デキ女はここが違う!【午前と午後】の賢い使い分け方

デキ女はここが違う!【午前と午後】の賢い使い分け方-.jpg

朝は、一日のスタートで、やる気に満ちています。
さらに、朝は集中力が高まる時間でもあります。

集中力がある午前中に、「面倒なこと」を済ませてしまうのが、理想的です。

“仕事が早い人は、一日の仕事の8割を午前中にする”と聞きます!

午前▷頭を使う 午後▶︎体を使う

午前▷頭を使う 午後▶︎体を使う

weheartit.com

面倒なことは、頭を使いますよね。

“午前中に「頭を使う」・午後に「行動する」”

これを意識してスケジュールを組むのが、おすすめです☆

仕事の場合は、来客やアポイントを午後にしたり……可能な範囲で工夫してみてください!

私の場合、午前中は執筆活動をすることが多いです。
午後は撮影をしたり、家にいる時でも筋トレをしたりします。

午前▷キビキビ 午後▶︎まったり

午前▷キビキビ 午後▶︎まったり

weheartit.com

同じ空間に居ても、午前と午後で雰囲気が全く変わりませんか?

学校の例えが、わかりやすいかと思います。

午前中は、きちんと授業を受けることができても、午後は昼食後ということもあり、眠くてウトウトしちゃいますよね。

生徒だけではなく先生も少しまったりモードで、午後の空気には、大人でもなかなか逆らえません。

“流れに身を任せる”ことも大切です!
午後はまったりとした空気に合わせて、こなせる仕事、勉強を選んでみましょう☆

午前▷スタート 午後▶︎再スタート

午前▷スタート 午後▶︎再スタート

weheartit.com

と言っても、午後だって、やる事はたくさんありますよね。

「午前と午後で区切り」を付けて、午後のスタートを作りましょう!

仕事の場合、来客の予定や外出の予定を入れておくと、自然と気持ちの切り替えができます。

“午前との区切りになるような予定”を一つ入れておいて、一日の後半戦である午後を、気持ちよく再スタートできるよう、工夫してみてください☆

午前▷動く 午後▶︎休む

午前▷動く 午後▶︎休む

weheartit.com

休みの日に家で仕事をしたり、勉強をする場合は、遅くまで寝て、午後から仕事や勉強を始めるという人が多いと思います。

ですが、寝すぎると体がダルくなり、一日中眠くありませんか?
その状態で仕事や勉強をしても、なかなかはかどりませんよね。

さらに、夜は誘惑が多いです。
友達からのご飯の誘い、テレビをつければ、バラエティー・音楽番組・ドラマとうっかり見続けてしまいます。

いつもの休日よりも早起きをして、午前中から作業を始め、午後は早い時間から休むようにすると◎

なので、午前中から作業を始めれば、午後に明日のスケジュール確認もできたりと、仕事の効率アップにも繋がります☆

夜は早めに布団に入り、しっかり休めば生活リズムも安定してきます☆


引用元 https://4meee.com/articles/view/100846
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る