一度は憧れる、玉の輿。トップリーダーに愛される女性になる方法

一度は憧れる、玉の輿。トップリーダーに愛される女性になる方法.jpg


そろそろ良いお相手に出逢いたい。
次の出逢いで恋愛を最後にして、幸せな家庭を築きたい。
30代前後になる頃からこんな気持ちが芽生えるのは自然なこと。

でも、誰でもいいってわけじゃない!
本当に欲を言うならば、経済力のある方の方が良い。
そんな人に愛される女性になるにはどうすれば良いかしら?

そこで今回は経済力のある、トップリーダーに求められる女性の特徴についてご紹介いたします。

■玉の輿を狙うって、公言しない方が良い?

「 叶えたい事は口にすると良い 」

という言葉をよく耳にします。
確かに、願い事は人を通じて叶えて行くものもあります。
公言しないよりする方がすんなりとその道へ開かれる場合もあります。

ですが、お金持ちと結婚したい、玉の輿に乗りたい。
これに限っては個人的な意見ですが、公言しないことをおススメします。
というのも、財力のあるトップの方々は自分の持っているブランド価値に飛びつく女性が多いことを知っています。

なので、あからさまに玉の輿に乗りたいを公言する。
それは彼らトップリーダーにとって、その他大勢の女性の一人という枠に当てはめられてしまい、結果として選ばれる女性から除外されてしまうのです。

■トップリーダーに選ばれる女性の特徴

① 女としての賢さを持っている

ここでいう賢さとは何を指すのでしょうか。
それは、女性として男性を立てる言葉使い、態度、行動のこと。
そして公的な場所で前に立つ時は立つ、引き際を知っている。
どんな時も立場をわきまえて、出来る気配りを行える女性。
これを大人の女性の賢さと言います。

こういうと、少々難しくも聞こえますが何てことはありません。
自分中心ではなく、その場にいる自分は何をすべきかを知る。
一緒にいて気持ちの良い人になる様に努力をすれば、賢さは身に付きます。

② 俗物的な事に執着しない

玉の輿に乗りたい。
という願望に対してやや矛盾しています。
要はそのガツガツした部分を見せないことが大事です。
トップリーダーともなる男性には、ある程度の俗物的な欲は必要。
そして社会で突き詰めていけば、世の中の良い部分も悪い部分も見ています。
お付き合いする女性にまでそういう目線で見たくない。

これが正直な気持ちなのではないでしょうか。
癒される、落ち着いて自分らしくいられる存在の女性が欲しい。

だからこそ世俗的な女性よりも、無欲で愛してくれる女性を求める傾向にあります。

③ 品性が良い、マナーがある

この女性とお付き合いしたいかどうか。
と、判断する上で品性があるかないかは大きな割合を占めています。

やはり、社会的地位を持つ男性は何かと注目されがち。
どこに行くにも高級な所、出逢う人も重役ばかり。
そんな方がお付き合いをする女性は一体どういう女性なのだろう。
周りからの視線も少なからず気になりますよね。

そこでまず品性や気品、マナーがないと既に除外。
もちろんずっとお高く止まっていれば良いということではありません。
出るべき時に、品良くいられる賢さとマナーが身に付いているかを見ています。

④ メンタルが強い

品性や賢さは何となくイメージがつく。
ですがメンタルが強いことは何故、求められるのでしょうか。
社会的地位を持つ男性は良くも悪くも社会的に影響力の高い男性です。

大金を手にしている以上に、大金を一瞬で手放してしまうリスクもある。
社員の不祥事やトラブルによって、大きな損失を被る。
様々なトラブルもある上に、基本的に多忙過ぎて家を空ける事はしばしば。

お金があることと、理想の暮らしができることは違います。
どんな状況になっても夫を支えるメンタルの強さがなくては妻は務まらないのでしょう。

■外に出して恥ずかしくない女性を目指そう

経済力がある=幸せな暮らし。
多くの人が漠然と抱える理想ですが、現実は甘くはありません。
何かを手にする分、別の問題やリスクが出てくるのは当然と捉えましょう。

その上でお付き合いが出来る覚悟を持つ。
ならば彼に見合う女性になるべく、努力をしましょう。
重要なのは外に出しても恥ずかしくない品性・賢さ・強さです。

これを機に望む自分の将来像を考えてみてくださいね。

読んでおきたいTRILLの恋愛記事!

彼に「忙しくても会いたい!」と思われる女性の特徴とは?

大人の男性が夢中になる!アラサーメンズが本気で愛したくなる女性とは?

好きなカレとずっと一緒にいたい!ドキっとする未来系のセリフのメリットとデメリット


引用元 http://trilltrill.jp/love/articles/63084
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る