまう人もいるようです。
喜んでいいのか、悲しいのかわからない状況になってしまいますよね…。

だからこそ、ダイエットをしながらも、胸まで痩せさせないコツを知っておく必要があるのです!

美乳キープのキーワードは◯◯!

バストアップに効果的と言われているのが大豆イソフラボンが豊富に含まれている“豆乳”です。

この大豆イソフラボンは、その構造が女性ホルモンの「エストロゲン」に似ています。
エストロゲンが多く分泌されると、乳腺の発達を促し、そして乳腺の発達が促されると、その周りに脂肪が増えてバストアップにつながるといわれているのです。

つまり、エストロゲンと似ている大豆イソフラボンを摂取すれば、同様の効果が期待できるということなのです!

豆乳効果を最大限引き出すためには?

大豆イソフラボンの1日の摂取目安は75mgといわれています。
これは豆乳にすると、200mlパック2つ分

そして、
・朝起きてすぐ
・食事の前

これらの時間帯に豆乳を飲むと効果的♡

【朝起きてすぐ】は体が栄養を吸収しやすい状態にありますし、【食事前】に豆乳を飲むことで食べ過ぎ防止にも効果的なのだとか。

もちろん、豆乳以外で大豆イソフラボンを摂取するのもOK!
具体的には、納豆豆腐味噌きな粉などが挙げられます。

他にも豆乳には嬉しい効果がいっぱい!

豆乳にふくまれている大豆イソフラボンには、美乳をキープする以外にもこんな効果があるんです。

・コラーゲン量を保つ作用があり、ハリのあるお肌に
・自律神経を整えてくれる
・大豆のたんぱく質で基礎代謝がアップし、痩せやすい状態に

ダイエット効果を高めながら、美乳もキープしてくれる豆乳。
ぜひ日々の生活に取り入れて、【美ボディ&美乳】を目指してくださいね!

人気のダイエット記事はこちら!

ダイエット中のあなたへ。毎朝のちょっとした時間にするべき美行動!

ズボラさんは必見。バスタイムの中で簡単にできる「カラダほぐしストレッチ法」!

もう二の腕を隠したくない!コンプレックスの二の腕をスッキリと細くする方法とは?


引用元 http://trilltrill.jp/diet/articles/64436
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る