「そう思わない?」同意を求める人の心理とは

「そう思わない?」同意を求める人の心理とは-.jpg

『噂を真実にしたい』

『噂を真実にしたい』

weheartit.com

同意を求める人の中に、「噂話が好き」という人が居ます。
この噂話が好きな人は、ちょっとやっかいです。

噂話に同意を求めるというのは、『噂を真実にしたい』という心理が、隠れています。

“噂はあくまでウワサ”と割り切れず、真実にして満足したいのです。

『支配欲が強い』

『支配欲が強い』

weheartit.com

恋人にやたらと同意を求める人は、『支配欲が強い』のかもしれません。

同意されると、味方意識を感じられます。

“恋人は自分の敵になって欲しくない”という気持ちが強くなると、それと同時に「自分の支配下に置きたい」という気持ちも強くなっていきます。

そうすると、強要に近いくらいやたらと同意を求めるようになり、束縛などに繋がってしまうこともあります。

『責任転嫁の準備』

『責任転嫁の準備』

weheartit.com

「この選択で間違ってないと思う?」

日常の小さな選択から人生を大きく左右する選択まで、相談ではなく同意を求めてくる人は、『責任転嫁の準備』をしている可能性があります。

もしその選択が間違っていた場合「これで良いって言ったじゃん!」と、責任を相手に押しつけ、ラクになろうと企んでいます。

『甘やかされて育った』

『甘やかされて育った』

weheartit.com

同意をやたらと求める人は、『甘やかされて育った』のかもしれません。

責任を人に押し付け、逆ギレをする人なら間違いないでしょう。

「人のせいにしてはいけない」ということを知らず、「自分の失敗に自分で責任が取れない」人なのです。

『自己中な人』に同意を求められた場合……

上記のような、自分勝手な考えから同意を求めるような『自己中な人』に、同意を求められた場合は……

✔︎否定をしない
✔︎自分の考えを「提案」する

と良いでしょう。

支配欲のある人や、責任転嫁をしたい人は、否定をされると、“突き放された”と思ってしまう可能性があります。

だからと言って、嘘をついてまで、同意したくありませんよね。
そういう時は、自分の考えを「提案」という形で伝えましょう。

「こういう考えもあると思うよ!」と、柔らかいニュアンスにし、提案しているように見せながら、自分の意見を伝えてみてください☆

『安心したい』

『安心したい』

weheartit.com

今までのタイプとちょっと違った、同意を求める人の心理をご紹介します。

『安心したい』という気持ちから、同意を求める場合もあります。

身近な例を挙げるなら、“風邪引いたかな?”と不安に思った時、友達に「私のおでこ熱くないよね?」と聞いたことはありませんか?

「熱くないよ!」と言われれば、安心しますよね。
安心感欲しさに、同意を求めることも、あるんです。

『背中を押して欲しい』

『背中を押して欲しい』

weheartit.com

責任を押し付けたい訳ではなく、『背中を押して欲しい』という人も居ます。

何かに挑戦する時「私にできるよね?」「できるよ!」この会話だけで、恐怖心は和らぐんです。

自分1人で考え、結論を出すのは、とても勇気が必要なことです。
「できる」の3文字で、背中を押して欲しいだけなんです。

『助力が欲しいだけの人』に同意を求められた場合……

上記のような、力を少しだけ貸して欲しいという『助力が欲しいだけの人』に、同意を求められた場合……。
相手の性格を十分に理解して、相手が求めている言葉を伝えられると良いでしょう。


引用元 https://4meee.com/articles/view/644733
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る