名前入りカップにしてくれる♡ユニークな「海外のスタバ」事情

名前入りカップにしてくれる♡ユニークな「海外のスタバ」事情-.png

海外ならでは!Starbucks Coffeeのユニークなメニューとは?

海外ならでは!Starbucks Coffeeのユニークなメニューとは?

weheartit.com

日本のStarbucks Coffee(スターバックスコーヒー)と海外のStarbucks Coffeeの大きな違いの一つ目は、まずメニューにあります。
基本的なメニューは変わらないのですが、海外のStarbucks Coffeeでは、日本では目にしたことのないラインナップのドリンクやフードを楽しむことができるのです♡

その中でも、海外のStarbucks Coffeeへ訪れた際に、4meee!読者さんに飲んでみてほしいのが、「コットンキャンディフラペチーノ」です。
コットンキャンディーとは、綿あめのことを指しています。
綿あめをイメージしたフレーバーが、甘くて可愛らしい仕上がりのフラペチーノ!ピンクカラーでルックスもとってもキュートですよ♡

ほかにも、アメリカのStarbucks Coffeeで味わえる「バースデーケーキフラペチーノ」や、韓国のスタバで味わえる「レッドビーンクリームフラペチーノ」や「レッドビーンコーヒーフラペチーノ」などといった限定フラペチーノが存在しています。

フードに関してもユニークで、それぞれの国を象徴したものがあるのをご存知でしょうか♡
中国のStarbucks Coffeeでは、「ドラゴンタンプリング」という、餃子の皮の中にフラペチーノを閉じ込めたスウィーツが味わえます。
ほかにもシンガポール・マレーシア・台湾のStarbucks Coffeeでは、「月餅」が限定で登場しています。

海外のディズニーランド内にもStarbucks Coffee発見!

海外のディズニーランド内にもStarbucks Coffee発見!

weheartit.com

アメリカとパリのディズニーランド内には、なんとStarbucks Coffee(スターバックスコーヒー)の店舗が存在しています!

それだけでも驚きなのですが、ここで注目したいのが、そのカップデザインです♡
ディズニーのロゴが入っていたり、カラフルなキャラクターのシルエットがあしらわれていたりと、特別感たっぷり♪

フードには、ミッキーの形をしたスウィーツや、隠れミッキーが潜んでいるクッキーも発売されているんだそうですよ☆

海外のStarbucks Coffeeでは、カップに名前を書いてくれるサービスも♡

海外のStarbucks Coffeeでは、カップに名前を書いてくれるサービスも♡

weheartit.com

海外のStarbucks Coffee(スターバックスコーヒー)に行くと、注文ののち、必ず名前を聞かれます。
「え?なんで?」と一瞬焦ってしまいますが、ここはスマートに発音よく名乗りましょう♪

なんと、海外のStarbucks Coffeeでは、カップに名前を書いてくれるサービスがあるんです。
なんて素敵なサービス♡と思ってしまいますが、実はこれは、ほかの人の飲み物を誤って持って行ってしまわないように、というところから始まったサービスなんだとか。

自分の名前入りのカップを持って、ティータイム!
なんだか、特別感があって素敵ですよね♡

海外のStarbucks Coffeeのレシートは捨てないで!

海外のStarbucks Coffee(スターバックスコーヒー)のサービスで、さらに面白いのが「レシート」です。

日本のStarbucks Coffeeでは、最後にドリンクを確認したのちに、ダストボックスに入れてしまう人が多いレシート。海外のStarbucks Coffeeを訪れた際には、レシートは捨てずに持っておきましょう☆

なぜなら、そのレシートには大切なキーコードが記載されているのです♡

海外では、トイレにロックがかけられているケースが多いのですが、Starbucks Coffeeでお買い物をすれば、レシートにそのキーコードが記載されているのです。

ほかにも、wi-fiのパスワードが記載されているケースもあるので、とにかくお買い物後は欠かさずにレシートをチェックしてみましょう。


引用元 https://4meee.com/articles/view/832264
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る