もうチャラい男は惹きよせたくない!脱・軽い女認定を返上しましょ♡

もうチャラい男は惹きよせたくない!脱・軽い女認定を返上しましょ♡.jpg


男友達から言われた「軽そうだよね」の一言。
そう言えば、初対面の男性はいつも私に馴れ馴れしい。
何故か、最初の飲みが飲みだけで終わらない。

私って軽そうに見られているの!?

軽そうに見られる自分を許せるのは20代前半まで。
これから一生を共にする相手を見つけたいと思うなら、軽さなんていらない!

今回は男性に誠実に見られるために、脱!軽い女認定を返上するためにすべき行動をご紹介いたします。

■無駄な隙をつくらない!

簡単に男の誘いについていく、危機感を感じない緩い人。
男性は主に貞操観念が緩いと感じさせる様な女性の事を軽そうだと見ます。

それは服装やメイクという外見からの隙や緩さ。
もしくは発言から見られる人生観、恋愛観の考え方から判断します。

ちょっと押せば体を許してくれるかもしれない。
そう思わせることは時として必要かもしれません。
でも、そこで押しに負けてはただの軽い人に見られます。

本当に本気の恋を探したいなら、軽そうなマイナスイメージなので自分のブランドイメージを早々に変えなくてはなりません。

■軽いな…と思われない為に慎むべき行動

・下品な露出をしない

外見から見てとれる印象は大きいです。
もちろん外見が軽そう、チャラそうでも内面がしっかりしている。
人間として魅力的な方は多くいるので一概に外見が全てとは言いません。
ですが、判断材料はやはり外見。

良い出逢いを探しているのにこの子は軽そうだから。
と言って、恋愛対象からハズされてしまうのは勿体ない!

出すなら一点集中、肩を出すなら足はしっかり隠す。
背中を出すなら、下卑たデザインではなくシンプルでマットな黒を選ぶ。
足を出すなら、トップスは大人っぽく上品にする等のさじ加減を意識しましょう。

・何でも相手任せにしない

どこ行きたい?の問いかけに「どこでもいいよ」「何でもいいよ」という意見は自分の意志を主張する機会を失っています。

趣味も夢もなければ仕事も好きでない。
そういう女性には自分のアイデンティティを感じませんよね。
なので男性も彼女といてつまらないし、彼女を下に見てしまいます。

そうすると「彼女自身を大切にしよう」という気持ちよりも、「彼女なら別にこんな扱いでもいいや」と自分の欲望を中心に扱ってしまうという残念な関係性に!
なので自分自身にもっと興味を持って魅力をつくり続けましょう。

・恋愛話ばかりをダラダラしない

私って前に〇〇な人と付き合ってて~。
え~、私って男の人からこう見られるんだよね~。

など会話の中心が全て、色事。
前の彼の話、恋愛の話、男の人に言いよられた話。
そういう恋愛自慢は、彼に私の頭の中は恋愛だけなんだと言っている様なもの。

人は振り幅の大きい人に人間的魅力を感じます。
誠実な人、自分よりも大人な考え方をしている人。
何かに一生懸命になっている姿、恋愛以外の人間性が見れる人。

彼女は自分の人生にどんな影響を与えてくれる人なのか。
その想像をさせられたら相手は初めて、その女性の本質に恋をするのです。

・ベタベタとくっつかない

さりげないボディタッチは彼をドキっとさせるテク♡
として知られていますが、モテテクではありません。

モテテクは不特定多数の男性にモテるためのテクニック。
ボディタッチはモテテクではなく、好きな人に意識してもらうテクです。

なのでモテるを意識して色んな男性にボディタッチをしている女性。
それは逆にあの子は軽そうだと見られる一つのキッカケを生んでいますのでご注意くださいませ。

ベタベタとくっついたり人肌恋しいから、酔ったからと言って簡単に男性の肩によりかからないように。

酔っても自分を見失わない強さを身に付けましょう。

■自分を律する姿勢を見せるのが一番

初めは、外見から受ける印象で相手の人となりを見ます。

その時点で軽そう、簡単に誘いに乗りそう、なんて思われてしまってはそこで損をしている可能性があります。
服装は大人らしく、メイクも適度に清潔感のあるものにしましょう!

でも、外見を変えたくない。
それならしっかりと自分の意見を持って。
簡単に誘惑に甘んじない様に自分を律することが出来ればOK!

自分を律する。
それが軽さを失くすポイントです。

TRILL読者から人気の恋愛記事!

彼に「忙しくても会いたい!」と思われる女性の特徴とは?

大人の男性が夢中になる!アラサーメンズが本気で愛したくなる女性とは?

好きなカレとずっと一緒にいたい!ドキっとする未来系のセリフのメリットとデメリット


引用元 http://trilltrill.jp/love/articles/63077
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る